い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/10 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/12
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2010/10/19(火) 04:40 その他のマンガ
サボりまくりでスミマセン。
風邪をひいた…、のはいいのですが、イロイロとやる気が出なくてねぇ。
何なのでしょうね、このやる気のなさは。元気がない訳ではないんですがね…


さて本日は”現代都市妖鬼考 霊媒師いずな”46話のレビューです。


[感想バックナンバー]
第1話
第2話
第3話(前半部分)
後半部分は…。当ブログではノータッチで。
第4話
第5話
第6話
第7話
第8話
第9話
第10話
第11話
第12話
第13話
第14話
第15話
第16話
第17話
第18話
第19話
第20話
第21話
第22話
第23話
第24話
第25話
第26話
第27話
第28話
第29話
第30話
第31話
第32話
第33話
第34話
第35話
第36話
第37話
第38話
第39話
第40話
第41話
第42話
第43話
第44話
第45話

単行本1巻紹介
単行本2巻紹介
単行本3巻紹介
単行本4巻紹介
単行本5巻紹介
単行本6巻紹介


[ストーリーと感想とか]
さて今回はシスター・沙聖がメインの話です。

DSC09748_20101019040715.jpg
シスター・沙聖

颯爽と登場するシスター・沙聖。
神の教えを広げるべく、家宅訪問です。

やってきた家で、シスター・沙聖が見たモノは!

DSC09749_20101019040721.jpg
死体

老人の死体でした。
問題になっている孤独死というヤツでしょうか。
しかし、この死体は事情が違いました。

DSC09750_20101019040759.jpg
ゾンビ

何と、動きだしたのです。
ゾンビです、ゾンビ。
シスター・沙聖の除霊のウデの見せドコロです。

…と思いましたが、この老人は元から死んでいませんでした。
単に寝ていたダケ…

…という訳でもなかった。

DSC09751_20101019040949.jpg
事情

何でも、妻が死んでしまい、寂しさのあまり生きる気力がなくなったとのコト。
このまま死ぬつもりであったのだ。

当然ながらシスター・沙聖は説得しますが、老人は聞く耳もたず。
ただ、もう1度妻に会えれば生きる気力が出るかもしれない…、とムリを言い始めます。

DSC09752_20101019041140.jpg
無茶難題

しかし、シスター・沙聖は霊能者。
そういったコトが出来るのです!
シスター・沙聖はアッサリとその願望をひき受けました。

そして…

DSC09753_20101019041432.jpg
相談

結局はいずなに頼るのだった。

うん、まぁ…
シスター・沙聖には期待はしていなかったケドさ。
何でこうも予想どおりのコトをするかね、この人は。

初めはイヤがるいずなだったが、老人がお金を出すと言うと、態度がコロッと変わりました。

DSC09754_20101019041553.jpg
態度一変

しかし、この老人。
お金を出すのに条件をつけてきた。

DSC09755_20101019041713.jpg
条件

その条件とは、呼び出した妻と1日一緒にいるコト。
だが、口寄せは一瞬の降霊なのだ。
1日一緒というのはムリだった。
ただ1つの方法を除いては。

その方法というのは…
第12話でもやっていた、降霊した霊を自分の身体に憑依させるという方法である。
しかし、その所為でピーなめにあっているいずなは、拒否します。

すると、シスター・沙聖が自分を使うように言ってきます。
シスター・沙聖に憑依させれば、いずなが自由になる分、危険は少なくなります。

DSC09756_20101019042000.jpg
憑依

こうして、シスター・沙聖に憑依させるコトとなりました。


さて降霊術は成功。
無事、シスター・沙聖に憑依しました。

DSC09757_20101019042009.jpg
in 老人の妻

おぉ~、シスター・沙聖の私服姿です。
貴重です。素晴らしいです。

老人の妻は、シスター服から着替えると、早速、掃除やら洗濯やらをし始めました。
その姿に、在りし日の妻を思い浮かべる老人。

だが…

DSC09758_20101019042712.jpg
ダメ

結局、その姿を思い出してしまった老人は、ますます生きる気力を失うコトに…
老人は生きる気力をとり戻せるのか?
そしてシスター・沙聖の身体はどうなる…?

続きと結末はご自分の目でお確かめください。


はい、という訳でシスター・沙聖メインの話…
…のハズなのだが、結局はいずなの話になっている様な…
まぁ、今回はシスター・沙聖の私服姿が見られたので良しとします。
エロピンチ?オイロケシーン?
そんなのはどーでもいいよ。
そんなのよりも、私服姿の方が貴重だし。
っていうか、シスター・沙聖の場合、自分ではシスター服以外着そうにないし。

しかし、シスター服の時だと解りづらいケド、けっこう大きいのね。
いや、今までも、服が破けていたシーンが何度かあるので、大きさ自体は解ってはいたのですが…
こうして胸が強調される…、というか隠さない服だとよく解るなー。
素晴らしいなー。


え?老人?
正直、どーでもいいし。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
”美少女いんぱら!”第106話 「ヤングアニマル嵐」No.11感想
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。