い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/11
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2006/05/19(金) 04:28 ”こち亀”トリビア
第2回”こち亀”トリビアの時間がやってまいりました。
さて、前回の記事では、両津の年齢を紹介しました。
ですので今回は中川・麗子・大原の年齢を紹介したいと思います。

まあ、前回の記事から1ヶ月経っているのは仕様です。
と言うか、私としては早い方だと思ってます。


さて、前回の記事でも書きましたが、133巻の「おしえて両津先生派出所七ふしぎ」の回で中川と麗子が自分の年齢を暴露します。
DSC00993.jpgDSC00994.jpg



モザイク付きで!

作者の秋本氏にとっては、中川や麗子の年齢はNGらしいです。
それは当然です。
なぜなら、年齢が明かされるとズレなどが生じてきて、その上、皆どんどん定年退職してしまうからです。
まあ、そんなモノは時空の歪の1語で片付く問題ですが。

さて、中川と麗子の年齢は明かされていないのでしょうか?
実はこの2人の年齢も明かされている話があるのです。

中川の場合は32巻の「もてる条件」の回。
両津が中川の代わりにお見合いをする話です。
相手に嫌われるために中川を装う両津ですが、年齢が2回りほど離れていますが大丈夫なのでしょうか?
そんな訳はなく、相手に会うと、いきなりソコを指摘されます。
DSC01121.jpg

25歳と判明しました。
両津はこの時39歳です。
当然、騙せませんでした。


さて、中川は25歳と判明しましたが麗子はどうでしょうか?

13巻の「年ごろ!?」の回をご覧下さい。
昭和54年の元旦に初詣をする話です。
麗子はこの年に成人式らしいです。
つまり年齢は
DSC01120.jpg

この時点で19歳です。

時は進んで31巻の「夏便り…」の回になると、
DSC01122.jpg

23歳になっています。
ちゃんと成長していたんですね。

このペースで年を取り続けたと考えると、なんと今年(2006年)の7/7に47歳。すごい若作りだな。

ちなみに余談ですが、この「夏便り…」の回は、両津が麗子の心配をしています。
麗子が、両津達と遊んでいる所為で婚期を逃したら悪いから、そろそろ落ち着いて結婚を考えたらどうだ?と。
それに対する麗子のセリフが
DSC01127.jpg

この場面です。

今の”こち亀”の両津と麗子関係とはちょっと違った、この頃の2人の微妙な関係が感慨深いですね。
このこともあって、この回は「私が好きな”こち亀”の話」ではベスト10に入ります。

さて最後にオマケ程度に大原部長の年齢を。
まずは6巻「迷子さんいらっしゃい!!」の回。
計算機で遊ぶ両津が、部長の寿命を算出します。
それによると、部長は享年48歳だそうです。
すると部長が怒って反論。
DSC01119.jpg

53歳だそうで。

そして19巻の「両津大明神!?」の回では占いをする両津が年齢を聞くと
DSC01117.jpg

55歳になっています。

まあ、両津・中川・麗子は30巻辺りで年齢が止まっているので、部長もその辺りまで年を取っていたと考えると、57~58歳と考えられます。


尚、この記事の画像は、私が保有しているコミックスの画像です。
現在のコミックスでは修正されているかも解りません。
何故なら、このマンガは作者の都合で時空が歪むからです。


私のつまらない文を読んでいただき有難うございます。
コメント:6   トラックバック:0
「サンデーGX」6月号感想 腹立たしい出来事
コメント一覧
感動
URL 【 2009/01/06 13:48 】 編集
名無しG
>あさんコメント有難うございます
URL 【 2009/01/08 04:35 】 編集
生意気ですいません
すごいですね
しかしなんで中川が25のとき両さんが39ってわかったんですか?
URL 【 2010/08/13 12:31 】 編集
名無しG
>生意気ですいませんさんコメント有難うございます

・この作品は雑誌掲載時の作中時間が現実世界と同じ

・両津の生年は1943年と推測される
参照:http://nanasidame.blog47.fc2.com/blog-entry-79.html

・この頃は実際に年齢が加算されていた

以上のコトからこの話が雑誌掲載された年で算出しました
URL 【 2010/08/14 03:06 】 編集
田中
こんばんは。やっぱり定年退職問題でしょうね。
そういえば大原部長なんて戦時中世代という設定じゃありませんでしたっけ。

23歳の人に婚期を逃したら悪いからというのはなんというか時代を感じます。
この話が描かれた時と今では結婚適齢期の考えが違うのですね。
URL 【 2012/02/18 22:12 】 編集
名無しG
>田中さんコメント有難うございます返事が遅れまして申し訳ありません

こういうマンガでは年齢問題は仕方がない部分がありますねー
部長は学生時代に疎開していたという話があったハズです

今も昔も結婚適齢期は同じだと思うんですがねー
単に結婚に対する考え方が変わったダケの様な気がします
URL 【 2012/02/26 06:31 】 編集
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。