い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/09
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2010/03/11(木) 04:00 その他のマンガ
プロ野球のオープン戦なのですが、横浜ベイスターズは未だに未勝利状態です。
初めから解っていたコトですが、今季も不安しかありません。
興味は尾花新監督が、前のバ監督よりマシかどうか、という1点に尽きるでしょう。
ソレによっては、来季は期待出来る様になるかもしれないので。


という訳で本日は”釣り屋 ナガレ”第52話のレビューです。


[感想バックナンバー]
読みきり版

第1話「釣り姫様」
第2話「ハゼに始まり」
第3話「ホームレス釣り屋」
第4話「天才釣り師」
第5話「ジェット噴射だ!!」
第6話「謎の捕食者(スキッドイーター)」
第7話「伊勢エギVSワラサヤエン」
第8話「決戦!!オオアカイカ」
第9話「イカ祭り!!」
第10話「少年たちの終わらない夜」
第11話「二人のスズキ」
第12話「養老川のアユ1」
第13話「養老川のアユ2」
第14話「養老川のアユ3」
第15話「ヒラメの憂鬱」
第16話「海の弾丸 カツオ1 ―再会―」
第17話「海の弾丸 カツオ2 ―出航―」
第18話「海の弾丸 カツオ3 ―船上―」
第19話「海の弾丸 カツオ4 ―水沈―」
第20話「海の弾丸 カツオ5 ―台風―」
第21話「海の弾丸 カツオ6 ―鳥山―」
第22話「海の弾丸 カツオ7 ―快釣―」
第23話「海の弾丸 カツオ8 ―気配―」
第24話「海の弾丸 カツオ9 ―衝撃―」
第25話「海の弾丸 カツオ10 ―白刃―」
第26話「海の弾丸 カツオ11 ―晩餐―」
第27話「先生、あのね」
第28話「シロギスの心1 ―勝負―」
第29話「シロギスの心2 ―V字―」
第30話「シロギスの心3 ―接戦―」
第31話「シロギスの心4 ―決着―」
第32話「鮎娘1 ―金鮎―」
第33話「鮎娘2 ―鮎竿―」
第34話「鮎娘3 ―開眼―」
第35話「鮎娘4 ―一生―」
第36話「おかえり」
第37話「金色の主1 ―出発―」
第38話「金色の主2 ―接触―」
第39話「金色の主3 ―目撃―」
第40話「金色の主4 ―正体―」
第41話「金色の主5 ―金鯰―」
第42話「金色の主5(6?) ―創意―」
第43話「金色の主6 ―ヘリ―」
第44話「金色の主7 ―散弾―」
第45話「金色の主8 ―我慢―」
第46話「金色の主9 ―生殺―」
第47話「泳ぐ宝石1 ―釣り具屋さんへ行こう!―」
第48話「泳ぐ宝石2 ―管釣りへ行こう!―」
第49話「泳ぐ宝石3 ―リベンジしよう!―」
第50話「泳ぐ宝石4 ―友達になろう!―」
第51話「夜の盗賊団」

番外編.1「懐かしい年への手紙」
番外編.2「命の別名」
番外編.3「その男 ナガレ」
番外編.4「ススムとナミオの男の休日♪」

単行本1巻紹介
単行本2巻紹介
単行本3巻紹介
単行本4巻紹介


[前回のあらすじ]
夜釣りに挑戦。


[今回のストーリー]
という訳で、鱒山氏まで巻き込んだ夜釣りは絶好調。
続いては「穴釣り」に挑戦です。

DSC09076.jpg
盛り上がる

「穴釣り」というのは、テトラポッド等の隙間の穴に仕掛ける釣りのコトである。
氷馬は、良さげなポイントを見つけ、早速釣り開始。

DSC09077.jpg
穴釣り

しばらくすると、ヒットがありました。
どうやら、魚ではない感じです。

DSC09078.jpg
ヒット

釣り上げてみると、リッパな伊勢エビでした。

DSC09079.jpg
伊勢エビ

その大きさに、氷馬達は大ハシャぎ。

要するにアレだな。
次はコレをエサにしてタコを釣ろうと。そういうコトだな!?


…って、そんな訳はない。
こうして伊勢エビを釣って、喜んでいると、例の強盗達が出現。

DSC09080.jpg
強盗Aが現れた。強盗Bが現れた。

氷馬達が釣った伊勢エビを要求する強盗達。
しかし、鱒山氏は冷静に対応。

DSC09081.jpg
冷静

相手は漁協関係者を名乗っていますが、見るからに怪しいし、何よりもこの場所は漁協の管轄外でした。
鱒山氏が警察に電話をしようとすると、強盗達は本性を顕にしました。

DSC09082.jpg
本性

鱒山氏を海に蹴り落としてしまいました。
鱒山氏は、ライフガードを着用しているので、海に落ちても大丈夫ですが。

さて、鱒山氏を海に落とした強盗達は、再び氷馬に伊勢エビを要求。

DSC09083.jpg
要求

氷馬は、ソレを拒否。
そして、とられるくらいなら、と。

DSC09084.jpg
エビ解体

その場で伊勢エビをサバいて食べてしまいました。
緊急事態だからか、全裸モードはありませんでした。

伊勢エビを食われた強盗Aは激昂。

DSC09085.jpg
暴行

氷馬に暴行。
さらに、氷馬達が釣った魚を発見。

DSC09086.jpg
釣果

奪おうと思ったらしいのですが、売れそうな魚はいませんでした。
ソレを見て、さらに怒った強盗Aは、魚に八つ当たりを開始。
氷馬が止めるのも聞かずに、魚を踏み始めました。

しかし。

DSC09087.jpg
トゲ

釣った魚の中に「ゴンズイ」がいました。
この魚は、危険を感じるとトゲを出し、しかもそのトゲには毒が含まれています。

こうして魚の逆襲をくらった強盗達は、そのままお縄になったのでしたとさ。

DSC09088.jpg
お縄

めでたし、めでたし。
といった辺りで次回へと続く。


[感想とか]
という訳で夜釣り編は終了。
まぁ、このままこの章を続けたトコロで、ヤローばっかりで華がないから、2話くらいで充分ですケドね。


今回、氷馬は伊勢エビを釣り上げました。
そして食べたのですが、全裸モードはありませんでした。
まぁ、氷馬の全裸モードなんかいらない訳ですけれどもね。
やっぱさぁ、女の子キャラがいないとダメなマンガだな、うん。


そして強盗達は、魚の毒トゲを踏んで、そのまま捕まってしまいました。
おかしいな、てっきり、鱒山氏が猟銃で応戦するモノとばっかり…
通報でかけつけた警官に、一緒に連行される鱒山氏。
まぁ、猟銃はなくても、強盗の片割れ倒していましたがね。


さて次回は待望のカラーです。
カラーに登場するのは誰かな?
やっぱりお嬢様か!?
ソレとも、聖使徒園のメンバーか?
とりあえず、楽しみです。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
”釣り屋 ナガレ”5巻 「ヤングチャンピオン烈」No.3(Vol.25)感想
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。