い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/11
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2006/06/06(火) 05:13 コミックレビュー
ユートピアズ
小学館刊/うめざわしゅん氏


[作品概要]
―そこは、どこにも無い場所―

このマンガは不思議な世界を描いたオムニバス形式のマンガです。
現実の世界を描いている様で、現実とは違う部分のある世界。
イロイロと不思議な世界を描いた全9作品。

説明するのが難しいのですが、そんなマンガです。


[感想とか]
このマンガにはイロイロな世界がでてきます。
例えば
・軍事を放棄し、安全・健康・長生きが義務付けられた国の話
・憎しみが無くなり、あらゆる争いが根絶した世界の話
・誤って女性専用車両にのってしまった男の悲劇を描いた話
・宇宙の真理を解き明かしたら宇宙は「亀」だった、と言う話

こんな感じの話が全9作品(全10話)収録されています。

とりあえずこのマンガを読んだ時の感覚を言葉にするのは難しいです。
1言でいえば、「面白かった」なのですが、その言葉だけで言い表すのはちょっと勿体無いかな、と思いますかね。
まあ、話によって感じるモノはまちまちで、ちょっとジーンとくるモノからただただ笑えるモノ、少し考えさせられるモノまであります。

個人的には「ヘイトウイルス」と「誰が為にカメは在る」がお気に入り。


―これは二択だよ。「暴力と血に染まった人間らしい世界」か、「平和と幸福に満ちた禍々しい世界」か。君はどっちを選ぶ?―

―だいたい宇宙がカメだろーがウサギだろーが俺の知ったこっちゃない―


このマンガで不思議な世界を少しでも感じてみてください。

私のつまらない文を読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
笑いながら2005年を振り返る――――”爆笑問題の風説のルール” この仕打ちはあんまりだ!――――”ロザリオとバンパイア”6巻
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。