い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/05 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/07
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2010/06/11(金) 11:02 その他のマンガ
7連敗で交流戦最下位に転落。
気がつけば、定位置目前。
まぁ、6月にはいっても定位置じゃなかたのは認めるが…
この連敗、ドコまで続くのかなー?

あぁ、何の話かは、言わなくても解りますよね。


さて本日は「スーパージャンプ」No.13掲載の”現代都市妖鬼考 霊媒師いずな”40話のレビューです。


[感想バックナンバー]
第1話
第2話
第3話(前半部分)
後半部分は…。当ブログではノータッチで。
第4話
第5話
第6話
第7話
第8話
第9話
第10話
第11話
第12話
第13話
第14話
第15話
第16話
第17話
第18話
第19話
第20話
第21話
第22話
第23話
第24話
第25話
第26話
第27話
第28話
第29話
第30話
第31話
第32話
第33話
第34話
第35話
第36話
第37話
第38話
第39話

単行本1巻紹介
単行本2巻紹介
単行本3巻紹介
単行本4巻紹介
単行本5巻紹介


[ストーリーと感想とか]
さて今回のゲストはサラリーマン。

DSC09598.jpg
今回のゲスト

島田(しまだ)さん。
どうやら、かなりお疲れの様子で、仕事中につい眠ってしまった様子。


さて、そんな島田さん。
どうやら家でも仕事をしているらしく、必要な書類が家にあるとのコト。

DSC09599.jpg
家に書類

そんな訳で、家に帰るコトになりました。

実は、島田さんは家に帰るのは久しぶりのコトだった。

DSC09600.jpg
久しぶり

仕事が忙しく、家に帰れずにカプセルホテルやネットカフェで寝るコトも多かったのだ。
最近は、そういうコトが多くなっていた。


そんな訳で久しぶりに家に帰るのだが…

DSC09601.jpg
迷う

久しぶりだからか、道に迷ってしまった。
いくら家を捜しても、一向に見つからない。

DSC09603.jpg
迷子

捜して、捜して、そうしてたどり着いたのは、怪しげなカッコウをした女性のもとだった。

DSC09604.jpg
いずな

その怪しげな女性は、いずなだと名乗った。


はい、という訳でいずなおねーさんの登場です。
島田さんは、自分がおかれている状況を説明すると、ソレは妖怪の仕業だと言った。

DSC09605.jpg
妖怪

野衾(のぶすま)。
簡単に言えば、道に迷わせる妖怪である。


さて、いずなが言うには、島田さんは本心では家に帰りたくないと思っている様なのだ。
野衾は、その心にとり憑いて、家に帰れなくしているのだという。

仕事の忙しさにかまけている島田さんは、家庭を顧みていないので、家族とうまくいっていないらしい。

DSC09606.jpg
疎外感

そんな訳で、家に帰るのがつらいみたい。


さて、除霊が始まるのだが、その方法というのが。

DSC09607.jpg
除霊開始

いずなについていくコトだった。
簡単なコトの様だが、簡単ではなかった。
家に帰したくない妖怪は、幻覚でソレをジャマするのだった。

DSC09608.jpg
幻覚

除霊は成功するのか!?
そして島田さんは無事に帰れるのか!?
続きと結末はご自分の目でお確かめください。


はい、という訳で今回は家に帰れなくなる話です。
今回、カラーページがついているのですが、そのカラーでオッサンの寝顔を描くという暴挙をやらかしています。
扉ページのいずなも、いつもよりオイロケ分が足りていないし…、ドコロかオイロケ要素ゼロですね。
なので、完全にカラーのムダづかいです。
何なんだよ、コレは…


付け加えて言うと、今回はオイロケ描写ゼロです。
いずなのエロピンチもありませんし、ゲストはオッサンだし。
もうね、読者が何を期待しているのかと問い詰めたい。
まぁ、話は面白かったからいいんですケドね。
せめて、風呂に入ったら先に娘が入っていたくらいのコトはやってくれても…
もしくは、幻覚のトコロで、オイロケ攻撃で惑わせるくらいは…


さて次回は7/14発売予定の「スーパージャンプ」No.15に掲載予定です。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
”美少女いんぱら!”第97話 「サンデーGX」6月号感想
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。