い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/11
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2010/07/23(金) 03:22 その他のマンガ
「ヤングアニマル」の懸賞でWiiが当選しました。

DSC09929.jpg
当選品

コレで今年、ゲーム機の当選は4つ目になります。
前回、今度はWiiでも当たらないかなー。などと書いたら、本当に当たってしまいました。
次はPS3だな。


という訳で本日は”釣り屋 ナガレ”第71話のレビューです。


[感想バックナンバー]
読みきり版

第1話「釣り姫様」
第2話「ハゼに始まり」
第3話「ホームレス釣り屋」
第4話「天才釣り師」
第5話「ジェット噴射だ!!」
第6話「謎の捕食者(スキッドイーター)」
第7話「伊勢エギVSワラサヤエン」
第8話「決戦!!オオアカイカ」
第9話「イカ祭り!!」
第10話「少年たちの終わらない夜」
第11話「二人のスズキ」
第12話「養老川のアユ1」
第13話「養老川のアユ2」
第14話「養老川のアユ3」
第15話「ヒラメの憂鬱」
第16話「海の弾丸 カツオ1 ―再会―」
第17話「海の弾丸 カツオ2 ―出航―」
第18話「海の弾丸 カツオ3 ―船上―」
第19話「海の弾丸 カツオ4 ―水沈―」
第20話「海の弾丸 カツオ5 ―台風―」
第21話「海の弾丸 カツオ6 ―鳥山―」
第22話「海の弾丸 カツオ7 ―快釣―」
第23話「海の弾丸 カツオ8 ―気配―」
第24話「海の弾丸 カツオ9 ―衝撃―」
第25話「海の弾丸 カツオ10 ―白刃―」
第26話「海の弾丸 カツオ11 ―晩餐―」
第27話「先生、あのね」
第28話「シロギスの心1 ―勝負―」
第29話「シロギスの心2 ―V字―」
第30話「シロギスの心3 ―接戦―」
第31話「シロギスの心4 ―決着―」
第32話「鮎娘1 ―金鮎―」
第33話「鮎娘2 ―鮎竿―」
第34話「鮎娘3 ―開眼―」
第35話「鮎娘4 ―一生―」
第36話「おかえり」
第37話「金色の主1 ―出発―」
第38話「金色の主2 ―接触―」
第39話「金色の主3 ―目撃―」
第40話「金色の主4 ―正体―」
第41話「金色の主5 ―金鯰―」
第42話「金色の主5(6?) ―創意―」
第43話「金色の主6 ―ヘリ―」
第44話「金色の主7 ―散弾―」
第45話「金色の主8 ―我慢―」
第46話「金色の主9 ―生殺―」
第47話「泳ぐ宝石1 ―釣り具屋さんへ行こう!―」
第48話「泳ぐ宝石2 ―管釣りへ行こう!―」
第49話「泳ぐ宝石3 ―リベンジしよう!―」
第50話「泳ぐ宝石4 ―友達になろう!―」
第51話「夜の盗賊団」
第52話「夜を往け」
第53話「野良猫の唄」
第54話「男の戦い」
第55話「男(バカ)」
第56話「氷の使者1 ―氷結湖―」
第57話「氷の使者2 ―公魚―」
第58話「氷の使者3 ―氷上祭り―」
第59話「氷の使者4 ―名人―」
第60話「氷の使者5 ―トロフィー―」
第61話「桐山 命」
第62話「禁じられた遊び」
第63話「今日までそして明日から」
第64話「龍馬が来た!」
第65話「あの味 あの魚」
第66話「キャスティング1 ―フライ―」
第67話「キャスティング2 ―練習―」
第68話「キャスティング3 ―競技―」
第69話「キャスティング4 ―会場―」
第70話「キャスティング5 ―前夜―」

番外編.1「懐かしい年への手紙」
番外編.2「命の別名」
番外編.3「その男 ナガレ」
番外編.4「ススムとナミオの男の休日♪」

単行本1巻紹介
単行本2巻紹介
単行本3巻紹介
単行本4巻紹介
単行本5巻紹介
単行本6巻紹介
単行本7巻紹介


[前回のあらすじ]
お風呂で裸祭り。


[今回のストーリー]
さて、大会が始まりました。

DSC09930.jpg
開幕

初めの種目は正確さの競技です。
この競技は、単純に言えば、20回投げて的に当たった回数を競います。
1ヒット5点で、計100点。
同点の場合は時間が短い方の勝利となります。

さて競技は3人ずつやるみたいです。
で、初めの3選手はというと。

DSC09931.jpg
1組目

お嬢様、金髪ちゃん、生意気少女です。
前夜の風呂場で、負けた方が告白するという賭けが成立してしまった2人。
初っ端から因縁の直接対決となります。

さて初大会に挑んだお嬢様。
投擲台に乗った途端、緊張感におそわれます。

DSC09932.jpg
緊張感

練習の時よりも大きかったハズの的が、小さく見える。
実際の距離よりも遠くに見える。
完全に萎縮してしまっている状態です。

そんな状態のまま、競技開始。
お嬢様は、初っ端からつまづきます。

DSC09933.jpg
失敗

焦って糸を出そうとして、リールに絡ませてしまいました。


一方、金髪ちゃんは、経験豊富なので焦りなどはありません。
実に落ち着いた状態で、競技に臨みます。

DSC09934.jpg
冷静

その実力は、生意気少女も驚くほどです。
的確にかつ素早く得点を重ねていきます。

生意気少女も、少し遅れつつも、確実に得点を重ねていきます。


さて、ようやく投擲に入ったお嬢様。
…が、緊張の為か、まるでヒットしません。

DSC09935.jpg
ハズれ

緊張が失敗をよび、失敗は焦りをよび、焦れば一層当たらなくなるという悪循環。
3連続で失敗してしまいました。

お嬢様の状態に気づいた金髪ちゃんが、突如歌いだしました。

DSC09936.jpg


余裕ありますなー。
金髪ちゃんは、歌いながらも失敗しません。
流石にキャリアが違います。

…が、歌の方は得意ではなかった模様。

DSC09937.jpg
ヘタ

しかし、金髪ちゃんの機転で落ち着きを取り戻したお嬢様。
ようやくヒットが出始めます。


一方、金髪ちゃんの実力に焦ったのは生意気少女。
双方共にパーフェクト状態ですが、このままでは時間差で金髪ちゃんが勝ちます。
タイムでも勝とうと、スピードを上げます。
しかし、スピードを上げた所為で失敗してしまいます。

DSC09938.jpg
初ミス

満点がなくなったコトで動揺した生意気少女は、その後も失敗を重ね、この3人の中では最下位に終わってしまいました。
ちなみに、金髪ちゃんは90点、お嬢様は75点、生意気少女は60点です。

結果論でいえば、生意気少女がペースを変えずにパーフェクトを出していれば勝ったというコトになります。
そのコトについて、車イス少年に言及されてしまいます。

DSC09939.jpg
作戦

実は、車イス少年には作戦がありました。
遅くてもいいから、確実にパーフェクトを狙いにきていたのです。

DSC09940.jpg
理屈

この年齢では、早い投げ方で確実にパーフェクトをとるのはムリだろうというコトです。
車イス少年でさえも、確実にとれるという程ではないらしい。
事実、金髪ちゃんは2回も失敗している。

車イス少年は、エロゲ主人公に対し、確実にパーフェクトをとる様に指示。

DSC09941.jpg
指示

釣りの専門学校生ダケあって、ゆっくりペースならパーフェクトはとれるというコトなのでしょう。

そして2組目のメンバーが発表されました。

DSC09942.jpg
2組目

氷馬、車イス少年、エロゲ主人公です。
氷馬の実力はいかに!?

といった辺りで次回へと続く。


[感想とか]
という訳で大会が始まりました。
初大会というコトで、お嬢様の緊張感が巧く表現出来ているのではないでしょうか。

しかし、考えてみると、お嬢様が緊張しているのは金髪ちゃんの所為なんじゃないかという気がしてきました。
そもそもお嬢様は初心者な訳で、失敗するのが当たり前。
おもいきりよくやればいいダケの話なのだが、負けたら氷馬に告白という勝負が、負ける訳にはいかないという焦りをうんで、失敗に直結している気がしてならないのです。

そんな金髪ちゃんは、自分のコトのみならず、お嬢様に気を使う余裕っぷり。
もしかして、自分にも原因の一端があるという自覚があるのだろうか?
しかし、歌はヘタだった様子。
っていうかね、この場合、生意気少女が「金髪ちゃんがヘタな歌を歌った所為でペースが乱れた」とでも言えば、失格扱いになるのではなかろうか、と。
コレが許されるのだったら、声での妨害を認める様なモノではないか。
大会運営に疑問が残りますよ、コレ。


どうやら相手は、組織的に勝ちにきているみたいですねー。
前回、車イス少年が「自分が」ではなく、「自分達が」全ての優勝を貰うといっていたのはこういうコトだったのか、と。
今回の話でいえば、2人にパーフェクトをとらせておいて、自分はタイムも含めたパーフェクトを狙う。
例え自分が失敗しても、2人がパーフェクトなら負ける確率は低いというコトなんでしょう。
事実、金髪ちゃんは失敗している訳だし。
歌わなかったら失敗しなかったかもしれないが。


そして氷馬の出番。
実力がどのくらいなのか楽しみだが、いかんせん初心者だしなー。
釣り暦の長さで何とかなるのかな?
う~ん、どうなんだろう。
とにかく、次回の展開に注目ですね。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
嬉しい出来事Part.57 ”現代都市妖鬼考 霊媒師いずな”42話
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。