い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/05 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/07
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2010/03/21(日) 06:21 コミックレビュー
最近は暑かったり寒かったり、気温が安定しません。
季節の変わり目だからだとは思いますが、昨日は妙に暑かったです。


さて本日紹介するマンガはコチラ。
超時空眼鏡史 メビウスジャンパー
メディアファクトリー刊/小野寺浩二氏


[作品概要]
めがねっ娘は好きか!?
私は大好きだ!

という訳で、何よりもめがねっ娘が大好きな南雲一文字(なぐも・いちもんじ)。
めがねっ娘が大好きな彼は、ある日ふと思った。
メガネを発明したのは誰なのだろうか?と。

今の自分がめがねっ娘を愛していられるのは、発明してくれた人のおかげ。
その人にお礼が言いたい。

メガネの歴史は、そのままめがねっ娘の歴史でもある。
是非愛でたい。

その思いをかなえる為に、タイムマシンを作った。
そして助手の人見硝子(ひとみ・しょうこ)を伴って、メガネの歴史を探る旅に出た!


[過去記事]
1巻紹介


[内容補足と感想とか]
さて前巻で、ジャンヌ・ダルクの末路を見届けた南雲達。
次にやってきたのは15世紀(1455年)のドイツである。
その目的は。

DSC09171.jpg
ぶどう踏み乙女

ワインを造る時の「ぶどう踏み乙女」である。


…が、期待に胸を膨らませてやってきた南雲博士を待ち受けていたのは、「ぶどうしぼり器」が普及し、「ぶどう踏み乙女」はいないという現実であった。
憤慨する南雲博士であったが、代わりにとある人物と出会った。

DSC09172.jpg
ヨハネス・G・グーテンベルク

その人物とは、ヨハネス・G・グーテンベルク。
知っている人もいるかもしれませんが、簡単に説明すると、活版印刷の技術を発明した人です。


活版印刷技術はめがねっ娘とは関係ないだろう!と思っている方。
考えがアマい!

めがねっ娘についてまわるイメージの1つに、知的美人というのがある。
「知」=「本」である。
そう、活版印刷技術というのは、めがねっ娘好きにとっては避けては通れない道なのである。

DSC09173.jpg
めがねっ娘のイメージ

当然、南雲博士はグーテンベルク絶賛するのだが…?


次にやってきたのは16世紀(1520年)のフランス。
この時代は、メガネの歴史にとって、とても重要な発明がなされた時代である。
その発明とは、

近視用メガネ

である。
ソレまでは老眼鏡しかなかったのだ。
メガネの歴史にとって、新たな進歩である。


そしてこの時代に来た時、南雲博士と硝子の関係を決定的に変化させる事件が起こる。
その事件とは。

DSC09174.jpg
暴露

実は、硝子は近眼だった!のである。
何と今までは、コンタクトレンズをしていたのだ。
この事実を知らされた南雲博士は大激怒。
当たり前である。
コンタクトレンズはめがねっ娘好きにとっては天敵であるのだから。

まぁ、硝子にしてみれば、メガネなんぞかけていた日には、南雲博士に何をされるか解ったモノではないのだから、隠すのは当たり前といえば当たり前だが。
事実、硝子が近眼だと知った後の南雲博士の態度は一変しましたからね。


で、何で今になって暴露したのかというと、使い捨てのコンタクトレンズが終わってしまったから。
現代に戻って欲しいという硝子に対し、南雲博士がOKする訳もなく、この時代のメガネを買うコトになったのだった。


DSC09175.jpg
硝子のメガネファッションショー

こうして硝子は、この時点からめがねっ娘に転身するのだった。
モチロン、南雲博士が硝子を見る目は変わり、セクハラ(?)が増え、硝子の苦労は増すコトになるのだが。


さて、先程も書きましたが、めがねっ娘好きにとっての天敵といえば、コンタクトレンズ。
ではココで問題。
そのコンタクトレンズを発明したのは誰でしょう?

答え:レオナルド・ダ・ヴィンチ

DSC09176.jpg
レオナルド・ダ・ヴィンチ

厳密には、コンタクトレンズその物を発明した訳ではなく、原理を考えたダケなのだが。
ともかく、ダ・ヴィンチは、南雲博士にとっては敵であった。
当然、南雲博士としては許せる訳はなく、ダ・ヴィンチを暗殺しにやってきた。

…まぁ、暗殺自体は硝子の「説得」によって思い直し、めがねっ娘の素晴らしさを説くコトによって、コンタクトレンズの原理の考案をやめさせようとするコトになるのだが。

で、実際に会ったダ・ヴィンチは。

DSC09177.jpg
変態?

やはりというか何というか。
かなりの変態であった。

…イロイロと大丈夫か?


でまぁ、ダ・ヴィンチと対決するコトになるのですが、その辺りはご自分の目でお確かめください。


さて、コンタクトレンズの原理を考案したのはダ・ヴィンチですが、では実際にコンタクトレンズを発明したのは誰でしょう?

答え:オーゲン・フィック


ダ・ヴィンチの暗殺に失敗した南雲博士は、今度はフィックを暗殺しにやってきた。

DSC09178.jpg
覚悟

時に19世紀(1887年)のイギリス。
今度の南雲博士は、ホンキである。
硝子の「説得」も効果なし。
南雲博士は、覚悟を持って、フィックのもとへ赴いた。

DSC09179.jpg
修羅

そして、フィックを斬りつけようとした、正にその時。
思いもかけない人物が、そのジャマをした。

DSC09180.jpg
ジャマ

ダ・ヴィンチである。
何故、ダ・ヴィンチがこの時代に?

実は、南雲博士の蛮行をとめようと、硝子がタイムマシンで連れてきたのだった。
もはや、南雲博士をとめられるのはダ・ヴィンチしかいない。


さて、ダ・ヴィンチは、数々の発明を残している。
しかし、原理は考えられているモノの、実際には完成に至らなかったモノも数多い。
その最大の理由は、原理に技術が追いつかなかったから、である。

しかし、時を越え、技術が発達した時代に来た時、その発明は完成をみた。
その結果が。

DSC09181.jpg
重機動兵器

機動兵器であった。
簡単に言えばロボットというコトになるのでしょうか。


この兵器を前に、自分1人では勝ち目がないと悟った南雲博士は、自分も時を越えて助っ人を連れてくる。
その人物というのが。

DSC09182.jpg
ロジャー・ベーコン

ロジャー・ベーコンである。
ロジャー博士というのは、ロボットを発明した人です。
いや、厳密には違いますが、まぁ、詳しくは1巻を見てください。

とにかく、ロジャー博士もロボット兵器を開発する。

DSC09183.jpg
ロボット兵器

まぁ、兵器といっても、実は武器の類は搭載されてはいないのですが。


そして、今ココに!

DSC09184.jpg
ロボット大戦

明らかに、時代背景のおかしいロボット大戦が開幕するのだった!
勝敗の行方は!?
そしてコンタクトレンズは消滅するのか?
続きと結末はご自分の目でお確かめください。

といった辺りで次巻へと続く。


はい、という訳でメガネの歴史を学ぶ、知育マンガの2巻です。
まぁ、知育というのにはかなりの弊害がありますし、こんなマンガ、子供には見せない方がいいと思いますが。

実際にはどうだったのかは知る由もありませんが、グーテンベルクにしろ、ダ・ヴィンチにしろ、フィックにしろ、実在した人物が揃いも揃ってアレ化してますし。
いや、皆さん、熱いといえば熱いのですが…
その方向性が間違っているとしか。
他はまだしも、ダ・ヴィンチなんか完全な変態だし。1番有名なのに。
…本当に大丈夫なんだろうか?


そして2巻の最大の事件といえば、何といっても硝子のめがねっ娘化でしょう。
明らかに、南雲の、硝子に対する態度が変わりましたからね。
主に、セクハラ的な意味で、ですケド。


メガネの歴史では、近視用メガネが発明され、「つる」が出来るトコロまできました。
ほぼ完成されたといってもいいでしょう。
では、南雲博士の旅は終わりなのか?
いいえ、違います。
最後に、日本でのメガネの歴史が残っています。
という訳で、3巻は日本編です。
メガネの真の完成も日本でなされたみたいです。
メガネの歴史、最後まで見届けようではありませんか。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
「コミックヴァルキリー」Vol.22感想 ”スピリチュアルぱらだいす”4巻(最終巻)
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。