い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/05 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/07
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2010/01/21(木) 04:48 その他のマンガ
そろそろ当ブログ4周年になります。
でも、今年は何もやらないと思います。
っていうか、更新できるかどうかさえ怪しいです。
あ、そうそう。昨年はチャットを開設したんでしたね。スッカリ忘れていました。
実は忘れた頃に、1人言をつぶやいているコトもありますので、たまにはチャットも見てやってください。
話し相手がいなくて寂しいのです。


という訳で本日は「オー スーパージャンプ」2月号掲載の”美少女いんぱら!”特別編のレビューです。


[感想バックナンバー]
1・2話/3話/4話/5話/6話/7話/8話/9話/10話
11話/12話/13話/14話/15話/16話/17話/18話/19話/20話
21話/22話/23話/24話/25話/26話/27話/28話/29話/30話
31話/32話/33話/34話/35話/36話/37話/38話/39話/40話
41話/42話/43話/44話/45話/46話/47話/48話/49話/50話
51話/52話/53話/54話/55話/56話/57話/58話/59話/60話
61話/62話/63話/64話/65話/66話/67話/68話/69話/70話
71話/72話/73話/74話/75話/76話/77話/78話/79話/80話
81話/82話/83話/84話/85話/86話/87話

番外編「~伊勢谷緋華の牝犬日記~」

単行本1巻紹介
単行本2巻紹介


さて今回の特別編は、事前情報では緋華ちゃんの話だというコトだったのですが、いざ掲載されてみたら別の話でした。
本編は現在、高校3年で卒業間近なのですが、今回は2年半くらい前の話。
つまり、蒼ちゃんが高校に入学して間もない頃のコト。
どうやらクラスで揉め事が起こった様子。

DSC08800_20100121040736.jpg
揉め事

どうやらチャーちゃんが、クラスの男子と揉めている様子。
まぁ、チャーちゃんは口が悪いので、こういう問題は日常茶飯事なのかも。

DSC08801_20100121040741.jpg
口が悪い

よく言えば素直な性格となるのかもしれませんが、その所為で無用に敵を作るタイプだといえるでしょう。

その頃、蒼ちゃんはチャーちゃんや京ちゃんと仲が良かった訳ではなく、別のグループと仲が良かった。

DSC08802_20100121040812.jpg
別のグループ

ちなみに蒼ちゃんは、とある事情があって、同じ中学の出身者が誰もいない高校に通っていた。
とある事情というのは、ちょっと当ブログではいえません。そういう方針ですので。

そんな訳で、蒼ちゃんは友達を作るのに必死だったので、他の人に対して気を使いすぎるトコロがあった。

DSC08803_20100121040956.jpg
気を使う


一方のチャーちゃんはというと。
当たり前というか何というか…
やはりクラスでは孤立していた。

DSC08804_20100121041005.jpg
孤立

仲がいいのは京ちゃんダケ。
ムシロ、チャーちゃんと仲の良い京ちゃんが出来すぎた性格といえるのかもしれない。
蒼ちゃんは、そんなチャーちゃんを少し気にしていた。


そんなある日の放課後。
蒼ちゃんが教室に残っていると、チャーちゃんが1人教室を掃除し始めた。

DSC08806_20100121041748.jpg
掃除

どうやら他の当番の人は帰ってしまった様である。
1人でも掃除をしようとする辺りは実に律儀ではある。
蒼ちゃんは、そんなチャーちゃんを手伝おうとするが、断られてしまう。

DSC08807_20100121042127.jpg
断る

その断り方が、チャーちゃんらしく、余計な1言というか、素直な感想というか…
チャーちゃんも自分の性格を把握してはいる様だった。

DSC08808_20100121042533.jpg
自己評価

この言葉から察するに、京ちゃんはこの性格を受け止められた数少ない人物というコトになるのだろう。
つくづく良く出来た性格だと思う。
え?八方美人?何ソレ?聞こえないなぁ。


…と、チャーちゃんが1人で掃除をしていると、事件が起こってしまう。
入学早々、チャーちゃんと揉めた、あの荒川が、この場にやってきたのだ。
そして、報復とばかりに、チャーちゃんを殴りつける!のだった。

DSC08809_20100121042702.jpg
殴る

コレって自業自得!?
っていうか大丈夫なのか?
続きと結末はご自分の目でお確かめください。


はい、という訳で2回目の番外編です。
今回は蒼ちゃんとチャーちゃんの友情物語といった感じでしょうか。
今まで作中で明らかになっていたのは、チャーちゃんと京ちゃんは幼馴染であり、高校に入学する前から仲が良かったというコトと、蒼ちゃんは高校入学後に仲良くなったというコトです。
蒼ちゃんとチャーちゃん達が仲良くなった部分に関しては謎につつまれていました。
ソレが今回明らかになった、というコトです。


今まで不思議でしょうがなかったのは、何故蒼ちゃんは、チャーちゃんの口の悪さやダメダメな性格に怒らないのか?というコトだった訳です。
いや、厳密にはコトある毎に怒っているので、何でそのまま仲違いをしないのかというコトなのですが。
まぁ、類は友を…、的なコトなのだろうと思っていたわけですが、今回の話でソレが証明されたと。
まぁ、ありがちな話ではあるんですよね。
窮屈な友情か、自由な友情かっていうね。
単に、このマンガだと、「自由」の意味が、真の意味でフリーダムすぎる、というダケで。
間に入っている京ちゃんは大変だろうなぁ…
まぁ、京ちゃんもこの2人よりもマシってダケで、かなり類は友を…、の気がしないでもないですが。


[今回の萌えコマ]
さて今回の最萌えコマはコチラです。

DSC08810_20100121042842.jpg
友情

相手に気を使わなくても大丈夫な友情を手に入れ、実に楽しそうな蒼ちゃん。
ただ、蒼ちゃんの場合、もう少し自分を抑えた方がいい気がしますが…
却ってダメダメになったと思うのは、私の気の所為でしょうか?
まぁ、その場合、この笑顔も見られなかったと考えられますので、良かったというコトにしておきましょうか。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
”現代都市妖鬼考 霊媒師いずな”33話 「サンデーGX」1月号感想
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。