い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2006/01 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2006/02
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2010/11/15(月) 09:58 その他のマンガ
♪気がつけば~♪後ろに道が~♪シッカリと出来ていて~♪

という訳で、本日11/15は私の誕生日です。
毎年そうなんですが、今年20回目の誕生日になります。
永遠のティーンエイジャーです。
あぁ、そうそう。
冒頭の歌詞と私の年齢とには何の因果関係もないので、邪推はおやめくださいネ。


という訳で本日は”釣り屋 ナガレ”第86話のレビューです。


[感想バックナンバー]
読みきり版

第1話「釣り姫様」
第2話「ハゼに始まり」
第3話「ホームレス釣り屋」
第4話「天才釣り師」
第5話「ジェット噴射だ!!」
第6話「謎の捕食者(スキッドイーター)」
第7話「伊勢エギVSワラサヤエン」
第8話「決戦!!オオアカイカ」
第9話「イカ祭り!!」
第10話「少年たちの終わらない夜」
第11話「二人のスズキ」
第12話「養老川のアユ1」
第13話「養老川のアユ2」
第14話「養老川のアユ3」
第15話「ヒラメの憂鬱」
第16話「海の弾丸 カツオ1 ―再会―」
第17話「海の弾丸 カツオ2 ―出航―」
第18話「海の弾丸 カツオ3 ―船上―」
第19話「海の弾丸 カツオ4 ―水沈―」
第20話「海の弾丸 カツオ5 ―台風―」
第21話「海の弾丸 カツオ6 ―鳥山―」
第22話「海の弾丸 カツオ7 ―快釣―」
第23話「海の弾丸 カツオ8 ―気配―」
第24話「海の弾丸 カツオ9 ―衝撃―」
第25話「海の弾丸 カツオ10 ―白刃―」
第26話「海の弾丸 カツオ11 ―晩餐―」
第27話「先生、あのね」
第28話「シロギスの心1 ―勝負―」
第29話「シロギスの心2 ―V字―」
第30話「シロギスの心3 ―接戦―」
第31話「シロギスの心4 ―決着―」
第32話「鮎娘1 ―金鮎―」
第33話「鮎娘2 ―鮎竿―」
第34話「鮎娘3 ―開眼―」
第35話「鮎娘4 ―一生―」
第36話「おかえり」
第37話「金色の主1 ―出発―」
第38話「金色の主2 ―接触―」
第39話「金色の主3 ―目撃―」
第40話「金色の主4 ―正体―」
第41話「金色の主5 ―金鯰―」
第42話「金色の主5(6?) ―創意―」
第43話「金色の主6 ―ヘリ―」
第44話「金色の主7 ―散弾―」
第45話「金色の主8 ―我慢―」
第46話「金色の主9 ―生殺―」
第47話「泳ぐ宝石1 ―釣り具屋さんへ行こう!―」
第48話「泳ぐ宝石2 ―管釣りへ行こう!―」
第49話「泳ぐ宝石3 ―リベンジしよう!―」
第50話「泳ぐ宝石4 ―友達になろう!―」
第51話「夜の盗賊団」
第52話「夜を往け」
第53話「野良猫の唄」
第54話「男の戦い」
第55話「男(バカ)」
第56話「氷の使者1 ―氷結湖―」
第57話「氷の使者2 ―公魚―」
第58話「氷の使者3 ―氷上祭り―」
第59話「氷の使者4 ―名人―」
第60話「氷の使者5 ―トロフィー―」
第61話「桐山 命」
第62話「禁じられた遊び」
第63話「今日までそして明日から」
第64話「龍馬が来た!」
第65話「あの味 あの魚」
第66話「キャスティング1 ―フライ―」
第67話「キャスティング2 ―練習―」
第68話「キャスティング3 ―競技―」
第69話「キャスティング4 ―会場―」
第70話「キャスティング5 ―前夜―」
第71話「キャスティング6 ―開幕―」
第72話「キャスティング7 ―早撃ち(クイックスロー)―」
第73話「キャスティング8 ―突風―」
第74話「キャスティング9 ―柔軟―」
第75話「キャスティング10 ―理論―」
第76話「キャスティング11 ―追い風―」
第77話「キャスティング12 ―激投―」
第78話「キャスティング13 ―仲間―」
第79話「キャスティング14 ―44番―」
第80話「キャスティング15 ―断裂―」
第81話「キャスティング16 ―悪意―」
第82話「キャスティング17 ―回転―」
第83話「キャスティング18 ―劣等―」
第84話「キャスティング19 ―秘密―」
第85話「キャスティング20 ―世界―」

番外編.1「懐かしい年への手紙」
番外編.2「命の別名」
番外編.3「その男 ナガレ」
番外編.4「ススムとナミオの男の休日♪」

単行本1巻紹介
単行本2巻紹介
単行本3巻紹介
単行本4巻紹介
単行本5巻紹介
単行本6巻紹介
単行本7巻紹介
単行本8巻紹介


[前回のあらすじ]
ゼッケン44番の新世界。


[今回のストーリー]
さて氷馬や車イス少年の高記録に焦るゼッケン44番。
絶対に負けられないと、切り札を投入してきます。

DSC09904_20101115091841.jpg
切り札

何かと思ったら、鉛入りの仕掛けだった。
要するに、規定のモノよりも重くなるので、遠くまでとばせるという話です。


一方で。

DSC09905_20101115091905.jpg
金髪ちゃん


DSC09906_20101115091938.jpg
氷馬


最後の3投目が始まっていました。
金髪ちゃんやお嬢様、生意気少女は絶好調。
この日、自己最高記録をマークしました。
お嬢様も、自身初の40メートルオーバーと、氷馬や車イス少年の活躍に触発されたみたい。
まぁ、金髪ちゃんや生意気少女には負けているのですが。

そして氷馬は新投法で挑戦するも、ファールになってしまいました。
この辺り、まだまだ成功率が低いというコトですね。

そして。

DSC09907_20101115092012.jpg
車イス少年

車イス少年が、この日の最高記録をマークしました。
何と65メートルオーバー。
このままなら、車イス少年が総合1位になります。

完全に焦るゼッケン44番。

DSC09908_20101115092113.jpg
焦り

もはや、逆転する為には、反則するしかない。
ゼッケン44番の心は決まりました。


…と、車イス少年に電話がかかってきました。

DSC09909_20101115092206.jpg
電話

相手は釣り専門学校の引率教師です。
引率教師は、例のゼッケン44番退学の真相をエロゲ主人公から聞いたらしい。

っていうか、引率教師は会場にいるんじゃないんだ。
何やってんだ?ゼッケン44番対策に、会場に行くと言っていなかったか?
どうしようもねーな。

さて、この引率教師、ゼッケン44番に話があるとのコト。

DSC09911_20101115092757.jpg


当然、退学騒動の真相のコトである。
どうやら、退学処分が取り消しになったらしい。
そして、希望すれば復学出来るというコトであった。

しかし、ゼッケン44番の最大の問題は、学費が払えないというコトなので、退学処分が取り消しになっても意味はなかったのだ。

…が、この問題も解決可能であった。
今でなくても、お金を貯めた後でも大丈夫というコトだった。
ゼッケン44番は直ぐに決めるコトは出来なかった。

その後、車イス少年が説得します。

DSC09914_20101115093455.jpg
説得

実は、車イス少年も、自分の足のコトで人を羨み、妬み、とある事件を起こしたコトがあるみたい。

DSC09915_20101115093507.jpg
事件

何でも、同級生の靴を燃やしてしまったらしいのだ。
しかし、そんなコトをしても何の意味もなかった。
心がはれる訳でもなく、足が動くようになる訳でもなかった。

そんな話を聞きつつ、ゼッケン44番の順番がやってきた。

DSC09916_20101115093908.jpg
ゼッケン44番

反則を使えば、勝ちは確実。
後はただ、投げるダケ。

DSC09918_20101115094103.jpg
葛藤

バレなければ問題ない。
だが、車イス少年の話を聞いたゼッケン44番は投げられない。
迷い、葛藤。

そして…

DSC09919_20101115094413.jpg
棄権

結局、反則をするコトは出来なかった。

といった辺りで次回へと続く。


[感想とか]
ゼッケン44番の反則というのは、仕掛けに鉛を仕込んでいるコトでした。
単純に重さを増しているという話でした。
何だ、もっと高度な話かと思って期待していたのに。
何というガッカリ感。

っていうか、この競技で勝てば優勝って言っているケド、この競技って2日目の最初の競技じゃなかったっけ?
長々とやっているから忘れそうだけれども。
この競技で勝っても、他の競技で逆転される可能性もあるのでは…!?
まぁ、点数計算的に距離競技でしか得点差がでにくいのかもしれないけれども。


そして、ゼッケン44番が改心。
意外と早かったな。
競技の最後の方までひっぱっていくかと思ったのだが。
と思っていたら、キャスティング編はそろそろ終わるみたい。
まぁ、こんなに長々やっていては仕方がないか。
正直、余計な話(ゼッケン44番のくだり)がなければもっと早く終わっていたと思うのだが…
こういう話は、人気の面でも不利だろうしなぁ。
でも、こういう話をやってしまうのが竹下氏なのだから仕方がない。
その辺り、巧くやれる様な漫画家だったら、もっと人気出てると思うしねー。


ってな訳で、優勝は車イス少年に決まりかな?
そしてお嬢様の愛の告白はどうなる!?生意気少女は?
その辺りが楽しみです。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
「ヤングチャンピオン烈」No.12(Vol.34)感想 ”美少女いんぱら!”第108話
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。