い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/09
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2010/03/21(日) 04:40 コミックレビュー
パ・リーグ開幕。
各チーム、エースが登板したダケあって、投手戦が繰り広げられたみたいですね。
ただ1人、調子が悪かった人もいるみたいですが。
誰とは言わんがね。


さて本日紹介するマンガはコチラ。
スピリチュアルぱらだいす
小学館刊/小野寺浩二氏


[作品概要]
玉置忍(たまき・しのぶ)はある日、美月ルナという少女に1目惚れする。
しかし美月は「生きている男に興味なし」を公言する、超絶オカルトマニアだった。
そんな美月が部長を務める「スピリチュアル研究部」に入部した玉置。
美月はオカルト体験をしようと躍起になっているが、未だにオカルト体験は皆無。
毎度毎度曰く付の怪しい場所に乗り込むも、収穫なし。

ところが玉置は霊感全開少年だったのだ!
その為、毎回毎回自分1人が怖い目にあってしまう。
だがしかし!愛する美月の為に今日もまた、オカルトスポットへレッツゴー!なのだ。


[関連記事]
1巻紹介
2巻紹介
3巻紹介


[内容補足と感想とか]
さて前巻の最後で、ケガをして昏睡状態になってしまった玉置。
しかし、意識を失ったコトで、夢の中で美月の兄、朔夜と邂逅するのだった。

DSC09163.jpg
朔夜

朔夜は既に死んでいるのだが、実は朔夜と美月はある約束をしていたのだ。
ソレは、朔夜が死んだら、霊界からメッセージを送るというモノだった。
実は、美月がオカルトマニアになったのは、朔夜からのメッセージを受け取る為、という理由があったのだ!


さて、死んで霊体(幽霊)になった朔夜が、美月にメッセージを送る訳だが、霊感ゼロの美月は、朔夜のメッセージにまるで気づかないのだった。
そうこうするうちに、美月はドンドンとオカルトマニアになっていき、既に取り返しのつかないレベルにまでなってしまったのだ。


ソコに現れたのが、霊感のある玉置。
今までは、玉置と朔夜は相性悪く、ちゃんと対面の出来なかった2人。
昏睡状態になったコトで、ようやく会えたという訳です。
そして、遂に、朔夜から美月へのメッセージが伝えられる!

DSC09164.jpg
メッセージ

メッセージは、美月兄妹の暗号で伝えられた挙句、長年の想いがこもりにこもっているので、異常に長く、メモのとれない玉置は、必死に憶えるしかなかった。
当然その間、玉置は昏睡状態が続くのだった。

DSC09165.jpg
昏睡状態

こうして1週間が過ぎ去った。
何とか、長ったらしい暗号文を憶えた玉置は、復活した。

DSC09166.jpg
復活

で、なんやかんやがあって、ようやく美月にメッセージを伝えるコトになった。

DSC09167.jpg
伝達

今まで隠していた、自分が霊能者であるコトを告げる玉置。
そして、朔夜からのメッセージを伝える玉置。

しかし―――

DSC09168.jpg
拒絶

美月の反応は、拒絶だった。

朔夜からのメッセージは暗号である。
玉置には、その内容が解らない。
どうやら、美月にとって耐え難い内容であったらしい。
その結果、拒絶。
そして。

DSC09169.jpg
怒り

その怒りは玉置へと向けられた。

玉置は美月に信じてもらえるのか!?
2人の関係はどうなる!?
続きと結末はご自分の目でお確かめください。


はい、という訳で、このマンガも最終巻となりました。
遂に伝えられたメッセージ。
しかし、美月はそのメッセージを拒絶!

実はこの暗号。
デタラメに書いてある訳ではなく、ちゃんと解読可能になっています。
まぁ、解法と内容は作中で明らかにされる訳ですが、どうしてもという方は、自分で解いてみるのも面白いのではないでしょうか。


さてこの巻。
最終巻らしく、今までで1番玉置が活躍しています。
長ったらしい暗号を憶えたり、美月に伝える為に東奔西走したり…
まぁ、活躍とはいっても、その大部分は「悲惨」の1言に尽きる訳ですがね。
でも全ては、愛する美月の為!だしね。

最後は報われたんだし、良かったのではないでしょうか。
最後といえば、最終回の美月はポニーテールなんですよね。
何で最後になってこういうコトをやるんだかね…
何で…


後、あの氷室が、あのカトゥに陥落したとか何とか。

DSC09170.jpg
陥落?

コレが1番の「まさか」展開だった。
本当に何でこんなコトに…


さてオマケですが、最終巻だけあってか、実に豊富にあります。
まずはカバー下。
小野寺氏らしい描きおろしにイラストと、るぅの擬人化4コママンガ。

さらに後書きマンガに、「月刊サンデーGX」本誌に掲載された、大石まさる氏と山東ユカ氏の、このマンガへの応援メッセージ&イラストを収録。

そして最終回から5年後の世界を描きおろし。
横地…
アレはアレで幸せなのかな。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
”超時空眼鏡史 メビウスジャンパー”2巻 嬉しい出来事Part.46
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。