い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/05 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/07
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2009/12/07(月) 10:49 その他のマンガ
チーズ鍋というのを食べてみた。
チーズフォンデュみたいな感じで、単にチーズにくぐらせる過程を省いたモノなのかと思っていたら、まるで違うモノだった。
シチューに近い感じかな。


さて本日は「オー スーパージャンプ」1月号掲載の”現代都市妖鬼考 霊媒師いずな”31話のレビューです。


[感想バックナンバー]
第1話
第2話
第3話(前半部分)
後半部分は…。当ブログではノータッチで。
第4話
第5話
第6話
第7話
第8話
第9話
第10話
第11話
第12話
第13話
第14話
第15話
第16話
第17話
第18話
第19話
第20話
第21話
第22話
第23話
第24話
第25話
第26話
第27話
第28話
第29話
第30話

単行本1巻紹介
単行本2巻紹介
単行本3巻紹介


[ストーリーと感想とか]
さて今回はルナさんのお店から始まります。

DSC08528_20091207100450.jpg
ルナさん

ルナさんの実家は酪農をやっているらしく、最近は親が家業を継げとうるさいのだそうだ。
そんな感じで、話はいずなの家の話になります。

DSC08529_20091207100504.jpg
お家事情

いずなは両親がおらず、親戚のバァさんの家で育ったらしい。
どうやらいずなは、そのバァさんが苦手らしいのだが…

そんな話をしていたからか、いずなは久しぶりにバァさんの顔を思い出してしまう。

DSC08530_20091207100531.jpg
バァさん

いずなは、見たくもない顔を思い出してしまい、ゲンナリするのだった。


…と思ったら、このバァさん、いずなの思い出した顔ではなく、実際にソコにいたのだった。

DSC08531_20091207100623.jpg
現実

で、このバァさん。
東京見物に来たのかと思ったら、そんな訳はない。

DSC08532_20091207100724.jpg
目的

実は近年ではイタコの数が減っているのだそうだ。
まぁ、時代の流れで仕方がないといえば仕方がないのかもしれないが。
そんな訳で、いずなを後継者にするべく連れ戻しに来たのだった。

当然ながらソレに反発するいずな。
するとバァさんは、対いずな用の最終兵器を取り出した!

DSC08533_20091207100940.jpg
最終兵器

最終兵器とはいっても、何の変哲もないタダの風車である。
しかし、風車にトラウマを持ついずなには効果覿面!
異常なほどの怯えようであった。
そのスキをついていずなを強制連行しようとするバァさんだったが、いずなは逃げ出してしまった。

DSC08534_20091207101342.jpg
脱出


さて、バァさんから逃げ出したいずながドコにいったのかというと。

DSC08535_20091207101421.jpg
商売

いつもの場所で、いつもの様に商売をしているのであった。
この辺りは実に図太いと言えるのかもしれない。

そして今日もまた、霊に悩まされる客がやってきた。

DSC08536_20091207101525.jpg


当たり前といえば当たり前なのだが、この客はいずなのコトを信じてはいなかった。
だからいずなが自分のコトを信用させようとしたのだが、ジャマが入ってしまうのだった。

DSC08537.jpg
ジャマ

バァさんである。
バァさんは逃げたいずなを追いかけてきたのだった。
結果、お客は怒って帰ってしまった。
いずなは営業妨害だと憤慨するも、バァさんはまるで意に介さず。
そしてそのまま、いずなの家までおしかけてくるのだった。

DSC08538.jpg
いずなの家

ちなみにいずなは元々、このバァさんの用意したマンションに住んでいたのだが、バァさんから逃れる為か、その家からは既に出ており、とある神社に無断(?)で住んでいるのだった。
いずなは自分は絶対に帰らない、というが、バァさんもまた絶対に連れ戻すといっており、双方の和解は難しそうだった。

DSC08539_20091207102409.jpg
ガンコ

いずなはこのまま強制送還されてしまうのか!?
そうなったらこのマンガは終わってしまうのか!?
続きと結末はご自分の目でお確かめください。


さて今回はいずなのバァさんが登場です。
バァさんとはいっても直接の血縁関係ではないみたいですが。
まぁ、いずなの家庭環境を知る話といった感じでしょうか。
ソレにしても強烈なバァさんだな。
流石はいずなの関係者といったトコロでしょうか。
ソレにしても風車で怖がるいずなはカワイかったなぁ。
まさか、こんな弱点があったとは…


さて今回は、注目のオイロケシーンはありませんでした。
まぁ、妖怪とのバトルがメインではないからエロピンチはないし、今回の依頼人は男だし。
かといってサービスシーンもなし。
え?バァさんのサービスシーン?
あんなのオイロケシーンに含まれる訳ないだろ!
お目直しだ、お目直しを要求するぅぅうううぅぅ!
せめて…、せめていずなの寝相の悪いトコロでも描かれてさえいれば…!


そして今回は単行本の4巻発売を記念してか、「いずな祭り」と銘打った企画が登場。
作者’sによるいずなの誕生秘話&”地獄先生 ぬ~べ~”でいずなが初登場した話が掲載されています。
昔のいずなの活躍?をその目でお確かめください。


さて次回は1/13発売予定の「スーパージャンプ」No.3に登場予定。
ちなみに「オー スーパージャンプ」2月号は1/20に発売予定。
どうやら”美少女いんぱら!”の番外編が掲載予定っぽい。
実に楽しみである。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:4   トラックバック:0
”釣り屋 ナガレ”3巻 ”釣り屋 ナガレ”第41話「金色の主5 ―金鯰―」
コメント一覧
オババはいずなの父親の母親か母親の母親のどちらでしょうか?
URL 【 2011/02/04 21:29 】 編集
名無しG
>sさんコメント有難うございます
母親の母親でしょう
確かそうだったと思いましたが…
状況から鑑みてもそうだと思います

追記:よくみると親戚といっているので
ドチラでもないが正解
URL 【 2011/02/09 14:50 】 編集
祖母が苦手ないずなも子供っぽくて可愛いですねェ
URL 【 2011/06/10 22:03 】 編集
名無しG
>sさんコメント有難うございます
そうですねー
URL 【 2011/06/14 05:23 】 編集
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。