い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/05 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/07
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2009/10/13(火) 04:40 コミックレビュー
最近更新が不安定な理由は、ゲームをプレイし始めたからです。
要するに、今までと同じ理由です。
今回始めたのは、PSのローグ型ダンジョンRPGの”アザーライフ・アザードリームス”というゲーム。
ダンジョン踏破以外にも、モンスター集めや、女の子とのラブイベント、街の施設の発展なんかの要素があってなかなかに楽しめてます。
まぁ、肝心のダンジョンは、けっこうヌルめだケド。


さて本日紹介するマンガはコチラ。
ベクター・ケースファイル 稲穂の昆虫記
秋田書店刊/原作:藤見泰高氏/作画:カミムラ晋作氏


[作品概要]
大都会の死角や部屋の片隅で、昆虫達の脅威は広がっている。
昆虫のコトなら何でもお任せの女子高生・榎稲穂。
昆虫がらみのトラブルを解決します!
そんなお話。


[参考記事]
1巻紹介
2巻紹介
3巻紹介
4巻紹介
5巻紹介
6巻紹介


[内容補足と感想とか]
さて今回登場の新キャラは、稲穂の友人で軽音部の八重子の友人です。
友人っていうか、同じ軽音部のメンバーなんですケドね。

DSC08292_20091013031342.jpg
新キャラ

同じ制服のハズなのに、何故だか妙に胸元が艶っぽいカンナ。
しゃべり方が、ヘンなラップ調である。

さてこのカンナ。
何と、家出中なのだという。

DSC08293_20091013031605.jpg
家出中

で、八重子の家に泊まらせてくれる様にお願いにきたのだった。
実はカンナの家出はよくあるコトらしく、親もそれほど心配はしていないのだとか。

八重子の家に泊まったカンナは、とりあえずシャワーを浴びる。

DSC08294_20091013031619.jpg
オイロケシーン

このマンガに登場した女の子のオイロケシーンはお約束ですね。
ちなみに当ブログで掲載できる画像はこの程度が限界ですが、コレは本当にギリギリです。
元絵はちゃーんと下まで描かれておりますので、見たい方はご自分の目でご確認ください。


さて、このシャワーシーンは単なるオイロケシーンではなく、事件の発端でもあった。
カンナはシャワー中に、胸元に虫さされらしき痕があるに気がつく。
しかし痒みがないので、その時はあまり気に留めなかった。
だが、日が経つとその部分が痒くなってきた。
さらにはカンナが泊めてもらった複数の友人にも同じ症状が出始めていた。
自分が原因では?と考えたカンナは稲穂に診てもらう。

DSC08295_20091013031726.jpg
診察

場所が場所ダケに、下乳がエロいのですが、ソコを気にしてはいけません。
この虫さされは何が原因なのか?
続きと結末はご自分の目でお確かめください。


さて、稲穂は昆虫採集がシュミなのだが、その為には遠出するコトもしばしば。
そりゃまぁ、都会よりもイナカの方が昆虫採集にはむいていますので。
で、その日もまた、自転車に乗って遠くの山までご出張。

DSC08296_20091013031856.jpg
イナカのコンビニ

このコンビニは、稲穂がこの近辺まで来た時には毎回利用しているコンビニだった。
しかし、その日コンビニに入ってみると、いつもと店内が違っていた。
売っている商品の数がかなり少ないのだった。
ソレもそのハズ。

DSC08297_20091013031942.jpg
事情

何とこのコンビニ、近々閉店する予定で、現在絶賛在庫処分中なのであった。
身体でも悪くしたのかと心配する稲穂であったが、そうではなかった。

昨年まではそうではなかったのだが、今年に入ってから店にムシが大量に集まるようになってしまったのだという。

DSC08298_20091013032005.jpg
原因

お客さんの中にはムシが苦手な人も多く、悪評が広まってしまい、客足が遠のいて売上的にキビしくなってしまったのだ。
ソレを聞いた稲穂は、目的だった昆虫採集よりも、突然ムシが多くなった理由の方に興味が出てきて、原因調査を始めるが…?


さて、稲穂の父親は大学の教授である。
その関係で、大学の構内でスズメバチが大量発生した原因を調べて欲しいという依頼がやってきたのだ。
そんなこんなで、大学にやってきた稲穂。

DSC08299_20091013033544.jpg
スズメバチ大発生

1番危険なオオスズメバチではなく、キイロスズメバチではあったが、危険であるコトには変わりはない。
早速、原因と対処法を考えようとする稲穂であったが、他の問題が発生した。

DSC08300_20091013034945.jpg
他の問題

この大学の学芸員である小坂井初音(こさかい・はつね)さん。
実はこの初音さん。
稲穂の父親になにやら恨みがあるらしい。

DSC08301_20091013035526.jpg
稲穂の父

その所為で、その娘である稲穂がこの事件の調査をするのが気に入らないみたい。
自分が解決してみせると意気込むが…?


という訳で、昆虫がらみの事件を扱ったマンガも7巻目です。
今巻の表紙は中華姉妹。
コレもエロいといえばエロいのですが、カバー下に描かれているボツバージョンはこんなの比じゃないくらいにエロいんですが…
もしかしてエロすぎてボツになったのかしらん!?


内容でいえば、今回登場のカンナがイイ感じ♪だったり。
っていうか、あの胸元。
もうね、アレが全てですよ、全て。
シャワーシーンではその魅力を存分に魅せつけてくれましたからね。
稲穂が診察している時の下乳も良かったですしねー。


少し前から「解りやすい悪」として描かれているグリーン・プラネットですが、今巻では目立った動きは特になし。
しかし、最後の話に登場した初音さんは、どうもグリーン・プラネットの関係者みたい。
あのニーナとかかわりがある様ですね。
しかも、そのシーンがちょっとアレなシーンだったりして、ちょっと当ブログでは紹介出来ないレベルとか何とか。
いや~、あのシーンは、イロンナ意味で眼福ですね。


[オマケに関して]
さて今巻のオマケですが。
恒例の補足ムシちく!は当然完備。

しかし、毎回あった巻頭のカラーマンガが消滅しています。
代わりにミニポスター風のカラーイラストが付いています。
内容はエロいイラストとエロくないイラスト。

そして巻末のオマケマンガが復活しました。
カンナの事件の後日談的な内容になっています。
今回は足湯での会話形式になっています。

DSC08302_20091013043043.jpg
オマケマンガ

足湯なので上半身的な意味でのエロスはないのですが、代わりに足的な意味でのエロス描写が満載です。足湯なダケに。
足裏、太股、足の指先…
ちょっとマニアックなフェチといった感じでしょうか?
コレはコレでイイですね。
足フェチな方も満足できるのではないでしょうか?
まぁ、よくは知らない分野なので、確実なコトは言えませんけれども…


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
”美少女いんぱら!”第81話 ”釣り屋 ナガレ”第33話「鮎娘2 ―鮎竿―」
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。