い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/05 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/07
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2010/07/31(土) 04:00 コミックレビュー
もう7月も終わりですか。
もう学生は夏休みですね。
羨ましいなー。


さて本日紹介するマンガはコチラ。
魔Qケン乙
小学館刊/喜国雅彦氏


[作品概要]
とある理由で神様を助けた高校生・ケン。
そのお礼として、1日に10センチだけ物を動かせる念動力を貰った。
優良健康高校男児たるもの、10センチ物を動かせる念動力を授かったらやるコトなど1つしかない!
という訳で、何とかしてパンチラを拝もうと奮闘する。
ところが、成り行きで野球でこの力を使い、物理法則を無視した球を投げてしまう。
しかも、クラスメートの野球バカに見られてしまい…


[参考記事]
”魔Qケン”の記事
1巻紹介
2巻(最終巻)紹介

”魔Qケン乙”の記事
1巻紹介


[内容補足と感想とか]
さて前巻で、遂に決勝戦に突入。
しかし、ケンの力のコトを知っている相手の高校。
策略により、ケンはムダに力を使ってしまいました。
ソコで、序盤で力を使い、大量リードを奪って逃げ切る作戦に出ます。
そして、現在、4対0になりました。
まだ安全圏とは言いがたいのですが、ピッチングの方にも力を使わなければなりません。

DSC09423_20100731025304.jpg
ピッチング

ちょっとずつ力を使いながら、序盤は水漏ペースで試合がススみます。
しかし、4回の攻防が終わったトコロで、力を使いきってしまいました。

DSC09424_20100731025323.jpg
使いきる

点差は変わらずに4点のまま。
このままだと、確実に負けます。
力がない状態では、点は取れない、アウトもとれない。
所詮は、実力では初戦敗退レベルのチームなのです。

という訳で、ココからは丸夫の頭脳プレイが輝きます。
とりあえずは、何が何でも相手にケンの力が終わったコトを悟られてはなりません。
まず、相手監督の元スパイだった右川が、相手監督にケンの力が増えたとウソをふきこみます。
そして、ケンが投球練習を開始。

DSC09425_20100731025328.jpg
投球練習

実はコレは、インチキボールを使った投球で、誰が投げてもこうなります。
しかし、ケンの力を知っている相手チームは驚愕。

実際の試合では使えないのですが、ソコは丸夫の頭脳プレイでカバーします。

DSC09426_20100731025826.jpg
頭脳プレイその1


DSC09427_20100731030134.jpg
頭脳プレイその2

ケンは、ストレートとショボいカーブしか投げられません。
しかも、かなり遅い球です。
ただし、コントロールは1級品です。

しかし、そのカーブを投げた時に、相手を惑わすような言動をしたり、ワザと落球したりして、ケンに力が残っていると思わせます。


しかし、攻撃の方はそうはいきません。

DSC09428_20100731030142.jpg
攻撃

アッサリと終了してしまいます。
しかし、この攻撃が原因で、相手に作戦が気づかれてしまいます。

DSC09429_20100731030331.jpg
気づかれる

そりゃそうです。
そもそも、4点取ったのもケンの力なのですから、力が増えたのなら、もっと点を取るのが当然です。
ソレをしなかったのですから、気づかれて当たり前。

ケンの力がなくなったコトを知られたので、丸夫の作戦はつうじません。
ケンの投球もつうじません。

DSC09430_20100731030924.jpg
打たれる

何と、初ヒットがホームラン。
大雲が反撃を開始します。
もはやコレまで…

…と思ったトコロに、力強い味方が現れました。

DSC09431_20100731031118.jpg
強力助っ人

チアリーディング部です。
とある理由で会場入りが遅れていたチアリーディング部がやってきました。
女の子の前でいいトコロを見せたいケンは、ファインプレーをやってのけます。

DSC09432.jpg
ファインプレー

こうして何とかなる!

…訳はなかった。
ファインプレーは中々でないからファインプレーなのです。
7回裏に、遂に同点に追いつかれてしまいました。

DSC09433_20100731031955.jpg
同点ホームラン

そしてこのまま負けて終了。
あとは力を、パンチラを見るのに使う日々がやってくるのみ。

かと思いましたが、まだ、最後の策が残されていました。

DSC09434_20100731032248.jpg
最後の策

ケンの力は1日10センチ限定です。
今日使いきったとしても、明日になればまた復活します。
そして、今、球場の空は暗雲が覆っています。

そうです。
同点のまま、雨が降ってきて降雨コールドになれば、引き分け再試合。
つまり、ケンの力が復活した状態で試合が出来る訳です。
こうして、降雨コールドが決まるまでの時間稼ぎ作戦が発動しました。

DSC09435_20100731032423.jpg
時間稼ぎ

ファールを打ってねばる。
塁に出たら、リードを大きくとって牽制球をさそう。
その他諸々…

こうして時間を稼いだおかげで、待望の雨が降ってきました。

DSC09436_20100731032525.jpg
降雨

しかし、直ぐにコールドという訳ではありません。
そして、大雲の攻撃後、引き分けだったら再試合、というコトで話がまとまりました。

DSC09437_20100731033054.jpg
最後の攻撃

つまり、実力で後3アウトをとらなければなりません。
しかし、ケンの投球で相手をおさえられる訳もなく、ノーアウト1、2塁というピンチ。
そして…

DSC09438.jpg
最後の1打

ピッチャー横に打球がとぶ!
このままサヨナラか!?
それとも引き分け再試合か!?

といった辺りで次巻へと続く。


さて相変わらずのピンチ状態のケン。
今巻では、そんなピンチをのりこえるべく、丸夫の頭脳プレイが光ります。
まぁ、いつものコトなんですがね。

しかし、降雨コールドの為に遅延行為するというのは、別のマンガでも見たコトがありますなー。
まぁ、アッチは遅延行為と試合の進行を早める為の反則合戦でしたが。


そしてこの記事ではまるでふれませんでしたが、当然の如く挿入されるエロ&フェチ描写。
今回はパンチラが多めですかね。
丸夫のお姉さんのセクシーぱんつ連発やらチアガールのぱんつ(厳密にはぱんつじゃないが)やら。

チアガールといえば、黒髪ポニーテールの女の子が中心にいて、実に良い。
表紙にも、ポニーテールのチアガールが描かれていて、とっても良い。
やっぱりポニーテールですよね、ポニーテール。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
嬉しい出来事Part.58 ”釣り屋 ナガレ”第72話「キャスティング7 ―早撃ち(クイックスロー)―」
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。