い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/04 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/06
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2010/06/05(土) 05:39 コミックレビュー
そういえば、そろそろサッカーのワールドカップが始まるらしいですね。
あまり興味はないので、どーでもいのですが。
日本は1勝くらいは出来そうなんでしょうか?


さて本日紹介するマンガはコチラ。
イケてる2人
少年画報社刊/佐野タカシ氏


[作品概要]
クールな美少女・小泉明と、小泉明命!の佐次京介。
そんな2人を中心に繰り広げられる青春白書。
ちょっとエッチなラブコメディー。
そんなマンガです。


[当ブログの過去記事]
23巻紹介
24巻紹介
25巻紹介
26巻紹介
27巻紹介
28巻紹介
29巻紹介
30巻紹介
31巻紹介


[内容補足と感想とか]
という訳で、前巻で3年に進級した佐次達。
3年に進級し、終わりも近づいてくると、佐次達ばかりではなく、その周りにも変化が訪れる訳で。
え?まとめにはいっている?
そういう話は、あまりしないでおきましょうよ。

さてさて、佐次ラブ一直線の女装少年、桜井。
そんな桜井にも、心の変化が訪れます。
かねてからウワサになっていた、龍虎との関係。
その関係が、夏のプールでイッキに近づきます。

DSC09562.jpg
プールにて

そして、その後、何と、「男らしく」桜井の方から龍虎に告白を!

DSC09568.jpg
告白

こうして2人は、めでたく、正式なカップルになったのでした。
見た目や役割はアレかもしれませんが、この2人なら大丈夫でしょう。


さて、小泉住んでいるのマンションに引っ越してきた田口夕美(たぐち・ゆみ)と名乗る女性と仲良くなった小泉。

DSC09563.jpg
田口夕美

さて、この夕美さん。
何を隠そう、新婚ホヤホヤの人妻さんなのだった。

DSC09564.jpg
人妻

そんな人妻のノロケ話を聞かされ、ラブラブオーラにあてられた小泉は、コトもあろうに、自分の新婚姿を妄想してしまう。

DSC09565.jpg
妄想

相手は、当然ながら、佐次である。
こういう妄想は、佐次の専売特許なのかと思っていましたが、うんうん、そうか、小泉もそんなレベルにまで成長したのか。うんうん。


さて、実はこの夕美さん。
人には言えないヒミツがあったのだ!
実は、夕美さんの実家はかなりの資産家。
そしてこの結婚は、周囲に望まれるモノではなく、要するにかけおち婚だったのだ。
実家に居場所がバレてしまった夕美さんは、小泉に挨拶する間もなく、夜逃げ。

DSC09566.jpg
書置き

こうして夕美さんは小泉の前から姿を消した。


このエピソードで問題なのは、夕美さん云々ではない。
夕美さんの境遇は、誰かに似ていないだろうか。
そう、他ならぬ小泉自信である。
自分は幸せになる。
そ想いは強いのだが、自分と似た境遇の夕美さんのコトが頭から離れない小泉。
もしかしたら、自分もいずれはあーなるかもしれない。
そう思うと、つい、佐次から逃げてしまうのだった。

DSC09567.jpg
逃げる

まぁ、この後、ソレを乗り越えて、より一層絆が深まった様な、そうでない様な…
要するに、続きと結末はご自分の目でお確かめくださいね、と。


3年になったら時がススむのは早い。
いや、厳密には2年の時も早かったのだ。リピート時空だったダケで。
ソレはさておき、高校最後の冬休みがやってきました。
佐次達は、ちょっと早めの卒業旅行にくりだします。

DSC09569.jpg
卒業旅行

舞台は雪山、銀世界です。
スノーボードで遊ぶ面々。
泊まる場所は、山奥にヒッソリと建っている貸切山荘。
交通手段はロープウェイのみという、完全に孤立した場所な訳ですが、もう予想出来ましたでしょうか。

そう、マンガのお約束として、その夜に吹雪になり、ロープウェイはストップ。
完全に取り残されました。
加えて言うなら、他の面々が買出し中の出来事だった為、山荘に残されたのは佐次と小泉の2人きりです。

DSC09570.jpg
2人きり

佐次と小泉が2人きり。
電話は通じず、吹雪で救助もままならず。
そんな状況で、何もない訳がない!

という訳で、その何かが起こってしまいました。

DSC09571.jpg
事件発生



……

…何というか、こう、もっとオイロケ的な…、ねぇ。


実はこの山荘。
佐次達が借りられたダケあって、いわくがあったのだ。
何でも、建てる時に沼を埋め立てたらしいのだが、その沼地には大蛇が住んでいたらしい。
その後、山荘の完成後、持ち主は急死。その後、何度か持ち主が代わるも、皆、発狂したとか何とか。
そんなこんなで大蛇の呪いと恐れられているのだそうだ。

もうお解りですね。
要するに佐次は、大蛇にとり憑かれてしまったのだ。
そしてその毒牙は、小泉へと向けられ…?

佐次は小泉を救えるのか?
いや、もしくはその逆か?
続きと結末はご自分の目でお確かめください。

といった辺りで次巻へと続く。


はい、という訳で32巻です。
この巻では、桜井と龍虎がカップルになってしまいました。
誰です?余りモノカップルなんて言っている人は。
いや、確かにそうではあるのだろけれども。
桜井の問題を解決するのに、1番てっとり早い方法ではあったのかもしれないけれども。
この2人の関係は、かなり前からあったモノで、この巻で急にカップルになった訳ではないですからね。
見た目はアレかもしれませんが、巧くやっていくのではないでしょうか。


そして卒業旅行。
この単語が出たからには、3年ではループせずに円満終了するのでしょう。
円満かどうかは知りませんが。
いや、本当は既に知っていますが、ソレはまぁ、言わない方向で。
夕美さんのコトにしろ、卒業旅行のコトにしろ、ココまできたら深まる仲などたかが知れている訳で、まぁ、総仕上げ的な意味合いがあるのだろう。


さて、実は同作者の別作品”あげきす”の2巻にこのマンガの番外編が収録されている。

[あげきす]2巻
あげきす
少年画報社刊/佐野タカシ氏/全2巻


舞台は、今よりも少し未来。
社会人になった佐次達が描かれているのである。

DSC09572.jpg
社会人編

最終回を前にして、ある意味ネタバレともいえる番外編です。
何せ、卒業したらアメリカに行くコトになっている小泉が…
いやいや、その辺りはご自分の目で確かめていただきましょうか。
甘糟や蟻賀瀬、浦和や桑原も、それぞれのみちを歩んでいるし。
いや~、相変わらず蟻賀瀬は素晴らしい。

こういうマンガにありがちな、夢オチでもないからなぁ。
本当に、何でこのマンガが最終巻に収録されていないのかが不思議なくらいです。
おかげで、1巻を買っていないマンガの2巻を買ってしまいました。
そのうち1巻も買う予定です。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
”釣り屋 ナガレ”第64話「龍馬が来た!」 「チャンピオンREDいちご」Vol.19感想
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。