い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2006/01 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2006/02
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2010/12/12(日) 03:23 その他のマンガ
ってな訳で、雪が降ったので、次はいつ降ってもいいように、車のタイヤを交換した。
まぁ、降らないでくれるのが1番なんですが。


という訳で本日は”美少女いんぱら!”110話のレビューです。


[感想バックナンバー]
1・2話/3話/4話/5話/6話/7話/8話/9話/10話
11話/12話/13話/14話/15話/16話/17話/18話/19話/20話
21話/22話/23話/24話/25話/26話/27話/28話/29話/30話
31話/32話/33話/34話/35話/36話/37話/38話/39話/40話
41話/42話/43話/44話/45話/46話/47話/48話/49話/50話
51話/52話/53話/54話/55話/56話/57話/58話/59話/60話
61話/62話/63話/64話/65話/66話/67話/68話/69話/70話
71話/72話/73話/74話/75話/76話/77話/78話/79話/80話
81話/82話/83話/84話/85話/86話/87話/88話/89話/90話
91話/92話/93話/94話/95話/96話/97話/98話/99話/100話
101話/102話/103話/104話/105話
106話/107話/108話/109話

番外編「~伊勢谷緋華の牝犬日記~」
特別編「ト・モ・ダ・チ ~高校1年の春~」

単行本1巻紹介
単行本2巻紹介


さて電車通学の蒼ちゃん。

DSC00005.jpg
電車通学

電車通学なので、痴漢にあうコトもあります。
とはいえ、以前の話では、実は蒼ちゃんは痴漢にはあまりあわないコトが明かされているんですケドねー。
今回のバカは、そのコトを知らない新参さんなんでしょうかね?

…と思っていたら。

DSC00006.jpg
イタズラ

その犯人はチャーちゃんだった。
イタズラでこんなコトをしたのだろうか?
どうもチャーちゃんらしくないなぁ。と思ったら。

DSC00007.jpg
寧々さん

チャーちゃんの双子の姉の寧々さんでした。納得。
寧々さんは、蒼ちゃんラブですからね。
どうやら、チャーちゃんが熱を出したのをいいコトに、蒼ちゃんと高校生活をしてみたくてやってきたらしい。

DSC00008.jpg
真相

っていうか、高校生活の前に、修学旅行の時に一緒にいただろ!
まぁ、高校生活とは違うのかもしれないケドさぁ。

ソコにやってきた哀れな犠牲者…、もとい弾馬先生。
弾馬先生は蒼ちゃんの想い人なので、寧々さんの敵です。
敵には容赦の無い寧々さん。

DSC00009.jpg
容赦なし

チャーちゃんよりもヒデぇ毒舌で弾馬先生を口撃。
弾馬先生はかなりお怒りに…

寧々さんは、さらに緋華ちゃんに接触。

DSC00011.jpg
緋華ちゃん

寧々さんのコトだから、また余計なコトを言うんだろうなぁ…
…と思っていたのだが。

DSC00012.jpg
授業中

何故だか、弾馬先生の授業の時に緋華ちゃんがいない。
寧々さんの入れ知恵で何かヤラかしたのか…!?

という訳で、緋華ちゃん大劇場のお時間です。
今回の緋華ちゃんですが…

…と思ったのですが、今回の緋華ちゃんはちょっとアレがすぎますので、当ブログでの紹介は見合わせます。
気になる肩はご自分の目でお確かめくださいネ。


そんなこんなで生徒指導室に呼ばれてしまった寧々さん。

DSC00013.jpg
生徒指導室

このままでは寧々さんの所為でチャーちゃんの評価が落ちてしまう…
…まぁ、実際の話はソコまで変わらない気もするのですが。
見かねた京ちゃんが、弾馬先生に真相を話します。

DSC00014.jpg
助け舟

そして、チャーちゃんになりすまして、この高校にやってきた理由も。

DSC00015.jpg
理由

別に女の子が女の子を好きになってもいいじゃないか。ラブの方で。
っていうか、このマンガでは比較的マトモな方だぞ?ある1点を除けばな。


さて今回は寧々さんが高校にやってくる話でした。
っていうか、初登場時に、寧々さんはそのうちこの高校に転校してくるんじゃないかと思っていたのですが、そんなコトにはならずに、忘れた頃にこういうネタですか。
まぁ、実は寧々さんがこの高校に転校してくると、話を作りづらくなる気がするので、そういう意味で転校してこなかったんじゃないかなー、と思う。
今回の話を見ていると、転校してこなくて正解だったかなー、と思えるな。


で、今回の最大のポイントは、弾馬先生→蒼ちゃんのフラグが立ったんじゃないのか?という点。
ちょっと当ブログでのタブーネタに抵触するので詳しくは書かないのですが、最後のコマでの弾馬先生のセリフが…
コレはフラグだろ?
というか、作者も同じシュミだというコトを考えるに、実は弾馬先生=作者の分身なのか?
いや、まさかな、そんな大胆なコトは…。
そんなコトがあったら、そりゃ職権乱用だろ。


[今回の萌えコマ]
さて今回の最萌えコマですが。

DSC00016.jpg
笑顔で挨拶

もうコレしかないだろ!っていう感じの笑顔です。
こんなの見せられちゃったらねぇ。
そりゃ、寧々さんでなくてもヤキモチ妬くわ!
うん、この笑顔は素晴らしい。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
「ヤングアニマル嵐」No.1感想 ”現代都市妖鬼考 霊媒師いずな”50話
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。