い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/09
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2010/02/20(土) 06:29 コミックレビュー
8巻の紹介記事を書こうとしたら、何故だか7巻の紹介記事が消滅していたので、とりあえずもう1度書く。
何で消えたのかは不明。
操作を間違えたのか、何かの不具合なのか…
2度目なので、アッサリと。


ちなみに、前の記事でこの場所に書いていたのは、懸賞でDSソフトの”ロックマン エグゼ オペレート シューティングスター”が当たったというモノだった。

DSC08914_20100209035324.jpg
当選品

この時点で3本目の当選だった。


という訳で本日紹介するマンガはコチラ。
東京★イノセント
スクウェア・エニックス刊/鳴見なる氏


[作品概要]
妖怪・白狐の住む島。妖怪の数が減っていて種族の滅亡の危機を迎えていた。
白狐の若者・半蔵は嫁を探すという任を受ける。
条件は「強く、美しく、働き者で心優しい」コト。
そして東京に向かう半蔵。

一方、東京で暮らす一条寺メイ。16歳になったばかり。
一条寺家の娘は16歳になると物憑き体質になるという因果があった。
 
そんな2人の出会いから始まる物語。


[過去記事]
1巻紹介
2巻紹介
3巻紹介
4巻紹介
5巻紹介
6巻紹介


[内容補足と感想とか]
前巻で、リリスにとり憑かれたメイ。
半蔵を肉体的に陥落させる為に、半蔵を捜します。

DSC08918_20100209040014.jpg
捜す

しかし、ココは学校内であり、学校に通っていない半蔵がいる訳はなかった。
いる訳はなかったのだが、こういうマンガでのお約束どおり、タイミングが悪かった。

DSC08919_20100209040020.jpg
お使い

何と、半蔵は学校内にいたのだった。
半蔵は神社でバイトをしているのだが、神主のお使いで学校に届け物に来ていたのだ。
こうして、半蔵はリリスに見つかってしまった。

DSC08920_20100209040041.jpg
見つかる

ちなみに余談だが。
リリスは半蔵を捜しながら学校中を歩き回っており、その折にちーちゃんにイタズラをしていたりする。

DSC08922_20100209040232.jpg
イタズラ

私の好きなユリ展開が繰り広げられていた訳ですが、まぁ、詳しくはご自分の目でお確かめください。


おっと、閑話休題。
半蔵を見つけたリリスは、半蔵に色仕掛けで迫る訳です。
…が、半蔵はメイの様子がおかしいコトから、直ぐに目の前にいるのがメイではないと気づくのだった。

DSC08923_20100209040431.jpg
気づく

コレも愛の為せるワザでしょうか。
簡単に正体がバレたリリスは、そのまま諦め…

…はしなかった。
色仕掛け続行。
もはや正体がバレてしまったので、力づくです。

DSC08924_20100209040557.jpg
力づく

半蔵の貞操、ピンチ!
いや、本当にピンチなのはメイの貞操のような気もしますが、ソコは考えない方向で。

で、その後、何だかんだがあって、リリスはメイからはなれ、帰っていきました。
その辺りはご自分の目で確かめていただくとして。
今回の事件はコレで終わりではありません。
リリスをけしかけた黒幕がいます。
半蔵はその人物に心当たりがある様だった。そして、その居場所も。

という訳で、その人物に会いにいく半蔵。
その人物とは…

DSC08927_20100209041338.jpg
ロリ

ロリ娘だった!
実はこの人物、こんな見た目ではあるが、白狐の島の守り神なのである。
名前は桜神(サクラノカミ)。

今回の件は、悪意があってやった訳ではなく、任務にてこずっている半蔵の助けになればと思ってやったらしい。
加えて言うなら、どうもこの桜神は、白狐の中でも特に半蔵のコトを気にかけている様子である。
どうやら、半蔵が半妖になったコトと関係があるみたいなのだが…

こうして新しいトラブルメーカー?が増えた辺りで次巻へと続く。


はい、という訳で全巻で期待した様な展開にはなりませんでした。
いや、本当はなりかけたのですが、不完全燃焼のままで終わったというか。
まぁ、少年誌だし、こんなモノか。
しかし、まさかパンチラの1つもないとは…
ブラチラはあったが。

代わりに、ちーちゃんとメイ(リリス)とのユリシーンが見られたから良しとしますか。
ちーちゃんのその後の反応を見るに、もしかしてちーちゃんって、本当にソッチの人なの?
いや、でも、半蔵のコトも満更ではないみたいだし…
コレはアレか!?理想は3○って感じなの?


そして新キャラの登場。
白狐の島の守り神である桜神。
見た目はロリなのはアレですが…
どうやら半蔵のヒミツを知っているみたい。
半蔵は、自分が半妖になった時の記憶がないみたいで、どうやらソレに桜神が関わっているみたいなのです。
そして、メイもそのコトに関係があるっぽい?
メイの体質といい、以前の発言内容といい、この辺りの謎が全ての解決のカギとなるのは間違いなさそう。
この物語も、いよいよ佳境といった感じですかね。


[オマケに関して]
今回のオマケは徳川兄妹とサトリのプロフィール。

そして巻末にはこのマンガの番外編が収録されています。
内容は、半蔵とちーちゃんがデートした時のサイドストーリーで、とある中学生のカップルを描いたモノ。
読みきりラブコメとして実に面白いです。


カバー下オマケマンガは、白坊の悪夢。
まぁ、コレは本当にどーでもいいレベルですが。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
”イケてる2人”31巻 ”釣り屋 ナガレ”第50話「泳ぐ宝石4 ―友達になろう!―」
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。