い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/03 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/05
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2011/09/08(木) 05:30 その他のマンガ
昼間は暑いのに、夜はとっても寒い。
もう秋だなー。と実感する。
梨とサンマとトウフが美味い。
トウフは季節関係ないだろというツッコミはなしで。


という訳で本日は”現代都市妖鬼考 霊媒師いずな”67話のレビューです。


[感想バックナンバー]
第1話
第2話
第3話(前半部分)
後半部分は…。当ブログではノータッチで。
第4話
第5話
第6話
第7話
第8話
第9話
第10話
第11話
第12話
第13話
第14話
第15話
第16話
第17話
第18話
第19話
第20話
第21話
第22話
第23話
第24話
第25話
第26話
第27話
第28話
第29話
第30話
第31話
第32話
第33話
第34話
第35話
第36話
第37話
第38話
第39話
第40話
第41話
第42話
第43話
第44話
第45話
第46話
第47話
第48話
第49話
第50話
第51話
第52話
第53話
第54話
第55話
第56話
第57話
第58話
第59話
第60話
第61話
第62話
第63話
第64話
第65話
第66話

単行本1巻紹介
単行本2巻紹介
単行本3巻紹介
単行本4巻紹介
単行本5巻紹介
単行本6巻紹介
単行本7巻紹介
単行本8巻紹介


[ストーリーと感想とか]
さて今回のゲストは、サラリーマンです。

DSC09436_20110908045426.jpg
今回のゲスト

榊原善(さかきばら・ぜん)。
会社では主任のポストである。
あまり大きくない会社の様で、榊原さんには大きな責任がのしかかっている。

DSC09437_20110908045432.jpg
責任

責任、責任ばかりで、かなり疲れている様子であった。
仕事が多すぎて、恋人とも巧くいっていないみたいである。

DSC09438_20110908045437.jpg
恋人

榊原さんは、完全に疲弊していた。
そんなある日…

DSC09440_20110908045753.jpg
事故

榊原さんは事故にあった。
工事現場の鉄材が落下。
榊原さんはその下敷きになってしまったのだった。

そして目が覚めると…

DSC09441_20110908045929.jpg
幼児退行?

目の前には見知らぬ女性がいた。
気がつくと、榊原さんは幼児になっていたのだ。
初めは夢かと思ったが、現実での出来事であった。
身体は幼児、精神はオトナという、某推理マンガの主人公もビックリの状況になってしまったのだ。
ただ、単に若返ったという訳ではなく、その環境は知らないモノであり、女性は幼児の本当の母親であるらしい。
つまり、見知らぬ幼児に精神がのり移った…、という状況である。

初めは、その状況に戸惑っていた榊原さん。
しかし、その生活をおくっているうちに、次第に慣れてきた。

DSC09442_20110908050025.jpg
慣れる

そして、元の自分とは違い、何の責任もない生活が気に入ってしまった。
会社、仕事、人間関係…
そういった責任から解き放たれた榊原さんは、このままでいいと思い始めたのである。

DSC09443_20110908050218.jpg
悪人面

今の状態は、今まで苦労してきた自分に、神が与えてくれたご褒美だと。
ずっと、このままでいようと決めたのである。

そんな榊原さんの前に、1人の女子高生が現れた。

DSC09444_20110908050922.jpg
女子高生

いずなである。
いずながいうには、事故のショックで霊体が抜けだし、この幼児にのり移ったというコトだった。
榊原さんの本当の肉体は、昏睡状態にあるらしい。
このままでは、榊原さん本人も、幼児にとってもよろしくないというコトで、いずなは元に戻すと言い出した。

…が、この生活を気に入ってしまった榊原さんは、ソレを拒否。

DSC09445_20110908051622.jpg
拒否

榊原さんはこのままの生活を続けるコトを選ぶ。
本当に大丈夫なのか?
いずなは説得出来るのか…!?
続きと結末はご自分の目でお確かめください。


はい、という訳で、今回は某推理マンガの主人公的な状況になってしまったサラリーマンの話です。
しかし、大人の精神を記憶を持ったまま幼児になるというのは、羨ましい限りじゃねーのかと。
いや、幼児はいきすぎだな。せめて小学生くらいなら…
まぁ、でも、小学生だと小学生なりに責任があるから、幼児じゃなければダメか。


今回は、裸のシーンはあるケド、エロさを感じないのがなー。
まぁ、母親的な部分が大きいから、当然といえば当然なのだが。
描写自体は、かなり力が入っている様に感じられるが。
あの、下からの描写は素晴らしいなー。
アレ?結局エロスを感じている様な…。うん、エロスがないなどと思ったのは、気の迷いですね。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:3   トラックバック:0
”美少女いんぱら!”第126話 「ヤングアニマルあいらんど」no.16感想
コメント一覧
今回の話が生まれ変わりに似てますね
URL 【 2011/09/08 20:53 】 編集
今週号のサラリーマン榊原善は第10話で登場した篠崎と同じ中二病ですね
URL 【 2011/09/08 21:43 】 編集
名無しG
>sさんコメント有難うございます
上の質問の答え:前世の記憶があればそうですね

下の質問の答え:意味が解りません
所謂厨二病ではないと思いますし
榊原と篠崎は仕事への考え方が違います
URL 【 2011/09/22 05:22 】 編集
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。