い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/11
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2010/01/16(土) 06:17 雑記やメモ
最近更新が滞っていたのは、ゲームをやっていたからです。
まぁ、いつものコトです。
今回プレイしていたのはPS2の”大正もののけ異聞録”というゲーム。
ちょっと中毒性が高すぎました。


さて本日は”釣り屋 ナガレ”第45話のレビューです。


[感想バックナンバー]
読みきり版

第1話「釣り姫様」
第2話「ハゼに始まり」
第3話「ホームレス釣り屋」
第4話「天才釣り師」
第5話「ジェット噴射だ!!」
第6話「謎の捕食者(スキッドイーター)」
第7話「伊勢エギVSワラサヤエン」
第8話「決戦!!オオアカイカ」
第9話「イカ祭り!!」
第10話「少年たちの終わらない夜」
第11話「二人のスズキ」
第12話「養老川のアユ1」
第13話「養老川のアユ2」
第14話「養老川のアユ3」
第15話「ヒラメの憂鬱」
第16話「海の弾丸 カツオ1 ―再会―」
第17話「海の弾丸 カツオ2 ―出航―」
第18話「海の弾丸 カツオ3 ―船上―」
第19話「海の弾丸 カツオ4 ―水沈―」
第20話「海の弾丸 カツオ5 ―台風―」
第21話「海の弾丸 カツオ6 ―鳥山―」
第22話「海の弾丸 カツオ7 ―快釣―」
第23話「海の弾丸 カツオ8 ―気配―」
第24話「海の弾丸 カツオ9 ―衝撃―」
第25話「海の弾丸 カツオ10 ―白刃―」
第26話「海の弾丸 カツオ11 ―晩餐―」
第27話「先生、あのね」
第28話「シロギスの心1 ―勝負―」
第29話「シロギスの心2 ―V字―」
第30話「シロギスの心3 ―接戦―」
第31話「シロギスの心4 ―決着―」
第32話「鮎娘1 ―金鮎―」
第33話「鮎娘2 ―鮎竿―」
第34話「鮎娘3 ―開眼―」
第35話「鮎娘4 ―一生―」
第36話「おかえり」
第37話「金色の主1 ―出発―」
第38話「金色の主2 ―接触―」
第39話「金色の主3 ―目撃―」
第40話「金色の主4 ―正体―」
第41話「金色の主5 ―金鯰―」
第42話「金色の主5(6?) ―創意―」
第43話「金色の主6 ―ヘリ―」
第44話「金色の主7 ―散弾―」

番外編.1「懐かしい年への手紙」
番外編.2「命の別名」
番外編.3「その男 ナガレ」
番外編.4「ススムとナミオの男の休日♪」

単行本1巻紹介
単行本2巻紹介
単行本3巻紹介
単行本4巻紹介


[前回のあらすじ]
鱒山氏VS主、ダム上大決戦!


[今回のストーリー]
さて前回、主をかけるコトに成功した氷馬。

DSC08786_20100116054513.jpg
ヒット

後は釣り上げるダケなのですが…
実は本当に大変なのはココからだった。

DSC08787_20100116054525.jpg
引っ張られる

相手は3m程のオオナマズ。
力も相当なモノで、氷馬1人ではどうにもなりません。

DSC08788_20100116054539.jpg
協力

縞シャツ、坊主と3人で協力して何とか持ちこたえられるレベルです。
そしてそのまま膠着状態へ。

…って、何コレ!?
いや、3人で協力するのは別にいいよ。
でもさぁ、ココはお嬢様が真っ先にしがみつくシーンじゃないのか!?と。


そしてそのまま、20分ほどが過ぎた。

DSC08789_20100116054653.jpg
20分経過

…が、主はまだまだ余力を残していた。

DSC08790_20100116054804.jpg
余力

3人がかりでも引っ張られる氷馬達。

…と、ようやくココでヒロインの出番がやってきた。

DSC08791_20100116055027.jpg
ヒロイン登場

ヒロインは遅れてやってくるモノだ!
いや、本当はヒーローなんだケド。
まぁ、とにかく、ようやくココでお嬢様の助けが入ります。
何かこのまま「石破ラブラブ…」とでも言い出しそうな感じですが…


さてヒロインの助けを借りて、何とかもちなおした氷馬。
さらに時間が経過し、ようやく主も弱ってきました。

ココで氷馬が次なるテにでます。

DSC08792_20100116055411.jpg
次のテ

お嬢様に対し「もう一働きしてもらう」などといいながら、イキナリ脱ぎ始める氷馬。
何をさせようというのかね!?
まさか、「汗を拭いてもらおうか」みたいな感じになるのか!?
何かもう、このコマだけを見たら、エロシーンにしか見えないっていうか、エロいコトしか思い浮かばないのですがね。

さて、氷馬は服を脱ぐと、ダムに飛び込んだ。

DSC08793_20100116055427.jpg
ダイブ

マグロの時に続いての水中戦です。
まぁ、今回は水中戦といっても、ロープで主を確保するくらいですが。
そうして主にロープをくくりつけ、後は全員で引っ張ります。

DSC08794_20100116055902.jpg
綱引き

こうして主を釣り上げるコトに成功したのだった。

DSC08795_20100116060127.jpg
釣り上げる

主を釣り上げ喜ぶ面々を見つめるカゲがあった。

DSC08796_20100116060340.jpg
鱒山氏

鱒山氏である。
そしてその手には、銃がにぎられていた…
まだ諦めていなかったのか…?

といった辺りで次回へと続く。


[感想とか]
さて前号に引き続き、掲載位置は最後方。
アンケート出せ!いや、出してください。
いや、もういっそのコト、誰も出さなくていいです。
私ダケが出せば問題ない訳ですから。
そうすれば懸賞の当選確率も100%になるし。


さてようやく主を釣り上げました。
氷馬が水中に入った時は、また水中戦かよ!と思いましたが、マグロの時みたいなコトにはなりませんでした。
全員の力で釣り上げるというのは予想していましたが、コレはコレで良かったと思います。

トコロでヨーロッパオオナマズというのは食べられるのでしょうかね?
いやね、全員で釣り上げた時に全員全裸になるモノだとばっかりおもっていたのに、そうはならなかったから、だったら全裸になるのは食べた時だろう、と。


そして鱒山氏が不穏な動きを見せているが…
釣り上げた主を撃つ気なのか!?
氷馬が必死で止めるのかな?
そうなると、主は豪徳寺邸で飼われるコトになるのかもしれない。
じいさんも見たがっていたし。


後、今回、飴ねーちゃんのお昼寝シーンが描かれていたのですが、コレが実にイイですね。
何だこの無防備さは!?ヘソ出しだし。
最ロリが羨ましいよ…


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
「サンデーGX」1月号感想 ”現代都市妖鬼考 霊媒師いずな”32話
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。