い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/09
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2010/04/03(土) 05:29 その他のマンガ
え?閉鎖?何の話です?
夢でも見たんじゃないですか?


という訳で本日は”釣り屋 ナガレ”第56話のレビューです。


[感想バックナンバー]
読みきり版

第1話「釣り姫様」
第2話「ハゼに始まり」
第3話「ホームレス釣り屋」
第4話「天才釣り師」
第5話「ジェット噴射だ!!」
第6話「謎の捕食者(スキッドイーター)」
第7話「伊勢エギVSワラサヤエン」
第8話「決戦!!オオアカイカ」
第9話「イカ祭り!!」
第10話「少年たちの終わらない夜」
第11話「二人のスズキ」
第12話「養老川のアユ1」
第13話「養老川のアユ2」
第14話「養老川のアユ3」
第15話「ヒラメの憂鬱」
第16話「海の弾丸 カツオ1 ―再会―」
第17話「海の弾丸 カツオ2 ―出航―」
第18話「海の弾丸 カツオ3 ―船上―」
第19話「海の弾丸 カツオ4 ―水沈―」
第20話「海の弾丸 カツオ5 ―台風―」
第21話「海の弾丸 カツオ6 ―鳥山―」
第22話「海の弾丸 カツオ7 ―快釣―」
第23話「海の弾丸 カツオ8 ―気配―」
第24話「海の弾丸 カツオ9 ―衝撃―」
第25話「海の弾丸 カツオ10 ―白刃―」
第26話「海の弾丸 カツオ11 ―晩餐―」
第27話「先生、あのね」
第28話「シロギスの心1 ―勝負―」
第29話「シロギスの心2 ―V字―」
第30話「シロギスの心3 ―接戦―」
第31話「シロギスの心4 ―決着―」
第32話「鮎娘1 ―金鮎―」
第33話「鮎娘2 ―鮎竿―」
第34話「鮎娘3 ―開眼―」
第35話「鮎娘4 ―一生―」
第36話「おかえり」
第37話「金色の主1 ―出発―」
第38話「金色の主2 ―接触―」
第39話「金色の主3 ―目撃―」
第40話「金色の主4 ―正体―」
第41話「金色の主5 ―金鯰―」
第42話「金色の主5(6?) ―創意―」
第43話「金色の主6 ―ヘリ―」
第44話「金色の主7 ―散弾―」
第45話「金色の主8 ―我慢―」
第46話「金色の主9 ―生殺―」
第47話「泳ぐ宝石1 ―釣り具屋さんへ行こう!―」
第48話「泳ぐ宝石2 ―管釣りへ行こう!―」
第49話「泳ぐ宝石3 ―リベンジしよう!―」
第50話「泳ぐ宝石4 ―友達になろう!―」
第51話「夜の盗賊団」
第52話「夜を往け」
第53話「野良猫の唄」
第54話「男の戦い」
第55話「男(バカ)」

番外編.1「懐かしい年への手紙」
番外編.2「命の別名」
番外編.3「その男 ナガレ」
番外編.4「ススムとナミオの男の休日♪」

単行本1巻紹介
単行本2巻紹介
単行本3巻紹介
単行本4巻紹介
単行本5巻紹介


[前回のあらすじ]
波夫さん、全裸昇天!


[今回のストーリー]
さて今回の釣りはワカサギです。
コトの始まりは、お嬢様と金髪ちゃんとの会話から。

DSC09226.jpg
会話

っていうか、この2人は、2人きりで昼食なのか。
金髪ちゃんは留学生なんだし、周りにもっと人がいそうな気もしないでもないのだが…

まぁ、とりあえず、こうして冬休みに一緒にワカサギ釣りに行くコトとなった。
さらにお嬢様は抜け目なく。

DSC09227.jpg
連絡

冬休みだからというコトで、氷馬達も誘ったのだった。
カモフラージュの為に、聖使徒園のメンバーを全員誘う辺りが、実に策士。
加えて言うなら、経費は全部、お嬢様もち。

DSC09228.jpg
会議

こうして皆での旅行が決まった。
しかし、めがね1号は就職先の研修の為、縞シャツはネコの世話の為、残るコトになった。


さて、ワカサギ釣りの舞台となるのは群馬の赤木湖。

DSC09229.jpg
赤木湖

湖全面が凍りに覆われている氷結湖である。

ちなみに、赤城湖までの移動は、砂原さん運転の軽バス?だったのだが、お嬢様は当然の如く氷馬の隣に座っているのだった。

DSC09230.jpg


おデコちゃんは、こんなトコロでお嬢様に負けている場合じゃないと思います。


さて到着し、早速場所を決め、準備をする氷馬。

DSC09231.jpg
準備開始

おそらくは初めてだろうに、氷馬は実に手際よく準備をススめていく。
こうして釣り開始となった。

DSC09232.jpg
釣り開始


さて、1番初めにヒットしたのは、おデコちゃんだった。

DSC09233.jpg
ヒット

続いて、めがね2号、坊主にもヒットがある。

DSC09234.jpg
順調

肝心の氷馬はというと。
ハリ7本での釣りなので、魚が最大にかかってから釣り上げようと、機をみていたのだ。
そして。

DSC09235.jpg
5匹釣り

5匹を1度に釣り上げた。
しかし、上には上があった。

DSC09236.jpg
パーフェクト

金髪ちゃんは7匹釣り上げたのだった。
氷馬と金髪ちゃんのプライドを賭けた勝負が始まる…?

といった辺りで次回へと続く。


[感想とか]
はい、という訳で今回からワカサギ編です。
誰が挑戦するのかと思いましたが、ほぼフルメンバーでした。
お嬢様は、いくら氷馬に会いたいからって、聖使徒園のメンバーを全員招待するのはやりすぎだと思います。
ココは素直に、金髪ちゃんと2人でキャッキャウフフしていれば良いと思います。


さて、このまま単にワカサギを釣ってお終いっていうんじゃ面白くない。
そもそも、ワカサギ釣りって、場所決めがほぼ全てっていう感じだし。釣りの工夫っていうのはあまりない様な…
やはり何かが起こらなければ。
そうなると考えられるのは、氷馬と金髪ちゃんとの勝負というコトになるのだろうか?
勝利の賞品はお嬢様ですか?
いや、ココは負けたら勝った方の言うコトを聞く的なアレかも。

金髪ちゃんは、氷馬とお嬢様の関係に何やら思うトコロがあるみたいなので、何かをしでかしてくれそうなのが楽しみである。
その辺りと、釣りをからめてきそうな気がするんですよね。


聖使徒園のメンバーは、氷馬と坊主以外は釣りは初めてなんじゃないのか?
今回、おデコちゃんがワカサギ釣りに成功していたのだが、恒例のアレはないのかね、と。
いや、別に見たい訳ではないんですよ…?
たださぁ、ほら、このマンガの人気を考えた時にさ、そういうのをやっておいた方がいいんじゃないかと思ってね。
ソレともアレか?
ワカサギを食べた時の為に温存ですか?
そういえば、ワカサギの味を気にしている人がいた様な…
ワカサギのテンプラは美味しいですし、その可能性もありえますね。
個人的にはそろそろ、飴ねーちゃんでやって欲しい訳ですが、今回は金髪ちゃんでもいいですよ。
え?めがね2号?そんなのどーでもいいよ、どーでも。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
”学校菜園おけらば”3巻(最終巻) 「ヤングアニマルあいらんど」no.11感想
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。