い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/10 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/12
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2010/12/01(水) 05:41 コミックレビュー
もう12月ですねー。
12/31は休めるといいなー。
例のアレですよ、アレ。今年はどうなるかな…?


さて本日紹介するマンガはコチラ。
必蟲SWEEPERS
秋田書店刊/原作:藤見泰高氏/作画:カミムラ晋作氏


[あらすじ]
プロの業者も駆除できない害虫を退治を退治する「必蟲スイーパーズ」。
その正体は、小学生の女の子・東雲信濃(しののめ・しなの)率いるチームだった!
害虫退治は「必蟲スイーパーズ」におまかせ!


[内容補足と感想とか]
とある新築住宅で起こった事件。

DSC09950_20101201044810.jpg
事件発生

家の天敵、シロアリである。
業者に退治を依頼するも、一向に被害がおさまらない。
当然、業者にクレームをいれるのだが、業者側も対策はシッカリとやったとゆずらない。

そうして最後にいきついたのが…

DSC09951_20101201044840.jpg
最終手段

「必蟲スイーパーズ」だった。

さてこの「必蟲スイーパーズ」。
業者が退治出来ない害虫被害を解決してくれるらしい。
とはいえ、その正体は謎に包まれていた…

そして、やってきたのは何と。

DSC09952_20101201044859.jpg
必蟲スイーパーズ

小学生の女の子だった。
社長と名乗る東雲信濃。
そして助手という名のお荷物、近藤杏(こんどう・あん)。
ちなみに、杏の方も小学生である。
…反則だろ…

実は、この依頼人の女性、小学校の教師で、信濃と杏はその教え子だった。
まぁ、ソレはともかく、早速調査を開始する信濃。
だが、シロアリ退治に失敗した業者は、ちゃんとしたトコロだったらしく、最新の駆除技術を駆使してシッカリと対策してあったのだ。

…が、にもかかわらず、シロアリの被害はなおっていなかったのだ。

DSC09953_20101201045024.jpg
シロアリ被害

ちゃんとした業者が駆除出来なかったシロアリ退治に挑む信濃。
ちゃんと退治出来るのか…!?


さて、次の依頼は古着屋です。
依頼内容は、商品の古着の食害解決。

DSC09954_20101201045242.jpg
食害

カツオブシムシ類の食害なのだが、害虫駆除会社では解決出来なかったとのコト。
この害虫は駆除が難しい訳でもなく、実際、駆除会社が駆除した後は被害がおさまるのだが、しばらくすると元通りになってしまうとのコトだった。
簡単なハズの駆除が成功しない理由とは…!?


次の依頼は、駆除とはちょっと違うモノだった。

DSC09955_20101201050346.jpg
虫刺され

何でも、発端は蚊に刺されたコトだったらしい。
初めは、単に蚊に刺されたダケだと思っていたのだが、しばらくすると刺された箇所が10センチ程に腫れてしまったというのだ。
通常、蚊に刺された場合、大きくても3センチくらいしか腫れないのだ。
病院にもいったが、原因不明。アレルギーではないかと診断されたのだった。

この話を聞いた信濃は、新種の蚊か、未知のウイルスを保有した蚊の存在を危惧する。

DSC09956_20101201050650.jpg
新種の蚊

未知なる蚊の存在に内心、心躍らせる信濃だが…!?


という訳で、原作:藤見泰高氏/作画:カミムラ晋作氏による昆虫マンガの第3弾です。
っていうかー、やっているコトが前作と大して変わっていない気が…
しかも、主人公が小学生になったコトにより、オイロケ要素という意味では大幅にグレードダウンしているし。
もうね、本当にね、どうなってんだ!?って話ですよ。
いや、確かにね?
杏は小学生とは思えないプロポーションで、それなりにオイロケシーンはある訳ですけれどもねぇ。

DSC09957_20101201050758.jpg
例1


DSC09958_20101201050929.jpg
例2


DSC09960_20101201051440.jpg
例3


なーんかこう、私の求めていたモノとちょっと違うというか…
流石に小学生だから、自重したのだろうか?


とはいえ、相変わらず昆虫の話は面白いですね。
事件の内容は、害虫退治がメインというコトで、前作に比べると、より身近になった感じでしょうか。
ある意味では恐怖が増したと言えなくも無い訳ですが…
特にシロアリなんか、本当に恐怖ですよねー。
しかも、業者ですら退治できないとなったら、本当に恐ろしい。

まぁ、そんな悩みを信濃が解決する訳ですが、この信濃。
所謂、厨二病といいますか…
害虫退治の際に、イチイチ大げさというか、ちょっとアレな作戦名を考えたりだとか…

DSC09961_20101201052607.jpg
作戦名

で、イザその作戦を決行すると、またしても怪しげな呪文を唱え始めたりだとか…

DSC09959_20101201052250.jpg
呪文

この、自分に酔っている感じが実に笑える。
実は、信濃自身もちょっとは恥ずかしいと思っているみたいなのだが…
こういうハッタリも、必要性があってのコトらしいので。
しかし笑える。


さてこのマンガは始まったばかり。
まだまだ、謎が多い信濃や杏。
何で必蟲スイーパーズなんかやっているのか?といった根本的な部分は何も明かされていませんからね。
そういった部分も含めて、今後にも注目していきたいですねー。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
”釣り屋 ナガレ”第88話「キャスティング23 ―意地―」 ”美少女いんぱら!”第109話
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。