い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/04 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/06
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2011/07/12(火) 04:50 その他のマンガ
毎日暑くて、イヤになりますね。
当ブログの更新が不安定なのも、暑さの所為です。

…ウソです。
単にサボっているダケです。


という訳で本日は”現代都市妖鬼考 霊媒師いずな”63話のレビューです。


[感想バックナンバー]
第1話
第2話
第3話(前半部分)
後半部分は…。当ブログではノータッチで。
第4話
第5話
第6話
第7話
第8話
第9話
第10話
第11話
第12話
第13話
第14話
第15話
第16話
第17話
第18話
第19話
第20話
第21話
第22話
第23話
第24話
第25話
第26話
第27話
第28話
第29話
第30話
第31話
第32話
第33話
第34話
第35話
第36話
第37話
第38話
第39話
第40話
第41話
第42話
第43話
第44話
第45話
第46話
第47話
第48話
第49話
第50話
第51話
第52話
第53話
第54話
第55話
第56話
第57話
第58話
第59話
第60話
第61話
第62話

単行本1巻紹介
単行本2巻紹介
単行本3巻紹介
単行本4巻紹介
単行本5巻紹介
単行本6巻紹介
単行本7巻紹介
単行本8巻紹介


[ストーリーと感想とか]
という訳で、前回、遂にいずなの父親のカタキである駄業鬼(だごき)が再登場しました。
鬼である駄業鬼はいずなよりも格上の相手です。
しかも、駄業鬼は前に出てきた時よりも、パワーアップしていました。

DSC09907_20110712042423.jpg
戦意喪失

新たな能力を手に入れていたのです。
その能力とは、殺した人間の顔と声を再現する能力。
この能力で、駄業鬼はいずなの父親を再現しました。
いずなは、戦えなくなってしまいました。
ダメダメです。本当にダメダメです。

DSC09908_20110712042531.jpg
ダメだし

駄業鬼にまでそのコトを指摘されてしまう始末です。


さて、駄業鬼は、ムダを嫌う鬼です。
そんな駄業鬼が人間界にやってきたのには、目的があります。

DSC09909_20110712042839.jpg
目的

人間界のムダを滅しにきたらしいのです。
結論としていいますが、駄業鬼の出した結論とは、人間界における究極のムダは人間そのものである、と。
よって、人間を滅ぼすのだ、と。

そして、人間を滅ぼす方法として、駄業鬼が考えたのが、人間社会の崩壊だった。

DSC09910_20110712042846.jpg
方法

人間は社会をつくり、その中で生きている。
その社会を崩壊させれば、人間は滅びると考えているらしい。
そして、社会を崩壊させるには、経済を動かす人間を効果的。
その考えのもと、そういった人間を殺しているのだった。
いずなの父親も、そういう人間だった為に狙われたらしい。

説明が終わると、駄業鬼は、この場でいずなと戦うのはムダと判断し、逃げていったのだった。

DSC09911_20110712043017.jpg
逃走

駄業鬼にとって、いずなと戦うよりも、自分のコトをやる方が重要らしい。
まぁ、いずなにとっては助かったといえる訳だが。


そして、駄業鬼と決着をつけるべく、今回駄業鬼が憑いている人間のトコロへと向かういずな。

DSC09912_20110712043251.jpg
いざ、決戦

今回、話が深刻だからか、こういうシーンでのサービスカットが!
何でぱんつが…
いや、嬉しいケドね!

という訳で、駄業鬼との決戦に向かういずな。
地獄の鬼相手に勝ち目はあるのか!?
ばあさんの予言は当たってしまうのか!?
続きと結末はご自分の目でお確かめください。


はい、という訳で、今回の駄業鬼との戦いはコレでお終いとなります。
長く続くかと思いましたが、アッサリと終わってしまいましたねー。
おそらくはラスボスだろうから、まだまだ戦いは続くとは思うのだが、今回はまだその時ではないというコトか。
決着がついたら、このマンガ終わりそうだしな。


しかし…
ある意味予想はしていたのだが…
最悪のラストだったな。
考えていた最悪のパターンになったというか。
まぁ、今回はまだ、そんなに…、というレベルではなかったのだが、駄業鬼が登場する度に、こういう決着の仕方をするのは勘弁して欲しい。
そもそも、もう2度と出てこなくてもいいと思っているくらいだし…
駄業鬼に限らず、除霊の時に出てくるのは今回限りにして欲しいトコロだなー。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:6   トラックバック:0
”美少女いんぱら!”第122話 「ヤングキングアワーズ」8月号感想
コメント一覧
玉藻にとってはいずなの事を「お前に死んで貰っては私は困る」と思ってるのでしょうか?
URL 【 2011/07/12 21:02 】 編集
名無しG
>sさんコメント有難うございます
そういう質問をされても私には解りません
玉藻が何を考えているのかは不明です
URL 【 2011/07/18 04:31 】 編集
オシラサマでも駄業鬼に通じなかったからいずなは駄業鬼戦に備えて新たな武器を買うのでしょうか?
URL 【 2011/07/18 22:20 】 編集
名無しG
>sさんコメント有難うございます
だから私に質問されても答えられません
URL 【 2011/07/21 06:17 】 編集
駄業鬼は5年前に中岡栄史(いずなの父親)を殺害して逃走して現在いずなと痛み分けして玉藻が現れて逃走しましたよね
URL 【 2011/09/18 23:50 】 編集
名無しG
>sさんコメント有難うございます
一応ネタバレに配慮してこういう記事構成にしているので
いくらコメントであるとはいえ
ネタバレ的な内容は控えていただければ有難いのですが…
URL 【 2011/09/22 05:33 】 編集
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。