い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/11
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2010/08/04(水) 05:24 コミックレビュー
機会があって、食べるラー油を食べてみた。
今までバカにしていたのですが、認識を改めました。
うん、ありゃ美味いわ。
そりゃ、品切れもする訳だ。


さて本日紹介するマンガはコチラ。
ツマヌダ格闘街(ファイトタウン)
少年画報社刊/上山道郎氏


[作品概要]
八重樫ミツル。プロのイラストレーターを目指して上京したばかり。
住むためのアパートを捜して妻沼田市にやって来た。
ところがこの妻沼田市は町おこしの為にストリートファイトを制度化した、人呼んで「ツマヌダ格闘街(ファイトタウン)」という変わった街だった。
この町に住むのは不可能だと思うミツルだったが、街で出会った謎のメイド・ドラエさんに促されるままにストリートファイター登録をしてしまった!
明道流(めいどうりゅう)柔術の使い手であるドラエさんに指導されつつ、ストリートファイターとしての生活が始まる!


[参考記事]
1巻紹介
2巻紹介
3巻紹介
4巻紹介
5巻紹介
6巻紹介


[内容補足と感想とか]
さて鷹羽戦にむけ特訓を続けるミツル。

…が、特訓はちょっとお休みして、今回は柚香に護身術の伝授。

DSC09440_20100804040509.jpg
護身術

何でも、学校の周辺で不審人物がいたらしい。
なので、万が一の場合に身を護る為のワザを教えて欲しいというのだ。
まぁ、実際に教えるのはミツルではなくドラエさんであるが。

さて護身術というと、相手を倒すワザのイメージが強い訳だが、そんなワザなど、一朝一夕に身につくモノではない。
柚香が小学生というコトもあり、今回習うのは、相手に掴まれた時に、その手をふりほどく方法である。

その内容自体はご自分の目で確認していただくとして。
護身術の講習中に、ドラエさんが実際に暴漢に襲われてしまう!

DSC09442_20100804040514.jpg
暴漢

あのドラエさんがまさかの…?
っていうか、コレ大丈夫なの?
この続きはご自分の目でお確かめください。


さて2週間ほど、ドラエさんと密着修行をしていたミツル。
その疲れや何やらを癒す為に、ドラエさんのススめで、座禅をするコトになったミツル。

DSC09446_20100804041526.jpg
ススめ

こうしてミツルは、ドラエさんの知人のつてで、鎌倉の禅寺へと単身修養にいった。


ミツルが鎌倉に座禅修行にいって、残された面々はというと。

DSC09443_20100804040521.jpg
水着祭り

妻沼田市に新しく出来た温水プールに遊びに来ていた。
ちなみに、ジローが不在で、代わりに雛子が来ているので、完全に女性のみである。
完全に解っていますね。

さて、ミツル不在時に、こんな場所にやってきたのには理由がある。
ツマヌダ格闘街運営委員会が主催する宣伝イベントが行われるのだ。
そしてこのイベントのメインは、水上で行われるゲームだった。

DSC09444_20100804040540.jpg
ゲーム

プールに浮かぶ島(発泡スチロール製)の上で、手に持ったマットを使用して相手を落とせば勝ちというルールのゲームである。
お遊びではあるのだが、コレが武術の熟練者同士の対戦となれば話は違ってくる。
そして優勝賞品は、沖縄旅行券(ペア)だった。
この旅行券が目当てのクインシーが、皆を誘ってやってきた、という訳である。

そしてゲームが始まった。

DSC09445_20100804041354.jpg
ゲーム開始

目下の注目は、クインシー、雛子、そして朝倉阿弥の3人。
ドラエさんも一応はエントリーをしているのだが、ドラエさんは参加に積極的ではなかった。

優勝者は!?
そして沖縄旅行券はどうなる!?
続きと結末はご自分の目でお確かめください。


さて女性陣がプールで楽しんでいる頃。
ミツルは鎌倉で座禅修行をしていた。

DSC09447_20100804041926.jpg
座禅

しかし、ドラエさんがミツルを鎌倉までいかせたのは、座禅ダケが目的ではなかった。

ミツルは鎌倉で外国人の青年と知り合う。

DSC09448_20100804042213.jpg
外国人

名前をカインといった。
そして、このカインが日本に来た目的は、日本の文化と武術を学ぶ為であった。

DSC09449_20100804042947.jpg
目的

実はカインは、東南アジアにある国の王子で、軍隊式の格闘術の使い手であった。
ミツルとカインの出会い自体が、ドラエさんの知人によって仕組まれていたコトであった。

そしてカインは、ミツルの武術のウデを知り、勝負を挑む。

DSC09450_20100804043812.jpg
勝負

その勝負の最中、ミツルは今までにない感覚に襲われる。

DSC09451_20100804044020.jpg
覚醒

座禅がキッカケになって、今までの修行の成果が実を結んだらしく、カインを圧倒した。
そしてカインは、ミツルを師と仰ぐ様になった。
ちなみに、この後、ドラエさんとも勝負するのですが、流石にドラエさんはレベルが違った。

DSC09452_20100804044348.jpg
レベルが違う

レベルが違うというか…
次元が違う感じ?

そしてこの後、カインがドラエさんにプロポーズをするというオマケまでついてきた。

DSC09453_20100804045123.jpg
ぷろぽぉず

ドラエさんは断っていたが、カインは諦めてはいない様子だった。

そして、カインは妻沼田市へとやってきた。
理由は当然、ストリートファイトに参加する為である。

DSC09454_20100804045304.jpg
デビュー戦

デビュー戦を勝利で飾ったカインは、今までにミツルが戦かった相手との試合を希望する。
だが、相手にも都合があるのだし、何よりもエキスパートリーグの選手と戦うには、カイン自身がエキスパートリーグに昇格する必要がある。
しかし、そんな悠長なコトをしていられないカインは、1つの提案をする。

DSC09455_20100804045600.jpg
トーナメント戦

今までミツルが戦った相手を集めて、トーナメント戦を開催しようというのだった。
当然、スポンサーはカインである。
題して「王子杯(プリンスカップ)トーナメント」。

この提案、どうなる!?
といった辺りで次巻へと続く。


はい、という訳でしてね。
今巻のメインは何といっても水着祭りです。
男性陣は完全排除という徹底っぷり。
しかも、雑誌掲載時にカラーだった部分をカラーで収録してあるという手の入れよう。
素晴らしい、素晴らしいですよ!
本当にもう、解っていらっしゃる。
いや~、いい目の保養です。


さてメインは水着祭りなので、他にあったコトなどどーでもいいのですが、重要そうなコトがあるとすれば、カインの登場ですかね?
え?何?ソッチの方が重要だろうって?
バカなコトを言っているんじゃないよ。
水着の女の子と、むさ苦しい男の新キャラとを比べて、男の方が重要なんてコト、ある訳ねーだろ!?
寝言は寝ている時に言えっつーの!

まぁ、トーナメントを開催したり、ミツルの覚醒を引き出したりと、重要っぽい活躍はしているんですがね。
あぁ、後はドラエさんにプロポーズしたり。
うん、でもまぁ、今巻ではどーでもいいや。


カインがドラエさんにプロポーズした話では、ドラエさんのテレた表情が見られたので、実に良かったです。
ただ、プロポーズされてテレた訳ではない、というのがドラエさんらしいですがね。
その辺りは、ご自分の目で確認してくださいネっと。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
”現代都市妖鬼考 霊媒師いずな”6巻 「ヤングキングアワーズ」9月号感想
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。