い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/09
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2009/12/15(火) 11:08 ヤンアニ嵐
最近の基準からすれば早く仕上がった方です。
で、この雑誌も年始の為に、次号の発売が早まる…

…って、年内発売かよ。
どーなってんだよ…


という訳で本日は「ヤングアニマル嵐」No.1の感想を。


[ふたりエッチ]
何やら別冊付録がついていたが、どーでもいい。
よくは解らないけれども、どーせ過去作の収録だろうから。
描きおろしだったら克・亜樹氏が人間であるコトを疑う。

まぁ、何だな。
このマンガは妊娠=最終回だろう。
まぁ、もしかしたら育児マンガとして再出発する可能性も無ではない気もしないでもないが。

しかし、都合よくキスした後にくる他の客共は何なんだろうね?
もはや覗いていたとしか思えんのだが。


[恋花温泉]
またダラダラと長く続けるのかと思ったら、アッサリ終わってしまいましたね。
まぁ、このくらいの方がいい気もするっていうか、瑠梨香の時の繰り返しにならなくて良かったかな。

コレで後は楓花ダケなんだケド、どうなるコトやら。


[偽書ゲッターロボ ダークネス]
アンチゲッター線って、ゲッターを否定する力のコトか?
ソレって、ゲッターに乗っている者が持っていて大丈夫なモノなの?
いや、もしかしたら理屈的には同じエネルギーなのかな?
この辺り、まだまだ解らないコトなのだが、このマンガだと明かされずに終わる可能性もあるからなぁ。


[魂の強化書]
タイ編。
…って、旅にくる理由がおかしいだろ。
インドに行っても変わらなかった人間が、タイに行ったからといって変わるとは思えん。

で、今回は早速、タイの性風俗事情。
次号は修羅場か!?修羅場なのか!?


[へべれけ恋バナ相談室]
で?この話、ドコまでがフィクションなのかね?
う~ん、何かに毒されているのかな?
どうにも創作物としか思えない話だね…
いや、前回までのこのマンガの内容と天地の差があるからなのだが。


[オレたま ~オレが地球を救うって!?~]
エリス…
ココまでくるともはやツンデレというレベルでは表せない気がしてきた。

一方、航太は何故だかオ・ト・ナなお店に。
店長も何でこんな場所に連れてくるのか…
バラして美奈与と別れさせようとでもしているのだろうか?

…で、サタンが復活。
ガマンの限界まで後3日って…
ガマン自体は今回で終わったんじゃないのか?


[ぶらガール]
正直に言おう。
前回の感想では面白いと書いたが、1回目を読んだ時点では微塵もそんなコトは思っていなかった。
好きだった作品を移籍させ、別の連載を始めたコトに対する皮肉として書いた。
で、今回2回目を読んで確信した。

このマンガは面白い。
冗談抜きで面白い。
ラブコメとして実に良く出来ていると思う。
他のラブコメだと、相手の気持ちが解らずにヤキモキしたり、悩んだりする訳だが、このマンガの主人公は悩む部分が根本的に違う。
設定の部分がこの辺りで実に良く活きてくると思う。
その結果、ラブコメでは告白するまでの過程が本編になる訳だが、このマンガでは告白するのが出発点になっている訳だ。
コレもまた、面白い部分だと思う。

その告白自体も、面と向かってするのではなく、思わず言ってしまった言葉が告白になってしまい、後から気がついて赤面するというのが実に良い。
実に好みの展開である。

さて今回、主要な登場人物が紹介されたわけだが、私としては夕凪つかさに注目したい。
黒髪長髪、引っ込み思案気味、でもスポーツ万能。というか弓道少女だし。
スポーツをやる際は、是非ともポニーテールでお願いしたい。
ポニーテールで弓道!早く描かれないかなぁ。


[トランスGALS]
モデルのバイト開始。

何というか…
舞台裏を知ってしまっている以上、この2人が何をやっても読者的には何も感じないというか…
まぁ、萌え的なモノを表現している訳ではなく、あくまでも笑いの部分がメインなのだから問題はないのかもしれないが…

そして何やらトップモデルのプライドを刺激してしまったみたいだ。
おそらくは妨害かイヤガラセでもしてくるとは思うのだが、何をしてくるのか楽しみ。
直接的な手段だったらダメっぷりがあがるダケだが、さて?


[ハイジンクエスト]
今回は、なんかちょっと全体的にいい話っぽい。
単行本発売で、ちょっといい感じにしておこうかな?っていう気がしないでもないが。

しかし、このマンガでココまでのラブコメを見られるとは思わなかったよ。
ユウコとは別の意味でのサプライズですね。


[13DOGs]
ある意味での似たもの同志というか…
もしかしてこの2人を一緒のゲームに入れたのも意図的なんだろうか?
そんな気がする。

で、次回はどうやらこの2人のバトルになるのかな?
どんなバトルになるんだろうか?


[ガブメント]
この2人は、何でそのままコスモスに異常があるという結論に至らないのだろうか?
ポプラが女装であるという結論に至るのは難しいとは思うが。
結局は、常日頃からケイトのミスを探そうと思っているからなのかもしれないが。

そして、あのバズ・ホーンと再会。
コスモスが認識できるのは、親の遺伝子が融合しているからだろう。
このシリーズの終わりで旅の仲間に加わるのは間違いないだろうが、ポジション的にはどうなるのかな?
親子兼、恋のライバル?
何この母子丼状態は!


[クラック・ハウンド]
最終回。
土門も生きていたみたいで、安心というべきか?
結局、名無しキャラはお亡くなりになったみたいだが。

で、エピローグなんだケド…
コレってどういう感じなのかな?
リセットされたのか、なかったコトになって元あるべき姿に戻ったのか…

まぁ、そんなのはドチラでもいいのだが、凜のウェイトレス姿は似合ってない。
せめてバイク関連の職種にしておいてやれよ…
もしくはマジックショーのアシスタント。女王様でも可。
あんな言葉遣いの凜は見たくなかった…
克美は実にソレっぽいのに…
作者のシュミか!?


[次回予告]
新連載で黒澤R氏が登場予定。
何かお笑い系の話っぽい。
トコロで北川大地氏って誰なんだろうか?


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
”18倫”4巻 「ヤングキングアワーズ」1月号感想
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。