い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/09
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2006/06/07(水) 19:07 マンガ以外の本
私は爆笑問題の大ファンです。
彼らが出演している番組は可能な限りチェックするし、モチロン著書も読んでいます。
そこで今回はこの本の紹介。
爆笑問題の風説のルール
集英社刊/爆笑問題著


まず、この本がどういった本かを紹介すると、爆笑問題の漫才形式というカタチで、2005年度の出来事や流行事を書いています。
爆笑問題の漫才を観たコトがある方なら解るかと思いますが、爆笑問題は時事ネタを題材にするコトが多いです。
そんな2人の漫才を活字にしたモノがこの本だと言えばいいでしょうか。

2005年もイロイロなコトがありました。
愛・地球博、ゴルフブーム、小泉チルドレン………
そんな2005年を、彼らの漫才で面白可笑しく振り返ってみてはいかがでしょうか?

ちなみに著者は爆笑問題となっていますが、全ての内容を太田氏が考えているらしいです(田中氏のセリフも含めて)

私のつまらない文を読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
”LIAR GAME”第20話 魅惑の異次元体感――――”ユートピアズ”
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。