い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2020/03 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2020/05
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
2006/06/01(木) 04:15 その他のマンガ
えー、ココ最近で”げんしけん””Happy World!””DEATH NOTE”と私の好きな作品がたてつづけに最終回を迎えています。
この他にもいくつか終わっており、ちょっとガッカリ気味なのですが、終わる作品があれば始まる作品もあるというコトです。
そんな訳で今回は私の注目の新連載を紹介しようかと思います。
それが「ガンガンWING」7月号から開始の”東京☆イノセント”です。
作者の鳴見なる氏は以前に読みきりを描いています。
その時の感想はこちらで。

そーいえばこの号で”まほらば”も最終回ですがどーでもいいです。

いや、そんなコトはないケド、個人的には”ワンダフルワールド”最終回の方がショックなので。


[あらすじ]
妖怪・白狐の住む島。妖怪の数が減っていて種族の滅亡の危機を迎えていた。
白狐の若者・半蔵は嫁を探すという任を受ける。
条件は「強く、美しく、働き者で心優しい」コト。
そして東京に向かう半蔵。

一方、東京で暮らす一条寺メイ。16歳になったばかり。
一条寺家の娘は16歳になると物憑き体質になるという因果があった。
 
そんな2人の出会いから始まる物語。

[感想]
さてとりあえず、何でこのマンガが私の注目作なのかと言うと、鳴見氏の描く女の子がカワイイから。なんつーか、物凄いツボなんですよね。

まあ、設定自体はとりたててどーこー言うような、奇抜なモノではないし、独自性に乏しい感は否定しません。
でも、そんな中に鳴見氏のセンスがひかる展開は見受けられるかな、と。

世間知らずな半蔵と、カワイさ満点のメイのドタバタラブコメです。
とりあえずメイの姉の涼子はイイ味だしてるキャラです。要チェック。

今後の展開としては、妖怪とのバトルにはならない方がいいかもと思いつつ、どういう風に妖怪が絡んでくるのかがキモかなぁ、と。
あ、でも今回の様にバトル自体が半ばギャグで、あまりシリアスになりすぎなければそれもアリですかね。


私のつまらない文を読んでいただき有難うございます。
コメント:2   トラックバック:0
”LIAR GAME”の「リストラゲーム」の考察 ”ミステリート(PS2版)”第四話感想
コメント一覧
SOULEATERファン
SOULEATERのハナシをしてほしいです
URL 【 2009/01/07 10:34 】 編集
名無しG
>SOULEATERファンさんコメント有難うございます
重複コメントは削除させていただきました
ご了承お願いいたします

申し訳ないのですが
そのマンガは読んでいないので何の話も出来ません…
URL 【 2009/01/08 04:39 】 編集
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する