い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/04 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/06
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2011/03/11(金) 04:14 その他のマンガ
また長々とサボってしまいました。
サブブログの方は毎日更新しているので、どうしてもという方は、ソッチの方をみてやってください。


という訳で本日は”現代都市妖鬼考 霊媒師いずな”55話のレビューです。


[感想バックナンバー]
第1話
第2話
第3話(前半部分)
後半部分は…。当ブログではノータッチで。
第4話
第5話
第6話
第7話
第8話
第9話
第10話
第11話
第12話
第13話
第14話
第15話
第16話
第17話
第18話
第19話
第20話
第21話
第22話
第23話
第24話
第25話
第26話
第27話
第28話
第29話
第30話
第31話
第32話
第33話
第34話
第35話
第36話
第37話
第38話
第39話
第40話
第41話
第42話
第43話
第44話
第45話
第46話
第47話
第48話
第49話
第50話
第51話
第52話
第53話
第54話

単行本1巻紹介
単行本2巻紹介
単行本3巻紹介
単行本4巻紹介
単行本5巻紹介
単行本6巻紹介
単行本7巻紹介


[ストーリーと感想とか]
さて今回は、いずなが仕事に行く前から始まります。

DSC09660_20110311033002.jpg
お着替え中

どうやらいずなは、マンガ喫茶でセーラー服から仕事用の衣装に着替える模様。
家で着替えてくればいいのに…
何で、マンガ喫茶で着替えているのかはおいておき。
とにかく、着替えていると、個室なのに乱入者が。

DSC09661_20110311033008.jpg
乱入者

痴漢です。集団の痴漢。
哀れ、いずなはその男達に…

…かと思いましたが、違いました。
その男達は、いずなへの依頼者の使いでした。

DSC09662_20110311033020.jpg
依頼者

政治家の黒腹(くろはら)さん。
解りやすい名前です。マンガではよくある名前ですね。現実でこんな名前の立候補者がいたら、間違いなく誰も投票しないだろうが。

さて、依頼内容であるが。

DSC09663_20110311033241.jpg
依頼内容

どうやら息子が霊障に悩まされているとのコトで、何とかして欲しいというコトであった。

DSC09664_20110311033358.jpg
霊障

医者では治療出来なかったのだ。
そして調査した結果、霊障であると解り、その業界では有名ないずなに依頼に至った、とのコトだった。

さて、この霊障であるが、単なる霊障ではなかった。

DSC09665_20110311033529.jpg
呪い

呪いであったのだ。
呪いなので、術者を何とかしない限り、祓うのは不可能である。
そして、いずなはこの様な呪術を用いる者に心当たりがあった。
そう―――

DSC09666_20110311033548.jpg
術者

千佳羅である。
あの千佳羅の再登場です。

呪いをかけられている、というコトは、この息子には何がしかの非がある訳だが、ソコはいずなの信条。
霊能力で殺人はしない。
息子がクズであっても助けるコトに迷いはない。
意気揚々と、千佳羅のいるトコロへと乗り込んでいった。

DSC09667_20110311034035.jpg
対峙

さて、この後、息子が何故、呪いを受けているのかが語られますが、まぁ、その辺りは割愛。
ご自分の目で確かめていただくとして。
いずなと千佳羅の意見は平行線なので、言葉で説得するのは不可能。
結局は、呪いを消滅させる方向になりました。

DSC09668_20110311034051.jpg
消滅

以前に習得したオシラサマで撃退に成功したいずな。
呪いの怖さを体験した息子は、反省したみたいだった。

DSC09669_20110311034428.jpg
反省

コレにて一件落着!

…とはならなかった。
コレには後日談がある。
それから何日か経った頃、いずなの目に入ってきたニュース。

DSC09670_20110311035134.jpg
ニュース

ソレは、件の息子が、殺人をして逮捕されたというニュースであった。
息子は反省などしていなかったのだ。
そして、新たに殺人をしてしまった。
もし、いずなが呪いをとめなかったら、この事件は起こっていなかった。
自分は本当に正しいコトをしたのか?という思いにとらわれるいずな。
そしてトドメに…

DSC09671_20110311035426.jpg
トドメ

千佳羅の「人殺し」という言葉…
いずなの精神、ピンチ!

…といった辺りで次回へと続く。


えー、という訳で、またしても遅れに遅れたレビュー記事になります。
もはや何の信憑性もありませんが、56話こそは早急にやる所存です。いや、やりたいです。やれたらいいなぁ…


ってな訳で、千佳羅再登場。
…なのはいいのだが、そんなコトよりも深刻な状況になっているなぁ。
このままでは、いずなの精神崩壊必須!
今後の展開に要注目!ですな。


まぁ、今回の件でいうなら、1番の問題は被害者(千佳羅の依頼者)にあるのであって、いずなには問題ないと思うケドなぁ。
そもそも、サッサと警察にいけば、最後の事件は起こらなかった訳で、問題があるとすればソッチだろう。
現実にあるのかどうかは知らないが、マンガなんかだと、親が政治家だから犯罪をもみ消すみたいな展開はあるのだが、今回に関していえば、警察にいかなかった理由は「犯行動画をネットにアップ」という脅しの訳で、逆に言えばそんなコトをしたら、親の政治家にどんな権力があっても犯行をもみ消すのは不可能になる訳だから、確実に逮捕される訳で。
そういった部分を無視して、いずなが殺人者であるという考えはおかしい。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:9   トラックバック:0
”美少女いんぱら!”第114話 ”釣り屋 ナガレ”10巻
コメント一覧
千佳羅が笑いながら「この人殺し」と言ったのが怖いですねェ
URL 【 2011/03/11 20:39 】 編集
名無しG
>sさんコメント有難うございます
いや別に怖いとは感じませんでした
URL 【 2011/03/20 06:07 】 編集
飛猿
いずなって本当は男なんじゃないでしょうか?たまにそう感じてしまいます。
URL 【 2011/03/20 14:48 】 編集
いずなは精神崩壊するのでしょうか?
URL 【 2011/03/20 15:21 】 編集
名無しG
>飛猿さんコメント有難うございます
いやいやそりゃないでしょ
まぁけっこうオッサン思考だという気はしますが


>sさんコメント有難うございます
次の話を見る限りしない気がします
URL 【 2011/03/22 05:35 】 編集
いずなはリンを殺されたら被害者の姉と同じ気持ちになるのでしょうか?
URL 【 2011/08/31 22:35 】 編集
名無しG
>sさんコメント有難うございます
知りませんし解りません
そういうコトを私に聞いてもムダです
答えようがありませんので
URL 【 2011/09/22 05:18 】 編集
>>飛猿
いずなは男勝りなだけだと思います
URL 【 2012/03/17 22:46 】 編集
名無しG
>sさんコメント有難うございます
オッサン思考&態度が悪いという話です
URL 【 2012/04/30 05:58 】 編集
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。