い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/11
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2010/10/04(月) 04:39 コミックレビュー
横浜ベイスターズの売却話がでているみたいですね。
個人的には大賛成なので、やるのならばサッサとやっちゃってください。
今の親会社みたいにクソ会社じゃなければドコでもいいですよ。
ホンキで球団を強くしようとする意志さえあれば。
コレで何とか変わってくれれば…


という訳で本日紹介するマンガはコチラ。
魔Qケン乙
小学館刊/喜国雅彦氏


[作品概要]
とある理由で神様を助けた高校生・ケン。
そのお礼として、1日に10センチだけ物を動かせる念動力を貰った。
優良健康高校男児たるもの、10センチ物を動かせる念動力を授かったらやるコトなど1つしかない!
という訳で、何とかしてパンチラを拝もうと奮闘する。
ところが、成り行きで野球でこの力を使い、物理法則を無視した球を投げてしまう。
しかも、クラスメートの野球バカに見られてしまい…


[参考記事]
”魔Qケン”の記事
1巻紹介
2巻(最終巻)紹介

”魔Qケン乙”の記事
1巻紹介
2巻紹介


[内容補足と感想とか]
という訳で、決勝戦もいよいよ大詰め。
負けるか、ソレとも引き分け再試合かの瀬戸際です。
相手打者の打球の行方は…!?

という辺りで今巻に突入な訳ですが…
まぁ、試合の結果はご自分の目でお確かめくださいね、というコトで。
まぁ、この辺りはネタバレ防止というコトで…


という訳で高校野球は終わって、新展開。
ある日、ケンの家に客がやってきた。

DSC09703_20101004034206.jpg


何でも、ケンの力を借りたいというのだ。
ケンの力というのは、当然、1日10センチだけ物を動かせる念動力のコトである。

実は彼らは、野球の世界大会の日本チームの責任者だった。

DSC09704_20101004034749.jpg
野球の世界大会

WBC、ワールド・ベースボール・チャンピオンシップである。
え?ワールド・ベースボール・クラシックじゃないのかって?
ソコはほら、大人の事情がアレとかコレとか。

まぁ、そんな話はおいておき、野球の世界大会が開催されるので、ケンの力を借りたいとのコトだったのだ。
ちなみに、彼らはケンの力のヒミツを知っていた。
大雲高校の監督の知り合いで、そのコトを聞いていたらしい。

野球少年として、ケンはその要請に対し…

DSC09705_20101004035040.jpg
優先順位

断ってしまった。
理由は、力はパンチラに使いたいから、というモノだった。
高校野球が終わり、ようやく本来の目的に専念出来ると思った矢先の出来事。
ケンが断るのは当然だった。

その後、ケンをストッパーとして使うという構想を話し、最終回1回のみなら使う力は僅か。
残りは好きに使っていいという条件を提示するが、ケンはコレも拒否。
例え1センチ程度であったとしても、満足のいくパンチラを見るにはその1センチが重要だと力説し始める始末。

だが、この人達は、どうしてもケンの力を借りたいので、最終手段に出た。

DSC09706_20101004035254.jpg
最終手段

事務局でアイドルと契約。
ケンが望めば、彼女達のパンチラを見放題!という話をもってきた。
つまりは、力を野球に使う代わりに、その分のパンチラを保障するというのだ。

この条件で、ケンは日本代表メンバーに入るコトを決めた。


さて、こうして日本代表に選ばれたケン。
しかし、コレは事務局が決めたコト。
日本代表の他のメンバー、つまりはトッププロ達はケンの実力を知らない。
一応、力のコトは聞いてはいるみたいなのだが…

そんな訳で、ケンの力を確かめようと、日本代表のキャプテンがやってくる。

DSC09707_20101004040324.jpg
キャプテン

メジャーリーガーのハチロー。
ケンはハチローを納得させるコトは出来るのか…?


さらに、世界には知られざる強敵がいた。

DSC09708_20101004040925.jpg
ライバル?

野球強豪国、キューバ。
そのストッパーをつとめるラミレス。
彼は、ケンと同じ力を持っていた!
神様の話では、小さな親切で特別な力を貰った人は少なくないらしい。
そんな人の中に、野球をやっていた人が2人いた、という話である。

こんなライバルが現れ、ケンはどうする…?
日本は世界大会で優勝できるのか!?
そしてケンは活躍出来るのか…?

続きと結末はご自分の目でお確かめください。


という訳でこのマンガもコレにて完結。
てっきり、甲子園大会をやるのかと思ったら…
まさか、その部分をスっトバして、世界大会をやるとは…
っていうか、作者が甲子園に取材に行った、っていう話はどうなったのかと。
取材、意味なしですか?単なる観光だったというコトですか?そうなのですか?


しかし、ほぼ全部野球をやっていた2巻に比べて、野球の描写が少ないですなー。最終巻なのに。
野球のシーンよりもオイロケシーンの方が多い野球マンガというのも、どうなのかと。
いや、そもそも、このマンガは野球マンガだったのか?という根本的な疑問が。
いや、まぁ、フェチマンガなのは重々承知ですがね。
うん、でも、まぁ、面白かったから、そんなのどーでもいいか。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
”こえでおしごと!”4巻 嬉しい出来事Part.64
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。