い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2006/01 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2006/02
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2010/09/19(日) 04:09 チャンピオンREDいちご
近所の服屋で「スーツフェア」なるモノをやっているのだが、その宣伝垂れ幕を初めに見た時に「スーツフェチ」と読んで、思わず我が目を疑ってしまいました。
疑うべきは目ではなく、脳でした。
何かに毒されているのかな…?


という訳で本日は「チャンピオンREDいちご」Vol.21の感想を。
チャンピオンREDいちご
秋田書店刊


[感想バックナンバー]
Vol.1感想
Vol.2感想
Vol.3感想
Vol.4感想
Vol.5感想
Vol.6感想
Vol.7感想
Vol.8感想
Vol.9感想
Vol.10感想
Vol.11感想
Vol.12感想
Vol.13感想
Vol.14感想
Vol.15感想
Vol.16感想
Vol.17感想
Vol.18感想
Vol.19感想
Vol.20感想


[表紙&ポスター]
表紙が素晴らしい。
特に、脱げかけのヒモパ…、じゃなかった、ビキニの下が素晴らしいです。
モチロン、胸も素晴らしいし、ユリな感じの女の子も素晴らしい。
後ろの女の子の、はみ出た感じの胸も素晴らしい。


ポスターは黒田和也氏と綱島志朗氏。
黒田氏はアニメ版”あきそら”のポスター。
毎度のコトながら、計算されたかの様な配置になっております。
様なっていうか、計算されていないという方が信じられないです。
イラスト自体は、ワリとどーでもいい。

綱島氏は何か戦隊モノっていうか、変身ヒロインモノっていうか…
要するにバトルガールといった感じのイラスト。
衣装がエロいのもイイのだが、ソレよりもメインっぽく描かれているヒロインがポニーテールなのが良い。
よし、「コミックヴァルキリー」で連載しようゼ?


[おとまりHONEY]
何だ、いつもとさして変わらないじゃないか。
まぁ…、進展したといえばしているのかもしれんが…
しかし、水着をなくして男に密着して隠すっていうのは、別のマンガでも見たのだが、女の子は見られるよりもコッチの方が恥ずかしくないというコトなのかね?
コトの重大さが解っていないのかしらん!?
とてもじゃないが、間接キスで恥ずかしがっていたとは思えんな。


[VITAセクスアリス]
え?秋帆のスカートが短い?
そういうセリフはな、スカートの丈がヒザ「下」何センチ、になってから言えよ。
ヒザ上という時点で短いっつーの。
…と思ったら、あの丈でヒザ下みたいだ。
う~ん、信じられないのだが。

秋帆が大きい胸に憧れているっていう時点で気づくべきだったな。
秋帆が大きい胸に憧れる訳がない。
ドチラかというと、大きな胸を揉む方だ。
主に、2号さんのを。

志楼が女装する必要ってあったのかな?
真琴が変装して忍びこめばいいダケの話じゃないのかと。
いやいや、変装するまでもないかもしれん。
なぁ、くノ一さん?


[おっパ!!]
うんうん、貧乳の価値は、その小ささを気にして悩むというトコロにあるんだよね。
開き直って「ステータス」などといっているヤツはダメだというコトだ。

たわわは、♪のトコロにでもいけばいいと思うんだ。
そうすれば小さくしてくれるハズさ。
…そのうち、タッグを組んで登場するかもしれんな。


[魔法少女まちっこ]
あぁ…
何つーか、まぁ…
うん、アレだな。
作画者が代わっても、原作が同じなら、結局は同じというコトだな。


[このはな]
正直、既に話についていけていません。
何をやっているのかサッパリです。
っていうのを、前回の時にも書いた気がする。

ロボットモノっていうのはな。
「何やら敵が攻めてきたゾー。
ソレを予期して巨大ロボットを造っていたゾー。
主人公が動かしたゾー。
よし、倒したー。」
…で、いいんだよ。
変にややこしい設定なぞ、いらんわ!


[れすきゅーME!]
気持ちは解らんでもないが、正行の行動はどうかと思う。
オ○しているのと、ドッチがマシかっていうくらいのレベルじゃないのかと。

清水さんの男子制服姿がグッジョブすぎる!
いやいや、こういうのもイイモンだねぇ。
え?正行のセーラー服姿?
そんなのなかった、なかったんだ!

小園さんはコレでフェードアウトするのかな?
う~ん、もっと有望かと思ったんですがねぇ。


[ラブユメ・みっくす]
ミアのターン。
ラブラブモードっていうのは、要するにアレか?発情期なのか?ネコだけに。

お師匠様はカッテな人だ。
自分で煽っておいて、肝心の場面でアレかよ!
本当に何をしてくれちゃっているんだか。

3択を選ぶシーンでも、何もしないで待っていると、自動的に4番目の選択が選ばれる場合もあるんだよ。
このマンガでいったら、ハーレム選択肢というコトだな。
もしかしたらゲームオーバー選択肢かもしれんがな!


[カガクなヤツら]
まぁ…
今回はミミズというダケで、やっているコトはいつもと変わらんな。

本人が助けに行く前にさ、服脱げばいいダケの話じゃないか。
ちょっとひっぱった程度で破けるくらいの強度しかないのだから、その方が簡単だろ。


[あきそら]
おぉ~、アニメって、この内容で18禁じゃないの?
マジで?
昔に比べて緩くなってんのかね?
昔は、ちょっと(ドコロじゃなかったみたいだが)胸を揺らした程度で、販売元からリテイク命令が出たり、週刊少年誌に連載されていたのにアニメ化したら18禁になっていたマンガもあったというのに(コレも秋田書店のマンガだったな)。
スゲェ時代になったモノだ。


1本目。
前半部分で終わってさえいれば、単なるラブコメなんだがなぁ。
後半に突入するとエロマンガになるという…
まぁ、ラブコメの延長線と考えればどうというコトもないのだが、このマンガはそれダケでは終わらないからなぁ。
可奈が実は…、というのを解っている読者にとっては、ナミと可奈の関係がもどかしいんだよなぁ。
ドッチかが素直になっていれば…、気持ちをうちあけてさえいれば…、っていうのがな。
こう書くと、本当にラブコメみたいだから困る。
気持ちのすれ違いはラブコメの基本だよね!
まぁ、問題はソラがダメダメなトコロなんだが。


2本目。
いや~、ヌードデッサンだというのに、その場にいない顧問に問題があるんじゃないかと…
ダメ教師の見本みたいだな。

っていうか、コレ、完全にエロマンガじゃねーか。
ユウナは男嫌いというのが良かったのに。
そのままレズレズになってくれて良かったのに…
何でこんなコトに…


[バケカノ]
この3人は、浩志に対してダメな部分ばっかり見せているという自覚がないのだろうか?
特に座眉は絶望的だよなぁー。

柊鰯生きていたのか。


[第2保健しつ]
相変わらず不思議な雰囲気のマンガだな。
いや、まぁ、面白いからイイんだケドね。
もはや何から言っていいのか解らんが、とりあえず1つダケ。
男でも「女を喰う」という表現をするから、性行為には由来していないんじゃないかなー、と。


[猫神やおよろず]
やはり、そういうコトか。
そして、今まで死んでいないトコロを見るに、柚子に信仰心が芽生えたというコトなのかな?


[えんじがかり]
はっはー。
威厳ゼロだな。
まぁ、元からそんなのないケドな!


[にゃっと!]
うん、まぁ、とりあえず…
エロマンガ雑誌に移籍しような。
いや、いっそのコト、この雑誌を18禁にしてしまおう。
ソレで万事解決!

しかしまぁ、オイル塗り→足コキ→触手→遭難イベントと、1話に盛りつけすぎでは?
最後もお約束すぎるしなー。


[天使のKATTE]
この作者は、こういうシチュエーションが好きなのだろうか?
昔もこういうマンガ、描いていたよね?
好きなんだろうなぁ。
しかし、何故に男は裸にならないのか。
いや、私が見たい訳ではなくてね。

しかし、相変わらず光シャワーがジャマだな。
ほとんど無意味だというのに、何をムダなコトをしているのかと。
隠すのならば隠すでいいのさ。でもさ、隠すのならば、もっと巧いやり方でやってくれョというコトだ。


[みこドキッ!]
なぁ…
お風呂のシーン。
アレはおかしいだろ?
どう考えてもおかしい。
もっと、こうさぁ、イチャイチャするシーンなんじゃないのかと。
折角のお風呂で慰めシーンなのに、何をやっているのやら。


[魔界天使ジブリール4]
3年間買い替えていない、というコトは、胸は大きくなっていないが、腹も大きくなっていない。
つまりは太っていないというコトなのだから、喜ぶコトでもあるんじゃないのかと。
胸が大きくなったといっても、単に太ったダケかもしれないだろう?

女の子だったら、水泳の授業を休むのなんて簡単だろ…
ピーっていう言い訳が出来るんじゃないのかと…
あぁ、えっちの順番もとばされるからムリですか、そうですか。

ラヴリエルが持ってきた薬だから、てっきり身体が大きくなるのかと思っていました。


[キナコもちPlus]
経歴がイロイロとおかしいだろ。
まぁ、あまり深いトコロにはツッコまないケドさ。
制服を着ていても違和感が無いのは、舞台女優だったからではなく、そーいうプレイをしていたからではないのですか?

いや~、シチュエーション的にはエロいのに、何故にこうもエロさを感じないのか…
絵だな!?絵に問題があるんだな。
もしくは魅せ方に問題があるのか。
もうちょっと、こう、堪えてる感を出せればな~、という感じかな。


[Pia・キャロットへようこそ!!4]
うん、うん、女の子の部屋に侵入する様な男は、嫌われて当然だよねー。
そのままクビになればいいのに。
あぁ、いやいや、何でもないですよ?何でも。
羨ましいとか私と代われとか、そんなコトは思っていませんよ?

あーぁあ、太一のヤツ、余計なコトしくさって。
何もしなければ、そのままユリちゃんの誕生だったかもしれないのに。
店長も「不純異性交遊」は禁止といっているのだから、「純粋同性交友」なら問題ないってコトだよね。
折角の逸材だったのにー。

ソレにしても、イキナリでアレはどーかと思うんだ。
本当に男が苦手だったとは思えないのですが。
単にムッツリで、ソレを隠す為にあんな態度をとっていたとしか思えませんね。


[さめだ小判の華麗なる生活]
ちょ…
イキナリ最終回かよ!
っていうか、何だこの内容は。
コレならまだ、オレ達の戦いはコレからだ!の方がマシだった様な、そうでもない様な。

っていうかな、ユリちゃんはどーしたんだよ。
あんな、ダメダメ男なんか、どーでもいいわ!
あのユリちゃんが何で登場しないんだ、と。
クローンと、弟と3○状態になっているんじゃないのかと。
いや、間違えた。
クローンが弟の相手をしているうちに、ホンモノの小判に迫る展開じゃないのかと。
何をやっているんだか、ホントに。


[あまからっ!]
だから、辛党っていうのは…
…まぁ、もう、どーでもいいや。

クッキーじゃなくって、煎餅だったら良かったのにね。
アレなら、甘くても辛くても問題ないよー。
どのみち、極端なのはダメだが。


[次回予告]
何か”クリミナルガールズ”というゲームのコミカライズが始まるみたい。
ゲーム未プレイなのだが、コレってエロゲなの?


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
嬉しい出来事Part.63 ”んぐるわ会報”4巻(最終巻)
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。