い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2006/01 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2006/02
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2010/11/14(日) 04:16 その他のマンガ
「週刊少年ジャンプ」の懸賞で”ONE PIECE”のコースターセットが当選しました。

DSC09869_20101114025256.jpg
当選品

休載期間中にあった、特集ページの懸賞での当選です。
モノ自体は、夏のコミックフェアだか何だかで貰えたモノと同じです。
そのコンプリートセットですね。

4号連続での企画だったのだが、私は2つ当選しました。

DSC09870_20101114025303.jpg
2つ

ワザワザ記事を1つ作るまでもないので、ココで自慢報告というコトで。


さて本日は”現代都市妖鬼考 霊媒師いずな”48話のレビューです。


[感想バックナンバー]
第1話
第2話
第3話(前半部分)
後半部分は…。当ブログではノータッチで。
第4話
第5話
第6話
第7話
第8話
第9話
第10話
第11話
第12話
第13話
第14話
第15話
第16話
第17話
第18話
第19話
第20話
第21話
第22話
第23話
第24話
第25話
第26話
第27話
第28話
第29話
第30話
第31話
第32話
第33話
第34話
第35話
第36話
第37話
第38話
第39話
第40話
第41話
第42話
第43話
第44話
第45話
第46話
第47話

単行本1巻紹介
単行本2巻紹介
単行本3巻紹介
単行本4巻紹介
単行本5巻紹介
単行本6巻紹介


[ストーリーと感想とか]
最近、世間を恐怖に陥れている連続殺人鬼。
女性ばかりを狙ったこの犯人であったが、事件は犯人の死亡で幕を閉じた。

さて、こういった事件があると養生するのが、新井刑事。

DSC09874_20101114031531.jpg
新井刑事

まぁ、新井刑事は捜査一課ではないので管轄外ではある。
…のだが、今回は、捜査一課の刑事が、この事件に関して相談したいコトがあるというコトで、新井刑事がやってきた。

DSC09875_20101114032155.jpg
山本刑事

今回の事件を担当した山本刑事である。


さて、その相談というのは。

DSC09876_20101114032257.jpg
相談

今回の事件は、犯人が死亡してしまった為に、事件後の捜査が難航していた。
特に、被害者の遺体が見つかっていない場合もあり、いずなの助けを借りたいというコトだった。
いずなは、この仕事を引き受けたのだった。

こうしていずなの捜査が始まった。

DSC09877_20101114032344.jpg
捜査開始

まぁ、操作とはいっても、犯人の霊を呼び出して、本人に直接聞くというモノであったが。
いずなの霊力でコントロールされた犯人の霊は、山本刑事の質問に素直に答え、今回の試みは成功したのだった。
こうして事件は終わった。


さて、長々と霊のコントロールをしていたいずなは疲れていた。
霊力もほとんど残っていなかった。

DSC09878_20101114032810.jpg
お風呂シーン

だが、後はもう寝るダケだったので、特に問題はなかった。
…のだが、そうはいかなくなった。

DSC09879_20101114032854.jpg
悪霊

霊力が少なくなっていたからか、ちゃんと還せていなかったみたいで、悪霊化した犯人の霊がいずなのもとへとやってきたのだった。
当然、除霊しようとするいずなだが、霊力を消耗しているいずなでは太刀打ち出来なかった。

DSC09880_20101114033135.jpg
エロピンチ

逆に襲われてしまういずな。
エロピンチです。
そしてそのまま…

DSC09881_20101114033154.jpg
イラ○チオ?

性的に襲われ…
…じゃなかった、犯人の悪霊にとり憑かれてしまいました。
犯人は、死んでなお、殺人衝動にかられており、いずなの身体を手に入れるコトで、その願いを成就しようとしていたのだった。

DSC09882_20101114033703.jpg
とり憑かれる

こうして殺人鬼いずなが誕生したのだった。

…のはいいのだが、このシーンでこのセリフ…
どー見ても痴女にしか見えません。


そして夜が明けました。
この犯人は女性しか狙いません。
当然、初めの犠牲者は、いずなと一緒に暮らしているリン。

DSC09883_20101114034040.jpg
犠牲者?

と思ったのですが、この犯人は女性の好みにうるさいらしく、リンではダメだったみたい。
ロリコンではなかったというコトだな。
人として間違っているが、性的には間違っていないという訳ですね。

さて、この日はリンがルナさんの店でバイトをする日だった。
リンについていき、ルナさんの店までやってきた殺人鬼いずな。

DSC09884_20101114034154.jpg
ルナさん

最初の犠牲者はルナさんになってしまうのか?
と思ったのだが、ルナさんも好みではなかった。

DSC09885_20101114034530.jpg
ダメだし

好みにうるさいヤツだな。
何考えているんだと。

そうこうしているうちに、シスター・沙聖がやってきた。

DSC09886_20101114034543.jpg
シスター・沙聖

シスター・沙聖を見た瞬間、殺人鬼いずなの食指が動いた。

DSC09887_20101114034903.jpg
ターゲットロックオン

こうして最初の犠牲者に選ばれたのは、シスター・沙聖であった。
殺人鬼いずなは、シスター・沙聖を連れ出した。

DSC09888_20101114035314.jpg
連れ出す

殺人鬼いずなとシスター・沙聖がやってきたのはホテルの一室だった。
ホテルというのは、その前に「ラブ」がつくタイプのホテルである。
殺人鬼いずなは、人に聞かれたくない話をしたいといって、シスター・沙聖を連れ込んだのだった。
純粋なシスター・沙聖はコロッと騙されてしまった。
そして…

DSC09889_20101114035341.jpg
ユリ

シャワー室でユリシーンに突入。

DSC09890_20101114035817.jpg
ユリシーンPart.2

シスター・沙聖、貞操の危機!
っていうか、実はいずなも貞操の危機!
まぁ、本当は貞操ドコロか、命が危機なんですが。

DSC09891_20101114040031.jpg
命の危機

シスター・沙聖がピンチ!
どうなる!?
続きと結末はご自分の目でお確かめください。

…といいつつ、実はこのまま次回へと続く。


という訳で、ユリシーンです、ユリシーン。
今までも何度かあったのは事実ですが、ココまで本格的なのは初めてじゃないでしょうかね?
いや、本当はもっと深刻な場面ではあるのですが、ユリシーンが素晴らしすぎて、他のコトなどどーでもよくなってきますな。
しかも、いずなとシスター・沙聖のユリだしなぁ。
しかし、この2人、こんな状況でありながら、鉄壁の法則は守られるのね。
ルナさんなんか、イメージのシーンで描かれているのにね。
何この扱いの違いは!?


さて今回、このマンガでは初の続きモノです。
今まで、一挙2話掲載の時ですら、1話完結だったのに。
初の続きモノというコトでか、今までになく深刻であり、オイロケシーンも大盤振る舞いという濃密っぷり。
特に今回は、いずなが悪霊に憑かれているという状況ダケに、次回でどうなるのかが解らないなぁ。
リンやシスター・沙聖では力不足感が否めないしなぁ。
本当にどうなるんだろうなぁ?

まぁ、私としては、どんな決着になろうが、最後にシスター・沙聖が勘違いしたまま終わってくれればいいかな、と。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:12   トラックバック:0
”美少女いんぱら!”第108話 嬉しい出来事Part.69
コメント一覧
殺人鬼の霊に憑かれたいずながリンの様な非力な少女にナイフを突きつけたトコが怖いですねェ
URL 【 2010/11/14 14:50 】 編集
名無しG
>sさんコメント有難うございます
このマンガは一応ホラーマンガですから
どういったカタチであれ読者が恐怖を感じれば
成功したコトになるのではないでしょうか
URL 【 2010/11/15 10:03 】 編集
リンが駆け付けて来て塞胡に憑かれたいずなはいずなのふりをしてリンと歩くが
塞胡いずな「何故ここにいる?小娘」
リン「沙聖さんはどうしたの?」
塞胡いずな「沙聖は帰った」
リンは塞胡いずなに玩具の拳銃を突き付ける
塞胡いずな「何の真似だ?」
リン「貴様はいずな姉じゃない」
塞胡いずな「何を言ってるの?私は・・・」
リン「いずな姉は私の事をリンと呼ぶのよ」
塞胡いずな「ちっ!貴様等はそういう仲か?」
リンが塞胡いずなを玩具の拳銃で撃つ
となると思います!
URL 【 2010/11/15 20:35 】 編集
飛猿
お久しぶりです。飛猿です。コンビニで読んでみました。ユリシーンといえばはるかとみちるですよね。あと次回はいずなは絶対助かると思います。なぜなら、玉藻が助けにくるからです!でもこれはあくまでも僕の予想です。本当に出てきてほしいです。
URL 【 2010/11/16 20:30 】 編集
塞胡いずながリンの様な天真爛漫な女子中学生に興味を持たなかったのは意外ですねェ
URL 【 2010/11/16 20:57 】 編集
名無しG
>sさんコメント有難うございます
リンが何かをする可能性はあると思いますが…
その展開は唐突すぎでは?

好みの問題もあると思いますが…
中学生はアウト
性的な意味で


>飛猿さんコメント有難うございます
あるあ…
ねーよ!(笑

助かるとは思いますが
その展開では前作を知らない人が楽しめません
URL 【 2010/11/18 05:18 】 編集
いずなは中2の時も口寄せに失敗してぬ~べ~先生に助けて貰ったけど、高校生になってからも失敗しましたねェ
URL 【 2010/11/18 20:44 】 編集
名無しG
>sさんコメント有難うございます
そんな話ありましたっけ?
あまり憶えていないのです…
URL 【 2010/11/21 11:44 】 編集
リン以外にも神待ち少女がいたけど塞胡魔太郎は神待ち少女を襲わなかったのですかねェ
URL 【 2010/11/21 14:19 】 編集
名無しG
>sさんコメント有難うございます
そういう女性は好みではないとハッキリとかかれていますので
そういうコトなのでしょう
URL 【 2010/11/30 12:03 】 編集
リンは塞胡いずなにナイフを突き付けられても恐れてなかったですねェ
URL 【 2011/04/17 15:28 】 編集
名無しG
>sさんコメント有難うございます
アレはつきつけられたとはいわない
URL 【 2011/04/21 04:11 】 編集
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。