い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2020/03 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2020/05
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
2006/06/28(水) 06:34 ゲーム全般
という訳で、”東京23区制服WARS”レビューの続きを。

プロローグ編天野香織編を見てから、この記事を見てネ。


[今回のキャラ]

DSC01305.jpg

遠藤美咲。
フランス生まれの帰国子女。
制服自由化組織H・E・L・Pの幹部だったが、現在は行方不明。


てな訳で、天野香織を仲間に加えた一行は、次に世田谷区へやって来ました。
駅前で今後のコトを話していると、イキナリへヴンのメンバーに襲撃されます。で、軽くやっつけます。
その後、皆で行動すると目立つという理由で、それぞれ単独行動で情報収集するコトになりました。

…えーっと。たぶん、制服だから目立つのだと思います。
私服なら目立たないし、ヘヴンにも襲われないかと。

3時間後に喫茶店で待ち合わせるコトにして、バラバラに行動開始。
で、公園に行くと、何やら女の子が川にダンボール箱を捨てています。
こんなトコロにゴミを捨てるなと説教を始める主人公。
すると
「余ったパズルには居場所がないの…。だから川に流すの…。ふふふ…」とか言ってきます。

ヤバイ人に話しかけてしまった様です。

あまりのヤバさに主人公が唖然としていると、さらに意味不明なコトを口走ります。
「余ったパズルは深くて蒼い海の底で眠るの…。だからわたしはもう、違うわたしなの。ふふ…ふふふふふ」

ちょっと病院に行った方がいいと思いますよ。


そうこうしているうちに集合時間になったので、喫茶店へと急ぎます。
そこで各々掴んだ情報を交換します。
それによるとヘヴンは遠藤美咲なる人物を探している様です。
どうやらH・E・L・Pの情報担当者だった人物で、現在は行方不明らしいです。
情報担当だったというコトで、涼子の兄の行方を知っているかもしれないというコトで一行も探すコトにします。

とりあえず、美咲が通っていたという学校に行くコトにしました。
生徒会室に侵入し、そこで美咲の住所を入手しました。

ここにきて犯罪者集団になってしまいました。
あ、元からか。

その住所の場所に行くと、表札には「しおだきぬえ」と書かれています。
もしかしたら美咲のコトを知っているかもしれないとか思い、しおださんに話を聞くコトにしました。
しおださんは公園にいたパズル女でした。
しかもまたしても「パズルがどーのこーの」と言って、公園の方に去って行きました。
涼子が「様子がおかしい」と言って追いかけるコトになりました。

様子っていうか頭がおかしいのですが。


公園に行くとまたしても「パズルが~」と言いつつなにやら捨てています。
その行動が気になる涼子の発案で、パズル女が捨てたモノを探す一行。
必死の捜索の結果、ダンボール箱を発見しました。
で、ソコに入っていたモノは、Mと書かれた生徒手帳でした。
なんとビックリ!しおだきぬえの正体は遠藤美咲でした。

当然、美咲に話を聞くコトに。
で、彼女の行動を要約すると
ENDOU MISAKIからMを取り、並べ替えるとSIODA KINUE。
つまり、Mを捨てるコトで別人になりたかったらしいです。

こいつの理論も行動も、その全てが意味不明なんですが。


自分はしおだだと言い張る美咲に対し、執拗に兄の居場所を聞く涼子。
すると、美咲が「腕ずくでも消えてもらう」と言い放ち、襲ってきます。しかも何故かヘヴンのメンバーが加勢してきます。

で、勝つと美咲がイロイロと話し始めます。
別人になろうとした理由とか、H・E・L・Pのコトとか。
それによると涼子の兄はH・E・L・Pの真のリーダーだったらしいです。

今気づいたのですが、涼子達はオープニングでの話を知らない様です。
つまりプレイヤーの知識と涼子達の知識とに差があるのです。
ちょっと混乱気味。オープニングで流れるから、てっきり涼子は知っているモノと思っていたよ。


で、何故かコイツもメンバーに加わって、兄の手がかりを求めH・E・L・Pの表向きのリーダーだったという藤堂麗羅を探すコトになりました。


というトコロで次回へ続く。
こんな記事書いていてナンですが、既にこのゲームの意味不明度が最高潮なのですが。
あまりの電波ぶりも笑えないレベルになりつつある。


私のつまらない文を読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
電波ゲー”東京23区制服WARS”レビュー・真行寺霞編 ”ぷちもも くまさんちーむ”――――その素晴らしさについて
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する