い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/05 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/07
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2010/11/30(火) 11:59 その他のマンガ
という訳で、風邪でダウンしていました。
まだ完全という訳ではないですが、更新再開します。
っていうか、今更このマンガの記事です。


という訳で本日は”釣り屋 ナガレ”第87話のレビューです。


[感想バックナンバー]
読みきり版

第1話「釣り姫様」
第2話「ハゼに始まり」
第3話「ホームレス釣り屋」
第4話「天才釣り師」
第5話「ジェット噴射だ!!」
第6話「謎の捕食者(スキッドイーター)」
第7話「伊勢エギVSワラサヤエン」
第8話「決戦!!オオアカイカ」
第9話「イカ祭り!!」
第10話「少年たちの終わらない夜」
第11話「二人のスズキ」
第12話「養老川のアユ1」
第13話「養老川のアユ2」
第14話「養老川のアユ3」
第15話「ヒラメの憂鬱」
第16話「海の弾丸 カツオ1 ―再会―」
第17話「海の弾丸 カツオ2 ―出航―」
第18話「海の弾丸 カツオ3 ―船上―」
第19話「海の弾丸 カツオ4 ―水沈―」
第20話「海の弾丸 カツオ5 ―台風―」
第21話「海の弾丸 カツオ6 ―鳥山―」
第22話「海の弾丸 カツオ7 ―快釣―」
第23話「海の弾丸 カツオ8 ―気配―」
第24話「海の弾丸 カツオ9 ―衝撃―」
第25話「海の弾丸 カツオ10 ―白刃―」
第26話「海の弾丸 カツオ11 ―晩餐―」
第27話「先生、あのね」
第28話「シロギスの心1 ―勝負―」
第29話「シロギスの心2 ―V字―」
第30話「シロギスの心3 ―接戦―」
第31話「シロギスの心4 ―決着―」
第32話「鮎娘1 ―金鮎―」
第33話「鮎娘2 ―鮎竿―」
第34話「鮎娘3 ―開眼―」
第35話「鮎娘4 ―一生―」
第36話「おかえり」
第37話「金色の主1 ―出発―」
第38話「金色の主2 ―接触―」
第39話「金色の主3 ―目撃―」
第40話「金色の主4 ―正体―」
第41話「金色の主5 ―金鯰―」
第42話「金色の主5(6?) ―創意―」
第43話「金色の主6 ―ヘリ―」
第44話「金色の主7 ―散弾―」
第45話「金色の主8 ―我慢―」
第46話「金色の主9 ―生殺―」
第47話「泳ぐ宝石1 ―釣り具屋さんへ行こう!―」
第48話「泳ぐ宝石2 ―管釣りへ行こう!―」
第49話「泳ぐ宝石3 ―リベンジしよう!―」
第50話「泳ぐ宝石4 ―友達になろう!―」
第51話「夜の盗賊団」
第52話「夜を往け」
第53話「野良猫の唄」
第54話「男の戦い」
第55話「男(バカ)」
第56話「氷の使者1 ―氷結湖―」
第57話「氷の使者2 ―公魚―」
第58話「氷の使者3 ―氷上祭り―」
第59話「氷の使者4 ―名人―」
第60話「氷の使者5 ―トロフィー―」
第61話「桐山 命」
第62話「禁じられた遊び」
第63話「今日までそして明日から」
第64話「龍馬が来た!」
第65話「あの味 あの魚」
第66話「キャスティング1 ―フライ―」
第67話「キャスティング2 ―練習―」
第68話「キャスティング3 ―競技―」
第69話「キャスティング4 ―会場―」
第70話「キャスティング5 ―前夜―」
第71話「キャスティング6 ―開幕―」
第72話「キャスティング7 ―早撃ち(クイックスロー)―」
第73話「キャスティング8 ―突風―」
第74話「キャスティング9 ―柔軟―」
第75話「キャスティング10 ―理論―」
第76話「キャスティング11 ―追い風―」
第77話「キャスティング12 ―激投―」
第78話「キャスティング13 ―仲間―」
第79話「キャスティング14 ―44番―」
第80話「キャスティング15 ―断裂―」
第81話「キャスティング16 ―悪意―」
第82話「キャスティング17 ―回転―」
第83話「キャスティング18 ―劣等―」
第84話「キャスティング19 ―秘密―」
第85話「キャスティング20 ―世界―」
第86話「キャスティング21 ―鉛の心―」

番外編.1「懐かしい年への手紙」
番外編.2「命の別名」
番外編.3「その男 ナガレ」
番外編.4「ススムとナミオの男の休日♪」

単行本1巻紹介
単行本2巻紹介
単行本3巻紹介
単行本4巻紹介
単行本5巻紹介
単行本6巻紹介
単行本7巻紹介
単行本8巻紹介


[前回のあらすじ]
ゼッケン44番の改心。


[今回のストーリー]
という訳で、ゼッケン44番はアッサリと陥落…
…じゃなかった、改心してしまいました。

DSC09923_20101128030626.jpg
棄権

そしてそのまま、車イス少年達に謝ると、棄権しました。
流石に、釣りやキャスティングまではやめないみたいですが。


さて一方。
車イス少年だが。
彼は、過去の事故が原因で足を悪くしたらしい。

DSC09924_20101128030632.jpg
フラグ?

車の事故で、両親は死亡。
双子の弟は、そのまま行方不明となったみたい。
だから、まだ生きている可能性があるコトはあるみたいなのだが…

とにかく、事故の後、立ち直るまでには相当な時間がかかったらしい。
今でも若干、ねじくれてはいると思うが…


さて、この大会も、最終競技を残すのみとなりました。
最後の種目は、両手投げによる距離競技です。
車イス少年と氷馬の差は30点以上。
氷馬が逆転する為には、21メートル近くの差をつけないとなりません。
限りなく不可能に近いですが、氷馬は諦めてはいません。

DSC09925_20101128030718.jpg
諦めない

お嬢様は、確実に負けるレベルですので、既に諦めて自分の記録を伸ばすコトに集中です。
負けたら氷馬に愛の告白がウヤムヤになったからと、チョーシのってますねー。


そして最終競技の開始です。
まずは車イス少年から。

DSC09926_20101128030834.jpg
車イス少年

さてこの、両手投げの距離競技ですが、サオに制限がありません。
プラグや糸の基準を満たしてさえいれば、サオは何を使っても問題ないのです。

車イス少年のサオは、とっても長いモノでした。
とても、マトモに振れるとは思えません。
しかし…

DSC09927.jpg
投擲

車イス少年はこのサオを使って、100メートル越えという記録を出しました。
車イスで身体を固定しているからこそ、この長いサオを振れたともいえる訳で、自分にとって不利ともいえる部分を利点に転化している訳ですね。


さて女性陣は、それぞれ回転投法を駆使し、記録を出していきます。

DSC09928.jpg
パンチラ投法

相変わらずの、金髪ちゃんのパンチラ投法に。

DSC09929_20101128031837.jpg
スパッツ投法

お嬢様のスパッツ投法。
まぁ、お嬢様はズっコケて失敗しましたが。
お嬢様曰く、距離競技は苦手とのコトだが…
正確さも苦手なんじゃないの?
というか、得意競技って何よ?っていうレベルだな。…ロリ読者釣り?

しかし、こうして金髪ちゃんとお嬢様を比べると、やはり金髪ちゃんの方が華があっていいな。
パンチラというのも素晴らしいですな。
コレで、ツインテールじゃなくって、ポニーテールだったら最高だったのにな。
だいたい、ツインテールだったら生意気少女がいるじゃないか。
何故にポニーテールにしないのかと…


さて、氷馬の番がやってきました。

DSC09930_20101128032919.jpg
氷馬

車イス少年との差は20メートル以上。
しかも、車イス少年は既に100メートル越えの大記録を出しています。
マトモに投げていたのでは、到底勝てません。

DSC09931_20101128033042.jpg
3回転

意を決した氷馬は、何と3回転!
が…

DSC09932_20101128033410.jpg
失敗

流石にムリだったのか、失敗!?

といった辺りで次回へと続く。


[感想とか]
はい、という訳でゼッケン44番は棄権してしまいました。
その結果、優勝争いは氷馬と車イス少年に絞られたんですかね。
とはいえ、車イス少年が圧倒的に有利なのは間違いないですが。


そして最終競技開始。
最後の競技は両手投げの距離競技。
サオの制限がないというコトで、長いサオを使って100メートル越えの記録を出した車イス少年。
不利と思われた車イスだが、逆にソレを利用していたというのが面白かったな。

しかし、片手投げの時は散々言われていた「追い風」「逆風」といったコトが、何事も無かったかの様になっているのは何故なんだ!?
この競技だって風の影響は受けるんじゃないのかと…
どうなってるんだ!?


そして気になったコト。
車イス少年の「双子の弟は見つかっていない」発言。
まさかとは思うのだが、氷馬がその弟という可能性はある…、かも?
今まで散々、似た者同士と言われていたし。
とはいえ、そうなると、氷馬は当時の記憶を失っているというコトになる訳で…
どうなんだろうな?
ただ、氷馬は左目を手術したコトがあるといっていた気がするし、この事故が元で…、という可能性もなくはない。
そのうち明かされるのかな!?どうだろう。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
”現代都市妖鬼考 霊媒師いずな”49話 嬉しい出来事Part.70
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。