い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2006/01 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2006/02
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2010/06/08(火) 04:42 コミックレビュー
”ドラクエ6”ですが、はぐれメタルが仲間になりません。
根気が必要というのは解っているのですが、そろそろ心が折れそうです。



さて本日紹介するマンガはコチラ。
ベクター・ケースファイル 稲穂の昆虫記
秋田書店刊/原作:藤見泰高氏/作画:カミムラ晋作氏


[作品概要]
大都会の死角や部屋の片隅で、昆虫達の脅威は広がっている。
昆虫のコトなら何でもお任せの女子高生・榎稲穂。
昆虫がらみのトラブルを解決します!
そんなお話。


[参考記事]
1巻紹介
2巻紹介
3巻紹介
4巻紹介
5巻紹介
6巻紹介
7巻紹介
8巻紹介


[内容補足と感想とか]
さて今巻最初の事件はゴキブリです。

中華料理店をやっているあずさの家。
稲穂は、たびたびココで食事をするのだが、その日もやっぱり食事をしていた。
ソコにやってきた、この店の常連客。
その客は、口周りにケガをしていた。
何でも、異常に大きいゴキブリに襲われたのだという。

DSC09590.jpg
大きいゴキブリ

ちなみに、一般的にゴキブリといったら、だいたい30mmくらいである。
稲穂は、興味を持ち、調査を開始するが…?


さて、軽音部の八重子。
八重子はミーハーである。
雑誌で美味しいと評判のお店が紹介されれば、行きたくなるのである。
今回も、雑誌で紹介されたピザ屋に行くコトになった。

DSC09591.jpg
ミーハー

ちなみに、やはりというか何というか、稲穂はピザを食べたコトはなかった。
あずさと、のり気ではない稲穂をムリヤリ連れてピザ屋にやってきた八重子。
評判になっているダケあって、かなりの行列になっていた。
人混みがキライな稲穂が、より一層帰りたくなったのは言うまでもない。

1時間程並んで、ようやく店内に入れた稲穂達。
評判になっているダケあって、稲穂も満足のお味であった。

DSC09592.jpg
満足

特に、使ってあるチーズが美味しいらしい。
稲穂は、そのチーズに心当たりがある様だった。

DSC09593.jpg
ダニチーズ

実は、そのチーズはダニを使って熟成してあるのだという。
しかし、この稲穂の発言が、このピザ屋に悲劇をもらたすコトに…?


稲穂が住む街で、鳥インフルエンザが発生してしまった。

DSC09594.jpg
鳥インフルエンザ

鳥インフルエンザというか、鳥が多数死亡していたり弱っているので、確定ではないが濃厚という感じなのだが。
近隣住民の飼い鳥も、調査の為に衛生局に連れて行かれてしまった。
当然、鳥インフルエンザなら、待っているのは死である。
仕方のないコトではあるのだが…
子供では納得の出来ないのも、また事実だった。

そんな訳で、仲の良い子供に、鳥を助けて欲しいとお願いされてしまった稲穂。
しかし、稲穂はウイルスのコトはあまり知らなかったので、そんなに役にはたたなかった。
せいぜいが、一般的な予防法を教えるくらいだった。

そんな稲穂であったが、今回の騒動に疑問を感じ始める。

DSC09595.jpg
疑問

今回の騒動で、鳥が死亡しているのは、かなり狭い範囲でしかなかったのだ。
その状況を見た稲穂は、原因は別にあるのではと思い始めたのだ。
そして調査にのりだすが…?


さて現在、外来の生物が違法に野に放たれ、問題になっている。
多くは飼っていたモノが、様々な理由によって飼えなくなって、そのまま捨ててしまう為に起こっている。
本来、日本にいない生物である為に、天敵がいない場合もあり、そうなるとヘタをすれば生態系が壊れてしまう危険がある。
そしてこの問題は、ムシの世界といえども例外ではなかった。

という訳で、稲穂の住んでいる街でも起こってしまいました。

DSC09596.jpg
外来昆虫

外国の昆虫が、発見されたのです。
しかも、このリオックというムシは、ちょっと…、というかかなり危険なムシだったのだ。
インドネシアに生息する大型の肉食コオロギで、場合によっては小動物を襲うコトすらある。
当然、日本の昆虫で敵になりそうなモノはないので、簡単に生態系は崩壊する。

リオックの存在を知った稲穂の決断は…?


まず表紙。
毎巻毎巻、おおよそ内容とはかけ離れすぎな、実に買いにくい表紙ばかりだったのですが、今巻は比較的マイルドな感じですね。
まぁ、その分、マニアック度が上がっているという感じがしないでもないですが。
でもまぁ、今までに比べたら断然買いやすいですよー。
この機会に、まとめて買ってしまいましょう!次巻で最後らしいし。


さて、今巻では、再びゴキブリが登場。
私はそうでもないのですが、元からゴキブリがキライな人は、より一層キライになるコトうけあい。
沖縄には住めなくなります。行けなくなります。たぶん。
読まない方が賢明です。


リオックの回は、稲穂にとってつらい話。
久々にニーナ様も登場します。相変わらずです。
でも、今巻で唯一エロいのが、この話のニーナ様です。具体的に言うと全裸。オールヌード。
相変わらず、ハラグーローの真っ黒黒なんですが。
ニーナ様の配下っぽかった初音さんも、スッカリ稲穂に陥落してしまったみたいなので、ラスボスとして登場するのでしょうか。
う~ん、どうなんでしょう。次巻まちというコトですね。


[オマケに関して]
巻頭カラーマンガは、稲穂の夏休みの過ごし方。
カラーなのにエロ分が足りない。まさかのオイロケゼロ。
ただし、中表紙のカラーイラストは微妙にエロい。
というか、素直にコレを表紙にしておけばいいモノを…
コッチの方が、いつもの表紙っぽい。


巻末オマケマンガは、ワキフェチに目覚めた八重子です。

DSC09597.jpg
ワキフェチ

うん、まぁ…
1部、内容と違うコトもあるかもしれませんが、大したコトではありませんよね。
気にしてはいけません。


恒例の補足ムシちく!は、より一層、ゴキブリがキライになる話。
作者すらも恐れる、ワモンゴキブリの恐怖をとくと見よ!
本当にキライな方は、見ない方が良いと思いますが。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
「ヤングチャンピオン烈」No.6(Vol.28)感想 ”釣り屋 ナガレ”第64話「龍馬が来た!」
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。