い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/09
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2006/06/16(金) 03:14 その他のマンガ
さて、毎週恒例の”LIAR GAME”のお時間です。
という訳で今週もハリキっていってみましょーか!


[感想]
とか書いたけれども、感想書く気が起こらない。
理由は直のあまりのマヌケっぷりと、前回の考察で書いた展開になったコト。

直がバカというのは解りきっていたコトですが、ここまでとはね。
何回騙されれば気が済むのでしょうか。
多分、100回騙されても、101回目にまた騙されるタイプですな。

[今回の考察]
前回の考察どおりの展開になってしまいました。
しかし、フクナガはさらに策を仕掛けている可能性が高いです。
第1回の投票の結果は直が0票。フクナガが10票。
そしてそれ以外の人が5票づつです。
ここから考えられるコトは
直以外は全員票交換をしているというコトです。
モチロン、フクナガを含めて、です。
私はコレもフクナガの策ではないかと思います。
私はこのメンバーの中で、票交換に気づいたのはフクナガだけとすら思えるので、こんなコトを思うのですが、フクナガが全員に票交換の話をしたのではないでしょうか。
確実に直を落っことす為に、です。
というか、間違いないと思います。
全員で票交換をしていない場合、フクナガは5票で止まり、以後誰も入れません。
一方、直は、誰かに票交換を持ちかければ済む話です。
まあ、誰も話を聞いてくれない可能性は高いですが、0ではありません。その為、念を入れたのだと思います。
フクナガは直と違って口が達者ですから、不可能ではないでしょう。

自分の票は確保しつつ、票を獲得できない人間を作り出す。
コレがフクナガが弄した、勝つ為の策です。恐ろしい策士ですね。

[勝つ為には]
このまま、直が何もしなければ確実に負けます。
他のメンバーは(おそらく)票交換をしているでしょう。
しかし、口約束だけだと思います。
Mチケット使用による行動の強制を思いついた人がいれば、全員がお互いの投票を買い合えば既に勝敗は決していますが、それは考えにくいです。
バカだから気づかないというのもありますが
なによりコレをやられると直の勝利は既に消えているからです。

やっぱりMチケットで相手の票を買うというオチが予想されます。
フクナガと票交換をしている人がいるので(でなければフクナガは5票だから)その人を探すという展開になると予想。
多分、今回の敗者はフクナガだと思うのです。
その為のタイムリミットは最大で4時間足らず。
直には頑張って欲しいモノです。

私のつまらない文を読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
「ヤングアニマルあいらんど」no.5感想 ”絶望先生”の原作通りネタに関して
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。