い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/04 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/06
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2010/04/20(火) 12:05 ヤンチャン烈
お約束の発売日目前更新です。
目前ドコロか、既に次号発売してますね…


という訳で本日は「ヤングチャンピオン烈」No.4(Vol.26)の感想です。


[青春ポップ!]
おいおいおいおい、扉ページからトバしてくれるじゃないか!
コレは素晴らしい絵だ。

そして本編は巨乳図書委員とのデート。
もうね、素晴らしいの1言に尽きる。
待ち合わせ場所に早く来すぎるのも、会話が続かないのも、コッチまで緊張しそうなくらいのドキドキ感も、その全てが初々しくて良い。
だが、そんなのは、映画館での出来事に比べたらチリも同然。
怖がる巨乳図書委員も良い。抱きつく巨乳図書委員も良い。手をつなぐシーンなんか本当に素晴らしい。
だが、やはり1番は居眠りシーンでしょう。
あのシーンこそ、今回の話で最高の場面であり、全ての集約点だと思う。

いや~、しかし、本当に丁寧に描いてあるよね。
特にあの、手をつなぐシーンの丁寧さが芸術的。
妙なエロス感もあるし。
いや、もう、ホント、初デートの雰囲気が実に良く出ていると思う。
コレ程のデートシーンなんか、なかなか拝めませんよ!

そして次回へのヒキがまた巧すぎます。
コレは、次回が楽しみすぎます。


[メイデン/エイド]
幼馴染か憧れの先輩か。
ソレが問題だ。
まぁ、ココは1つ、3○でいこうじゃないか。

しかし、2人ともノーブラなの?
ちゃんとぱんつは描かれているのに。
いや、幼馴染は必要ないのかもしれないから別にいのだが、先輩の方はどうなんだろう?


[まじらぼ]
ワザワザ回収に来たのに、何で宅配便で送るんだ?
その方が手間だろうに。
単なる報復としか。

白鳥水着にしろ、カチコチ氷にしろ、何かを暗喩しているとしか思えない私は、もう手遅れなのかもしれん。


[trash.]
冒頭のゴミ共はサッサ死ねばいいね。
かなり苦しむ方法で死ねばいいのに。

さて謎の子供の方だが。
ヤバい上に、怪しげな薬の投与でどうなるのかな?


山本氏は自分のキャラに愛着がなく、直ぐに顔やら名前やら忘れるらしいのですが、愛着がないから直ぐに死ぬのだろうか?


[らぶゆ!]
青木さん化にならない様で。
いや、もしかしたらその布石なのか?
所謂「おかず」がなかったコトに関しては、どう思っているのだろう?
ソコまで詳しくは見ていないのかもしれないが。


[鬱ごはん]
いやさ、言いたいコトは解らんでもないがさ。
確かに面白くはあるんだがさ。
本当にタイトルどおりの内容だからなぁ。
メシがマズくなるから、早々に打ち切られてくれんかね?


[白パイ7]
またしても変態女が…
…っていうか、つられてなのか、美香さんも変態度がアップしてない?


[NIGHTMARE MAKER (ナイトメアメーカー)]
久々に茅野先生が登場したというのに…
エロいのはいいのですが、こういうエロさではなくてですね…
まぁ、もう遅いか。

渡会さんは、自分の家で内田の夢を受信しているのかと思ったのだが、違った様だ。
しかし、もっと恐ろしいコトを企んでいる様子で。
灯明がピンチすぎる。


[リプレイ!]
あんまり面白くないなー。
という感想しかない。


[しゃけカン!]
え?中身が成人男子?
ウソこけ!
本当だったら、この状況は喜んでしかるべきじゃないのか?
まさか、年上(要するに熟女)好きなのか?ソレともまさか、ホ○なのか?

まぁ、アレだ。
記憶を持ったままで子供に戻れたのなら、その状況は喜びこそすれ、悲観する様なモノではないと思うんだ。
楽しく人生をやり直していればいいじゃないか。
ムシロ、羨ましいわ!


[学徒のベクトル]
いやー、コレはアウトだろう。
…もしかして、入れる前だったのかな?

トコロでお兄さんはどの辺りから目を覚ましていたんで?
拭いた辺りからか?


[三日月が笑ってる]
話は面白いと思う。
相変わらず絵が好きになれないケド。

そしてエロいとも思う。
絵が好きになれないけれども。

黒い服の時はノーブラって…
つまりは、学校で教壇に立っていた時もノーブラってコトか!?
かなりのアブノーマルマンガになりそうな気がする…
…っていうか、最後の展開の時点で、既にアブノーマルか。

そういえば、黒い服ってコトは、冠婚葬祭も…
ってコト!?


[お気に召すままご主人サマ]
課長はいつでも冷静だなー。
内心、動揺している…
…のかな?
していなくても驚かないよ、私は。
しかし、公博の元に新たなメイドが増えていて、しかもリンと違って、公博とヤりそうなのに、動揺なしっていうのは考えられないのだがなぁ。
どうなんだろう?
まぁ、その辺りが、スタンガンに表れたのかもしれないが。

課長は手ばかりではなく、口とか胸とか使うべきだと思うんだ。
まぁ、リンがいたから自重した…、のかもしれませんが、ソレにしたってねぇ。
いやいや、ココは前向きに、公博が気絶していたから、手のみですませたと考えておこうか?

そして収まるところに収まったっていう感じかな。
流石はナチュラル・ドS。


[ヴォイニッチホテル]
相変わらずエレナがカワイイ。

周りが何やら動き出しているみたいだが…
ソレが本格的に表面化するのはいつになるのやら。


[A.C.D.C.2]
別に、噛まれるのは、そーいうプレイだと思えばアリなんじゃないかと…
2人ともMの素質はないってコトか?
コレで目覚めたら面白かったのに。


[壊神のカタストロフィ]
まぁ、何というか、巨大な敵に立ち向かう女の子のアクションがやりたい!
っていうのが伝わってくるマンガだ。
爽快感があって、実に良いマンガだ。

この女の子の髪型は、ダブルポニーテールとでもいえばいいのだろうか。
倍でお得なポニーテールです。
アクションシーンで実に躍動していてイイ感じです。
やっぱ、アクションマンガの女の子主人公はポニーテールだよね。


[次回予告他]
岸里さとし氏、熊谷カズヒロ氏、吉沢潤一氏が、それぞれ読みきりで登場。
前2者は期待したいし、楽しみなのですが、1番最後はどーでもいい。
何せ、本編がまるで面白くなかったので、既に読むのをやめている状態ですので。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
”美少女いんぱら!”第93話 「サンデーGX」4月号感想
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。