い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2006/01 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2006/02
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2010/08/06(金) 02:48 その他のマンガ
本日から2日間、佐渡に旅行に行きます。
…だというのに、何で更新なんかしているんだろうな…


という訳で本日は”釣り屋 ナガレ”第73話のレビューです。


[感想バックナンバー]
読みきり版

第1話「釣り姫様」
第2話「ハゼに始まり」
第3話「ホームレス釣り屋」
第4話「天才釣り師」
第5話「ジェット噴射だ!!」
第6話「謎の捕食者(スキッドイーター)」
第7話「伊勢エギVSワラサヤエン」
第8話「決戦!!オオアカイカ」
第9話「イカ祭り!!」
第10話「少年たちの終わらない夜」
第11話「二人のスズキ」
第12話「養老川のアユ1」
第13話「養老川のアユ2」
第14話「養老川のアユ3」
第15話「ヒラメの憂鬱」
第16話「海の弾丸 カツオ1 ―再会―」
第17話「海の弾丸 カツオ2 ―出航―」
第18話「海の弾丸 カツオ3 ―船上―」
第19話「海の弾丸 カツオ4 ―水沈―」
第20話「海の弾丸 カツオ5 ―台風―」
第21話「海の弾丸 カツオ6 ―鳥山―」
第22話「海の弾丸 カツオ7 ―快釣―」
第23話「海の弾丸 カツオ8 ―気配―」
第24話「海の弾丸 カツオ9 ―衝撃―」
第25話「海の弾丸 カツオ10 ―白刃―」
第26話「海の弾丸 カツオ11 ―晩餐―」
第27話「先生、あのね」
第28話「シロギスの心1 ―勝負―」
第29話「シロギスの心2 ―V字―」
第30話「シロギスの心3 ―接戦―」
第31話「シロギスの心4 ―決着―」
第32話「鮎娘1 ―金鮎―」
第33話「鮎娘2 ―鮎竿―」
第34話「鮎娘3 ―開眼―」
第35話「鮎娘4 ―一生―」
第36話「おかえり」
第37話「金色の主1 ―出発―」
第38話「金色の主2 ―接触―」
第39話「金色の主3 ―目撃―」
第40話「金色の主4 ―正体―」
第41話「金色の主5 ―金鯰―」
第42話「金色の主5(6?) ―創意―」
第43話「金色の主6 ―ヘリ―」
第44話「金色の主7 ―散弾―」
第45話「金色の主8 ―我慢―」
第46話「金色の主9 ―生殺―」
第47話「泳ぐ宝石1 ―釣り具屋さんへ行こう!―」
第48話「泳ぐ宝石2 ―管釣りへ行こう!―」
第49話「泳ぐ宝石3 ―リベンジしよう!―」
第50話「泳ぐ宝石4 ―友達になろう!―」
第51話「夜の盗賊団」
第52話「夜を往け」
第53話「野良猫の唄」
第54話「男の戦い」
第55話「男(バカ)」
第56話「氷の使者1 ―氷結湖―」
第57話「氷の使者2 ―公魚―」
第58話「氷の使者3 ―氷上祭り―」
第59話「氷の使者4 ―名人―」
第60話「氷の使者5 ―トロフィー―」
第61話「桐山 命」
第62話「禁じられた遊び」
第63話「今日までそして明日から」
第64話「龍馬が来た!」
第65話「あの味 あの魚」
第66話「キャスティング1 ―フライ―」
第67話「キャスティング2 ―練習―」
第68話「キャスティング3 ―競技―」
第69話「キャスティング4 ―会場―」
第70話「キャスティング5 ―前夜―」
第71話「キャスティング6 ―開幕―」
第72話「キャスティング7 ―早撃ち(クイックスロー)―」

番外編.1「懐かしい年への手紙」
番外編.2「命の別名」
番外編.3「その男 ナガレ」
番外編.4「ススムとナミオの男の休日♪」

単行本1巻紹介
単行本2巻紹介
単行本3巻紹介
単行本4巻紹介
単行本5巻紹介
単行本6巻紹介
単行本7巻紹介


[前回のあらすじ]
扉ページで全裸祭り。


[今回のストーリー]
さて氷馬の試合。
氷馬は車イス少年と互角の勝負をくりひろげる。
そしてラスト1投というトコロで、突風が!

DSC09467_20100806015525.jpg
願い

もはや止めるコトは出来ない。
出来るのは入ってくれるコトを願うのみ。
そして結果は…

DSC09468_20100806015530.jpg
車イス少年の結果

車イス少年は命中。
かろうじて端っこの方に入りました。
コレでパーファクト達成です。

対して氷馬は。

DSC09469_20100806015535.jpg
氷馬の結果

ハズれてしまいました。
よって車イス少年の勝ちというコトになります。

車イス少年は勝ちましたが、氷馬の実力に驚かされた模様。

DSC09470_20100806015628.jpg
安堵

パーフェクトだったコトに安堵したみたいです。


ちなみにエロゲ主人公もパーフェクトを達成。
さらに車イス少年のタイムは、自己ベストだったみたいです。
この競技は車イス少年の優勝でしょうかね。

DSC09471_20100806015919.jpg
自己ベスト

氷馬が隣で投げており、ソレに負けまいとしたのが巧く作用したみたいですね。
好敵手というヤツですかね。


さて第1競技開始早々に競技を終えてしまった氷馬達。
次の競技までには時間があるので、次の競技の練習をします。
次の競技は距離を競う種目です。
単純に遠くまで飛ばした者が勝ちというコトですね。
まぁ、細かいルールはあるみたいですが、その辺りは割愛しましょう。
ちなみに、1投勝負ではなく、5分間に何度でも投げていいらしいです。

さて注目の氷馬の実力はというと。

DSC09472_20100806015944.jpg
距離

かなりのモノでした。
この辺りは、実際に海で釣りを続けてきたというのもあるんでしょう。
距離は40メートルほどでした。

DSC09473_20100806020201.jpg
記録

氷馬は、50メートルが壁になっているみたいです。
ちなみにお嬢様は40メートルも出ないそうです。

…が、コレは氷馬が「釣る為の」サオを使用しているから。
金髪ちゃんが「競技用の」サオを貸してくれました。

DSC09474_20100806020344.jpg
競技用のサオ

氷馬が使用しているのよりも長くて軽いらしいです。
しかし、このサオの最大の特徴はソコではありません。

DSC09475_20100806020547.jpg
特徴

サオが硬いのです。
硬くて、しならない。
そもそも、釣る為のサオがしなるのは、そうしなければ魚がかかった時にその衝撃をモロにうけ、糸が切れてしまうから。
しかし、競技ではその心配はないのでサオを硬くしても問題ないのです。


あぁ、余談ですが、このコマを見て、ピーな妄想をしてしまった私は、頭がどーにかしているのでしょうか?
だってさぁ、「ビッギィィン」っていう効果音といい、このサオの位置といい…
狙っているとしか!
ヤバいなぁ。暑さにヤラれたのかもしれん…
え?冬でもこんなだったって?


閑話休題。
お嬢様ではこのサオは扱えないみたいです。
やはりカッテが違うんでしょうかね。
氷馬は試しにこのサオで投げてみます。

DSC09476_20100806021013.jpg
試投

氷馬、自己記録なるか…!?

DSC09477_20100806021643.jpg
失敗

…と思ったら、失敗しました。
お嬢様と同じく、1人SM状態です。
今回は掲載しませんが、この時の氷馬の表情が妙に艶っぽく見えるのは、私の頭が(以下略
暑さで(以下略
冬でも(以下略


やはり扱うのが難しいみたいですね。
しかし、手ごたえはあったみたいで、自在に扱えれば自己ベストは確実。

さて、そうこうしているうちに全員が第1競技を終え、第2競技が始まりました。
お嬢様は第1組みたいです。

DSC09479_20100806022410.jpg
第2競技

ちなみにこの競技は、1人補助員をつけるコトが出来るみたい。
今回はお嬢様と金髪ちゃんは別の組なので、金髪ちゃんが補助について助言をするコトになりました。

なお、同じ組には生意気少女がいました。

DSC09480_20100806022503.jpg
第1組

第1競技で失敗して落ち着きをとりもどした生意気少女。
今度の競技では、その芯の実力を見るコトが出来そうです。

そして協議が開始されました。

DSC09481_20100806022712.jpg
競技開始

生意気少女の実力は…?
そしてお嬢様はどうなる!?

といった辺りで次回へと続く。


[感想とか]
まず初めに。
扉ページの絵がイイですねー。
ヒモパンが素晴らしいです。
え?アレは水着だって?
冗談いうなよ!アレはぱんつだ!ぱんつなんだ!
そう思わせておいてくれヨ…
まぁ、実際は布面積的に大差はないんですが。


さて第1競技は車イス少年の勝ちでした。
流石に初めから氷馬が勝っては面白くないというのもあったのでしょうか。
しかしながら、車イス少年は、氷馬の実力は認めた模様。
ソレが今後にどう影響するのかが楽しみですね。


さて第2競技は距離を競う種目。
氷馬は競技用のサオを始めて扱い、巧く使えない模様。
しかし、記録を狙うのなら、このサオの方が良い訳で、その辺りをどうするのか注目ですね。
5分という時間を利用して、競技中にコツをつかむのか、ソレとも…?

しかし、この競技は、車イス少年は不利だと思うんですよね。
立って、全身をフルに使って投擲するのと、車イスに座りながら投擲するのとでは、力の入り方が違うから。
そうなると、この競技で氷馬の相手になるのは、エロゲ主人公の方かもしれないですね。
ソレとも、車イスでも距離を出す投げ方があるのかな?
その辺りが楽しみ。


そして再び実現した、お嬢様と生意気少女の直接対決。
最後のコマを見て、今回は生意気少女に注目しようと思いました。
理由はというと、解るかと思いますが、生意気少女の胸の揺れです。
やはり距離を出す為には、大きく振りかぶる訳で、その時の胸の揺れが!
っていうか、生意気少女でコレだと、金髪ちゃんだとどうなるんだ!?っていう期待が。
まぁ、とにかく、その部分に要注目!です。
お嬢様では期待出来んからな…


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
嬉しい出来事Part.59 ”現代都市妖鬼考 霊媒師いずな”6巻
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。