い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/11
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2009/11/03(火) 03:37 その他のマンガ
プロ野球・第2戦は日本ハム勝利で1勝1敗に。
もしかしたらあるかもと思われていたダルビッシュ選手が登板。
原監督が提案した予告先発制を断ったのは、この為だったのかも…


さて本日は”釣り屋 ナガレ”第36話のレビューです。


[感想バックナンバー]
読みきり版

第1話「釣り姫様」
第2話「ハゼに始まり」
第3話「ホームレス釣り屋」
第4話「天才釣り師」
第5話「ジェット噴射だ!!」
第6話「謎の捕食者(スキッドイーター)」
第7話「伊勢エギVSワラサヤエン」
第8話「決戦!!オオアカイカ」
第9話「イカ祭り!!」
第10話「少年たちの終わらない夜」
第11話「二人のスズキ」
第12話「養老川のアユ1」
第13話「養老川のアユ2」
第14話「養老川のアユ3」
第15話「ヒラメの憂鬱」
第16話「海の弾丸 カツオ1 ―再会―」
第17話「海の弾丸 カツオ2 ―出航―」
第18話「海の弾丸 カツオ3 ―船上―」
第19話「海の弾丸 カツオ4 ―水沈―」
第20話「海の弾丸 カツオ5 ―台風―」
第21話「海の弾丸 カツオ6 ―鳥山―」
第22話「海の弾丸 カツオ7 ―快釣―」
第23話「海の弾丸 カツオ8 ―気配―」
第24話「海の弾丸 カツオ9 ―衝撃―」
第25話「海の弾丸 カツオ10 ―白刃―」
第26話「海の弾丸 カツオ11 ―晩餐―」
第27話「先生、あのね」
第28話「シロギスの心1 ―勝負―」
第29話「シロギスの心2 ―V字―」
第30話「シロギスの心3 ―接戦―」
第31話「シロギスの心4 ―決着―」
第32話「鮎娘1 ―金鮎―」
第33話「鮎娘2 ―鮎竿―」
第34話「鮎娘3 ―開眼―」
第35話「鮎娘4 ―一生―」

番外編.1「懐かしい年への手紙」
番外編.2「命の別名」
番外編.3「その男 ナガレ」
番外編.4「ススムとナミオの男の休日♪」

単行本1巻紹介
単行本2巻紹介


[前回のあらすじ]
怜音編、終了。


[今回のストーリー]
さて前号で花宮怜音の番外編は終了。
今号より新シリーズに突入です。
今回から舞台は高知になります。
そう、氷馬が先生との勝負に負け、強制送還されたのです。

という訳で、氷馬が久々に故郷に帰ってきました。
氷馬は養護施設「聖使徒園」で生活しています。
氷馬が空港に着くと、学園の他のメンバーがお出迎え。

DSC08384_20091103024812.jpg
学園の面々

一気に新キャラが増えました。
名前付で紹介されていましたが、イチイチ書くのがメンドウなので気になる方はご自分でご確認ください。
っていうか、必要になったら書きます。
まぁ、この場は便宜上、右から順にめがね1号、めがね2号、最ロリ、ミクモドキ、おデコちゃん、飴ねーちゃん、とでもしておきましょうか。
めがね1号は太一モドキでもいいかもしれませんが。


DSC08385_20091103024834.jpg
氷馬

という感じで、無事帰郷。
モチロン、お土産もたくさんあります。

DSC08386_20091103025039.jpg
お土産

氷馬が捕獲したマグロ(大トロ)と、勝負で釣ったシロギスです。
本当なら、波夫さんによって郵送されるハズだったのだが、自分の手で持ってくるハメになってしまいました。

…と、氷馬の携帯電話が鳴りました。

DSC08387_20091103025954.jpg
携帯電話

相手は当然、お嬢様です。
っていうか、おそらく、この電話にかけてくるのはお嬢様しかいないでしょう。今のトコロは。

DSC08388_20091103030425.jpg
お嬢様

っていうか、前の時もそうなのですが、何故お嬢様は風呂場から電話をかけるのでしょうか?
もしかして、アレか!?
氷馬の声を聞きつつ、携帯電話のバイブレーション機能を…
っていう、例の。
あ、いやいや、何でもないです、何でも。

氷馬が携帯電話を持っているコトに対し、飴ねーちゃんが異常な反応をしていました。
まぁ、この辺りは流石に女子高生といったトコロでしょうか。

ソレから、おデコちゃんは、電話の相手が女の子であるコトをかなり気にしていました。

DSC08389_20091103030539.jpg
気にしている

どうやらこのおデコちゃんは、氷馬にホの字の様子。
小学2年なんですケドね。
そして、氷馬、おデコちゃんの疑問を即完全否定。
お嬢様、哀れ…


そんなこんなで、そろそろ夕飯といったトコロで、あわただしく駆け込んでくる2人の人物がいました。

DSC08390_20091103030800.jpg
報告

この2人も聖使徒園のメンバーです。
とりあえず、右が縞シャツ、左が坊主とでしておきましょうか。

で、この2人。
どうやら氷馬を慕っているようで、釣りが好きみたいです。
氷馬が帰ってくる日だというのに、釣りに行っていたみたいです。
…が、どうも主と思われる大物を見たらしい。
ソレを聞いた氷馬の目が輝き始め…!?

といった辺りで次号へと続く。


[感想とか]
という訳で氷馬の帰郷編です。
氷馬は養護施設の生徒なので、他のメンバーというカタチでの新キャラ大量投入です。
飴ねーちゃんはお嬢様のライバルになるのかと思ったら、小学2年のおデコちゃんがライバルになるみたいです。
正直、小学2年ってどうなの?と思うのですが、体型的には大差ない気がしますので問題ない気がしてきました。
で?ミクモドキはそんなおデコちゃんが好きなんですか!?
この年齢(小学5年)でユリですか!?ユリなんですか!?
ソコんトコどーなのよ!?


で、氷馬が帰ると同時に、次の釣り話が勃発。
氷馬の弟分らしき人物が見た、鏡ダムの主とやらが次のターゲットなのか?
大きいダケではなく、金色だったというのだが…
その正体はだろうね?実に楽しみだね。
もしかして…、鯉か?
しかし、氷馬は現在、釣り道具がないので釣れないのであった…
釣り道具はお嬢様が直接手渡しにくるっていう展開ですよね!


さて最後に。
今回こそ晩餐シーンが描かれるんだろうね!?
折角の大トロだよ?大トロ。
聖使徒園の皆が食べているシーンを描こうゼ!?
主に、稲葉先生と飴ねーちゃんのシーンを熱望。
頼みますよ!


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
”んぐるわ会報”2巻 ”美少女いんぱら!”第82話
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。