い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/04 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/06
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2010/10/28(木) 16:45 コミックレビュー
横浜ベイスターズの売却話が決裂したそうですね。
私としては、クソ親会社でなくなるのを願っていたのだが。
ついでにフロントも一新して欲しかったのだが…
残念なコトです。
コレで内川選手、村田選手の離脱は確実か?
まぁ、村田選手は別にいらないですケドねー。


さて本日紹介するマンガはコチラ。
ナナとカオル
白泉社刊/甘詰留太氏


[作品概要]
杉村薫(すぎむら・かおる)、17歳。
千草奈々(ちぐさ・なな)、同い年。
2人は、家が隣同士(厳密にはアパートの隣の部屋)の、所謂幼馴染だ。
高校に入ってからは微妙な関係が続いていた。

さて、薫にはヒミツのシュミがあった。
SMの妄想である。
妄想にとどまらず、そのテのグッズもかなり保有しているのだった。
当然、そのグッズが正しく使用されるコトはなかった。相手がいないからだ。

そんなある日、ヒョンなコトから奈々の手にボンデージ衣装が渡ってしまう。
興味本位からその衣装を着てしまった奈々であったが、何とカギがかかっており、脱げなくなってしまったのだ。
そして、奈々は薫に助けを求める。
薫は、カギを渡す代償として、ボンデージを着た奈々をジックリ見たいと言い出し…?


[過去記事]
1巻紹介
2巻紹介
3巻紹介


[内容補足と感想とか]
さて前巻で、セカンドヒロインの館が登場しましたが、基本的にはプレイは薫と奈々の2人で行われます。
まぁ、双方がソレを望んでいるのだから、当たり前といえば当たり前。
奈々は館にヤキモチを妬いているし、薫は奈々以外にはプレイする気がないので。

という訳で、今回のプレイも薫と奈々の2人で行われます。
今回のプレイは…

DSC09814_20101026054157.jpg
今回のプレイ

恥ずかしいカッコウでした。
布面積が少ない…、というか少なすぎる服?に着替えさせられる奈々。

で、肝心のプレイ内容なのですが、実は薫は奈々のこのカッコウを直接見ている訳ではありません。
今回のプレイ、ソレは、奈々が自分でこのカッコウの写真を撮るというモノでした。

DSC09815_20101026054203.jpg
写真

そしてその写真を、薫の携帯電話に送信というプレイ。
写真とはいえ、自分の恥ずかしいカッコウを薫に見られるという訳で。
恥ずかしさのあまり、段々と興奮してくる奈々。

そして、最後に薫が出した指示というのが…
…っと、続きと結末はご自分の目でお確かめください。


さて次のプレイは開口器。
開口器というのは、その名のとおり、口を強制的に開かせる器具なのです。

DSC09816_20101026054246.jpg
開口器

口を閉じられないというコトは、当然、ヨダレがとめられない訳で…
まぁ、そんなプレイな訳です。


さて次のプレイは…

DSC09817_20101026054342.jpg
プレイ?

コスプレです。
…と思いましたが、コレはプレイではありません。
テストで追試になった薫。
そのコトが母親にバレ、怒った母親が奈々に薫の勉強を見てもらう様にお願いしたのだった。
で、ノリノリの奈々がメガネまでかけて、先生役になっているのだ。

初めのうちは勉強をやっていたのだが、薫が奈々と2人きりという状況で平静でいられる訳はない。
当然、勉強のコトなど頭に入ってこない。
加えて、奈々は教えるのが実にヘタクソだった。

そんな感じであまり勉強になっていたとはいいがたい。
そのうち、薫はトイレに逃げてしまった。
その間に、奈々は薫の部屋をあさってしまう。
そうして、見てはならないモノを見つけてしまった。

DSC09818_20101026054910.jpg
SM道具

SMの道具である。
次の「息抜き」に使う為に、薫が買っていたモノであった。

で、この重りがついたクリップ。
どうやって使うのかというと…

DSC09819_20101026055056.jpg
使い方

乳○につける道具だったのだ。

しかし、今は勉強中。
「息抜き」している場合ではない。
ソコで薫はある提案をする。

DSC09820_20101026055410.jpg
提案

問題が解けたら、コレをつけてくれ、と。
薫の部屋をカッテに見てしまったという罪悪感から、奈々はこの提案を了承。
勉強がプレイになってしまうのか…?
続きはご自分の目でお確かめください。


さて追試の結果、薫は見事に落第。
冬休みに補習となってしまう。
完全に薫の自業自得なのだが、奈々は自分にも責任があると感じたようだった。

DSC09821_20101026055728.jpg
謝罪

元々薫は、特に気にしていなかったし、奈々の所為だと思っていた訳ではないのだが、奈々の謝罪に対して何の反応もしなかったので、奈々は薫がホンキで怒っていると勘違い。
思わず「何でもするから許して欲しい」と言ってしまう。

ソレに対して薫は…

DSC09822_20101026060141.jpg
要求

お尻を叩かせて欲しいと言ってしまうのだった。
そして、奈々は、ソレを了承した。

という訳で、お尻叩きプレイ、スパンキングです。
一般的に、SMプレイといって想像されるのが、縄だったりロウソクだったりムチだったりする訳ですが、スパンキングはそのムチを使ったプレイになる訳です。

…が。
薫は奈々のコトを考えた結果、ムチを使うのはやめた。
ムチではなく、自分の手で叩くコトにしたのだ。

DSC09823_20101026060705.jpg
スパンキング

初心者だと、ムチでの力加減が解らずに、相手に大きなケガをさせてしまう可能性もある。
その点、手で叩くのなら加減がつけやすい。
加えて、自分の手で叩くというコトは、自分の手も痛めるコトにもなる。
薫は、自分の手も痛める選択をしたのだった。ソレが薫なりの覚悟だった。


という訳で始まったスパンキング。
奈々が薫に謝罪する為のプレイである。
なので、その最中に、奈々に「自分は悪い子です」と言わせる薫。

DSC09824_20101026061410.jpg
言葉責め

今まで「いい子」であった奈々。
その奈々が、自ら「悪い子」だと言うのは、要するに今までの自分の否定。
肉体的にダケではなく、心も責めているのだ。

このプレイの行き着く先は!?
結末はご自分の目でお確かめください。

といった辺りで次巻へと続く。


はい、という訳でSMラブコメマンガの4巻です。
3巻でセカンドヒロインの館が登場したのですが、今巻では薫と奈々の2人きりのプレイしかありません。
まぁ、この巻から収録されている話は、掲載雑誌が変わったので、新しい読者に対する紹介的な意味合いもあるので、そうなっている部分もある訳ですが。
薫自身が、館を避けているという部分もあるしね。
館、哀れ…


奈々のエロ衣装は素晴らしかった。
コスプレ勉強会も良かった。
勉強会が、いつの間にやらプレイ状態になっていたのも良かった。
ココまでやっているのにも拘らず、未だに奈々の乳○って鉄壁なんだよねー。
まぁ、薫と奈々が恋人同士ではないから、というのが大きな理由の気もするし、作者の妙な拘りなのかもしれないし、その辺りは私には解らないけれども、鉄壁だからこそ表現できるエロもある訳だから、一概に悪いコトだとも言えないしね。
鉄壁なのにエロすぎるというのが恐ろしい。


そしてスパンキングプレイ。
SMと言われて思いつくであろう中に、ムチがあると思うのですが、そんなメジャーな?プレイです。
今回はムチを使っていませんが、使わないコトがで薫の奈々に対する愛が感じられるのが巧いですね。
あぁ、このマンガはラブコメなんだなぁ、というのが伝わってくる描写ですね。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
嬉しい出来事Part.67 ”釣り屋 ナガレ”第83話「キャスティング18 ―劣等―」
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。