い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/03 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/05
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2010/06/27(日) 04:44 コミックレビュー
なんかだんだんと暑くなってきてます。
暑いのが苦手な私としてはツラい季節です。


さて本日紹介するマンガはコチラ。
てるてる天神通り
角川書店刊/児玉樹氏


[作品概要]
日の丸町の天神通り商店街。
遠くの進学校に通っていたが、大学受験に失敗し、6年ぶりに帰ってきた幸村天志(ゆきむら・たかし)は、イキナリ町内会長に任命されてしまう。
しかも、この町の町内会長の証であるバッジを着けると、なんと「福の神」の姿が見え、神通力も使えてしまうのだった。
こうして町内会の平和を守る為に奮闘する日々が幕を開けた…


[参考記事]
1巻紹介
2巻紹介
3巻紹介


[内容補足と感想とか]
さて、何かと騒動を巻き起こすツンデレの五十鈴お嬢様。
今回思いついたのは…

DSC09726.jpg
思いつき

バレンタインデーに天志へチョコを贈って、メロメロにしてしまおう作戦です。
ちなみに五十鈴お嬢様は、自分の気持ちが恋心だというコトには気づいていません。
さらに、この作戦自体、八雲に誘導されて思いついた作戦であり、天志を掌で躍らせる前に、自分が八雲の掌で踊っています。

まぁ、いきさつはともかく、こうして天志にチョコを贈るコトになった五十鈴お嬢様。
しかし、ツンデレなので素直に渡せる訳はありませんでした。

DSC09727.jpg
渡せない

その上、天志は立場上のコトもあり、けっこうたくさんチョコを貰っているのだった。
そんな天志を見てしまった五十鈴お嬢様は、余計に渡せなくなっていく…

…で、何だかんだがあって、何故だか。

DSC09728.jpg
手作り

御菓子一緒にチョコを作るコトになっていた。
何故こうなったのかはご自分の目で確認していただくとして、ちゃんとチョコが渡せるのかどうかも、やっぱりご自分の目でお確かめくださいネ。


さて、この巻には他に。

DSC09729.jpg
縁結びの神

縁結びの神が登場。
草輔に助けられた恩返しというコトで、冬子との縁を結ぼうとする話。


DSC09730.jpg
スキャンダル

頼子さんに恋人が出来たというウワサを聞いた天志。
そのウワサを確かめるコトに…?


さらには、皆で海水浴に行く話。

DSC09731.jpg
水着

この話では、当然ながら頼子さんの水着が素晴らしい訳です。
水着も素晴らしいのですが、水着着用時の頼子さんはポニーテールになるという完璧ぶりです。
ついでに御菓子もポニーテールです。
素晴らしいです。
ずっと海で泳いでいればいいと思います。

さらに、五十鈴お嬢様と八雲も加わって、さらに華やかに。
ちなみに草輔は参加していないので、男は天志1人というハーレム状態。
羨ましい…


そしてこの巻のメインともいうべき話。

DSC09732.jpg
親子喧嘩

今日も今日とて、朝から親子喧嘩を始める幸村親子。
ちなみに今回のケンカの内容は、御菓子との関係についてである。
要するに天志がオクテすぎるコトに対するハッパ的なアレです。

さて、そんなケンカの内容を、隣の時計店の店主に聞かれてしまいました。
大声で言い合いしているのだから、当然といえば当然。
もう片方の隣である御菓子は、父親の機転でミミセンをしていたので聞いていなかった様ですが。

DSC09733.jpg
時計店店主

さて、この時計店だが、実はヒミツがあった。
この時計店の地下には、「時神」が住んでいたのだ。

DSC09734.jpg
時神

時神というのは、その名のとおり、時の流れを司る神。
そして天志は、時神に導かれて、過去に行くコトになってしまいました。

DSC09735.jpg
時間旅行

やってきたのは、24~5年程前の天神通り。
ソコで天志は、若かりし頃の両親に出会う。

DSC09736.jpg
幸村(父)


DSC09737.jpg
幸村(母)

ちなみに母親の旧姓は大友というみたいです。名前は鈴花(すずか)。


そして、現代では既にお亡くなりになっている御菓子の母親も登場。

DSC09738.jpg
御菓子の母親

名前は和菓子(わかこ)さん。


さて、天志は両親が結婚して生まれた子供なので、当然、巌(いわお・父親の名前)と鈴花がカップルになっている…
…のかと思いきや。

DSC09739.jpg
歴史改変?

何と、巌が好きなのは和菓子の方?
歴史改変?天志の存在大ピンチ!?
両親の恋物語の結末はご自分の目でお確かめください。


はい、という訳で、このマンガも4巻目です。
4巻では、五十鈴お嬢様の出番が多くて嬉しいのです。
水着姿まで披露してくれましたしねー。

水着といえば、頼子さんの水着姿は良かった。
1巻の時もミスコンで水着姿を披露していましたが。
だが、今回はずーっと水着。1話をとおして水着。セクシー日焼け止めクリーム塗りイベントなんかも…
何よりもポニーテールなのが良い。

そんな頼子さんに、恋人疑惑が!
うん、まぁ…
アレだな、ちょっと表に出ろや!


さて天志の両親の恋物語ですが、アレは実にイイですねー。
特に鈴花が良い。
何せポニーテールだし。



……

やっぱりソコかよ!と思った方。
やっぱりそのとおりです。
だって当然でしょ?
ポニーテールですよ、ポニーテール。ポニーテール女学生。
現代の鈴花さんは、ポニーテールじゃないから新鮮さというのもあるし。

とはいえ、そんなポニーテールばかりじゃなくて、巌に対する恋心がとっても良い。
この話は、完全にラブコメしていましたからね。
話の短さもあって、ラブコメの重要な部分ダケを凝縮した感じで、とっても良かった。


4巻を読んでいて思ったのですが、何かそろそろ、おフクが必要なくなってきたというか…
何かこう、確実に存在感が薄れてきている様な。
この辺りで、存在感を示す様な事件が必要なのでは…


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
”恋花温泉”9巻(最終巻) 「ヤングチャンピオン烈」No.7(Vol.29)感想
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。