い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/05 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/07
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2010/10/26(火) 05:18 その他のマンガ
毎週毎週、もっと早く書こうと思っているのに、何でこうも遅くなるのか…
まぁ、私のサボりが原因なんですケド。
主に、ズクのなさ(地域限定語)とか、眠気とかが。


という訳で本日は”釣り屋 ナガレ”第83話のレビューです。


[感想バックナンバー]
読みきり版

第1話「釣り姫様」
第2話「ハゼに始まり」
第3話「ホームレス釣り屋」
第4話「天才釣り師」
第5話「ジェット噴射だ!!」
第6話「謎の捕食者(スキッドイーター)」
第7話「伊勢エギVSワラサヤエン」
第8話「決戦!!オオアカイカ」
第9話「イカ祭り!!」
第10話「少年たちの終わらない夜」
第11話「二人のスズキ」
第12話「養老川のアユ1」
第13話「養老川のアユ2」
第14話「養老川のアユ3」
第15話「ヒラメの憂鬱」
第16話「海の弾丸 カツオ1 ―再会―」
第17話「海の弾丸 カツオ2 ―出航―」
第18話「海の弾丸 カツオ3 ―船上―」
第19話「海の弾丸 カツオ4 ―水沈―」
第20話「海の弾丸 カツオ5 ―台風―」
第21話「海の弾丸 カツオ6 ―鳥山―」
第22話「海の弾丸 カツオ7 ―快釣―」
第23話「海の弾丸 カツオ8 ―気配―」
第24話「海の弾丸 カツオ9 ―衝撃―」
第25話「海の弾丸 カツオ10 ―白刃―」
第26話「海の弾丸 カツオ11 ―晩餐―」
第27話「先生、あのね」
第28話「シロギスの心1 ―勝負―」
第29話「シロギスの心2 ―V字―」
第30話「シロギスの心3 ―接戦―」
第31話「シロギスの心4 ―決着―」
第32話「鮎娘1 ―金鮎―」
第33話「鮎娘2 ―鮎竿―」
第34話「鮎娘3 ―開眼―」
第35話「鮎娘4 ―一生―」
第36話「おかえり」
第37話「金色の主1 ―出発―」
第38話「金色の主2 ―接触―」
第39話「金色の主3 ―目撃―」
第40話「金色の主4 ―正体―」
第41話「金色の主5 ―金鯰―」
第42話「金色の主5(6?) ―創意―」
第43話「金色の主6 ―ヘリ―」
第44話「金色の主7 ―散弾―」
第45話「金色の主8 ―我慢―」
第46話「金色の主9 ―生殺―」
第47話「泳ぐ宝石1 ―釣り具屋さんへ行こう!―」
第48話「泳ぐ宝石2 ―管釣りへ行こう!―」
第49話「泳ぐ宝石3 ―リベンジしよう!―」
第50話「泳ぐ宝石4 ―友達になろう!―」
第51話「夜の盗賊団」
第52話「夜を往け」
第53話「野良猫の唄」
第54話「男の戦い」
第55話「男(バカ)」
第56話「氷の使者1 ―氷結湖―」
第57話「氷の使者2 ―公魚―」
第58話「氷の使者3 ―氷上祭り―」
第59話「氷の使者4 ―名人―」
第60話「氷の使者5 ―トロフィー―」
第61話「桐山 命」
第62話「禁じられた遊び」
第63話「今日までそして明日から」
第64話「龍馬が来た!」
第65話「あの味 あの魚」
第66話「キャスティング1 ―フライ―」
第67話「キャスティング2 ―練習―」
第68話「キャスティング3 ―競技―」
第69話「キャスティング4 ―会場―」
第70話「キャスティング5 ―前夜―」
第71話「キャスティング6 ―開幕―」
第72話「キャスティング7 ―早撃ち(クイックスロー)―」
第73話「キャスティング8 ―突風―」
第74話「キャスティング9 ―柔軟―」
第75話「キャスティング10 ―理論―」
第76話「キャスティング11 ―追い風―」
第77話「キャスティング12 ―激投―」
第78話「キャスティング13 ―仲間―」
第79話「キャスティング14 ―44番―」
第80話「キャスティング15 ―断裂―」
第81話「キャスティング16 ―悪意―」
第82話「キャスティング17 ―回転―」

番外編.1「懐かしい年への手紙」
番外編.2「命の別名」
番外編.3「その男 ナガレ」
番外編.4「ススムとナミオの男の休日♪」

単行本1巻紹介
単行本2巻紹介
単行本3巻紹介
単行本4巻紹介
単行本5巻紹介
単行本6巻紹介
単行本7巻紹介
単行本8巻紹介


[前回のあらすじ]
パンチラ投法、再び!


[今回のストーリー]
という訳で、片手投げでの距離競技で、車イス少年が好記録を出しました。
しかし、そんな車イス少年に忍び寄るゼッケン44番の魔の手!

DSC09802_20101026042227.jpg
接近

エロゲ主人公の時と同じく、車イス少年のサオに興味があるみたいです。
またしても何やら企んでいるのでしょうか?
しかし、エロゲ主人公のコトがあったので、車イス少年は慎重に…

慎重に…

慎重…

DSC09804_20101026042549.jpg
見せる

…アレ?
アッサリと見せてしまいました。
この反応には、ゼッケン44番もビックリ。
しかし、車イス少年もタダで貸す訳はなかった。

DSC09805_20101026042626.jpg
交換条件

交換条件として、ゼッケン44番のサオを見せてくれるように要求。
当然、ゼッケン44番がこの要求をのめる訳はない。
何せ、相手はゼッケン44番がエロゲ主人公のサオに何をしたのか知っている訳だから。

相手の条件に対し、躊躇していると、ゼッケン44番の番がやってきた。

DSC09806_20101026042712.jpg
逃亡

コレ幸いとばかりに、逃げていくゼッケン44番。
こうして車イス少年のサオは守られました。

ココまで書いてきて、何かエロマンガみたいになっている気がするのですが、気の所為ですよね。
…って、私は何を書いているんでしょうかね?今更なのに。
釣りマンガなのにねー。何がエロいんですかね?ボケたかな?


という訳で、ゼッケン44番の番です。

DSC09807_20101026042821.jpg
不思議なかまえ

ゼッケン44番は、不思議なかまえをとった。
しかし、元々釣り専門学校の生徒だったからか、その実力は相当のモノであった。

DSC09808_20101026043106.jpg
実力者

記録は何と、ダントツの60メートル越え。
失格になってしまったが、もしいたのなら、エロゲ主人公とドッチがとばすか?といった感じかもしれない。
コレには会場中がビックリ。

氷馬もビックリしていたが、記録よりも別の部分に興味が行ったみたいだった。

DSC09809_20101026043218.jpg
興味津々

ゼッケン44番が使っているサオが気になるみたい。
どうやら、ゼッケン44番は、サオのグリップにゴルフクラブを使っているみたいで、氷馬はソレが気になって仕方がないのだ。
そして、ゼッケン44番にせがんで、サオを見せてもらったのだった。

DSC09810_20101026043531.jpg
ゴルフクラブ

ゼッケン44番が、他人にサオを見せるとは思えないのだが、氷馬のイキオイに押されたのか、簡単に貸してしまうゼッケン44番。

で、このゴルフクラブ。
ゼッケン44番はゴミ捨て場から拾ってきて使っているらしい。
実は、ゼッケン44番の使っているサオは、全てがこうしたジャンク品の寄せ集めで出来ているらしい。
釣り専門学校時代からそうらしいのだが、こうしたコトがゼッケン44番の中で劣等感となっており、ソレが原因でヒネているみたい。

今回も、そのコトで氷馬に笑われると思っていたみたいだが、氷馬は違う反応をした。

DSC09811_20101026043705.jpg
氷馬の反応

氷馬も、釣り場に捨ててあるゴミを拾って釣りをするコトはよくあるコト。
そうやって釣りで生活している「釣り屋」なのだから。
だから、ゴミで造ったサオを見て、感心するコトはあっても、笑ったりバカにしたりなどしない。
ゼッケン44番にとって、氷馬のこの反応は予想外だった。

DSC09812_20101026044016.jpg
笑顔

…が、車イス少年からゼッケン44番のコトを聞いていた氷馬は、最後にサラッとゼッケン44番の所業にクギをさした。
だが、この言葉はゼッケン44番には届かなかった。

DSC09813_20101026044952.jpg
拒絶

ゼッケン44番とは競技で決着をつけなければダメなのか…?
そして、片手投げ距離競技の第2ラウンドが開始された…

といった辺りで次回へと続く。


[感想とか]
という訳で、今回はゼッケン44番がメインの話。
どうやら、ゼッケン4番が釣り専門学校を退学する原因になった事件は、ウラがあるみたいだが…
とはいえ、劣等感からくるヒネた性格が災いしているのも事実だから、どうしようもない気もする。
そもそも、学費の話だったら、まずは学校側と相談するモンなんじゃないのかと。
釣りの実力はあるみたいなのだから、なおさら残念なトコロだ。
まぁ、このシリーズが終わる頃には何とかなっていそうではある。
だってこのマンガだし。
もしかしたら復学の可能性も…!?
安西先生、釣りが…、したいです。なんちゃって。安西先生じゃなくて白堂先生だケド。


で、ゼッケン44番が出した60メートル越えの記録。
エロゲ主人公ならまだしも、車イス少年や氷馬がこの記録に勝てるのかな?
コレはもう、ムリなんじゃないかなー、という気がしないでもないのだが…
まぁ、この競技で終わりという訳でもないし、他の競技で挽回すれば…、という話ではあるのだが、ゼッケン44番は他の競技も得意そうではある。
流石に、1日目終了後時点で2位(本当は3位)だったダケはある。


さぁ、注目の第2ラウンドだ!楽しみだなー。
特に、金髪ちゃんのパンチラ投法が。
え?もう描かれない?
いやいや、そんなコトは…
充分にありえるな。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
”ナナとカオル”4巻 ”青春ポップ!”2巻
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。