い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/03 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/05
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2012/03/29(木) 06:28 ヤンキンアワーズ
「週刊少年チャンピオン」の懸賞でニンテンドー3DSソフト”BIO HAZARD REVELATIONS バイオハザード リベレーションズ”が当選しました。

DSC09611_20120329062244.jpg
当選品

今年5本目のゲームソフト当選です。


という訳で本日は「ヤングキングアワーズ」4月号の感想を。


[カラメルキッチュ遊撃隊]
大石まさる氏の新連載。
まぁ、とりあえず。主人公がポニーテールなのはナイス!

う~ん、もしかして、机を少し離すダケで解決出来たのではなかろうか。

何だかんだで面白い作品ではあるな。
世界観が面白そうだしね。
13年前の謎とやらを解明するのも面白そうだし、イホージンを何とかしていくという内容でも面白そうだし。
3人+1匹の交流を描くのでもいいし、そういった意味での幅の広い楽しさがあって良いなー、と。


[ワールドエンブリオ]
もうねー、表紙からして素晴らしいですよ。ネーネがエロカッコ良いしね。

リクが主人公っぽい!レナがヒロインっぽい!
おかしい、何かがおかしい。だが、コレでいい!

何か、リクが覚醒でもするの?


[それでも町は廻っている]
冒頭の展開よりも、サブタイトルで驚く。
…が、結局はそういうオチか。まぁ、歩鳥だしなぁ。

あのなぁ、初釣りでの衝撃はな、全裸になって表現しなけりゃダメだろう?
なぁ、そうだろう?
何というアッサリとしたシーン。ダメだな。

真田…
本当にダメダメだなー。
まぁ、今回の話に関しては、充分だったといえなくはないケドね。


[蒼き鋼のアルペジオ]
水着…、ねぇ。
水着…、なのはいいのだが、何故にポニーテールではなくなっているのか。
今まで、このブログの感想記事で、泳いでいる時に限ってポニーテールになっているキャラに対して、「ずっと水着でいればいいと思うんだ]的なコトを書いてきたのだが、もう水着にはならなくていいよ、と書くのは今回が初だな。
ホント、何してくれちゃってんの?

…と思ったのだがな。
水着じゃなくなってもポニーテールじゃなくなっている。
やり直せ、やり直しを要求する!ボケが!

タカオが相変わらずのツンデレっぷり。素晴らしい。


[ジオブリーダーズ ピンナップ]
蘭東さんが登場!
アングルが素晴らしく良い…
…のだが、手に何か物騒なモノが見える様な…

うん、気の所為だな、気の所為。


[彼の旅が終わる]
シリーズ最終話。
何かシリーズの集大成っていう感じがしていいな。
今までのキャラや設定が総登場だし、勇者ヤマナカなどという、コレまた懐かしい名前が…
ヤマナカのお供って、基本的に何もしていなかった気がしたが…。どうだったっけ?

魔女のおねーさんがセクシーでいいなー。
意外と?シッカリした性格だったのも良いな。

ラストは、素晴らしいの1言。


[脱エバ!]
鈴木小波氏の読みきり。
要は、30ページもかけて壮大に野球拳やっているダケじゃねーか!
しかも、最後の最後で、肝心の部分をカットするというクソっぷり。やり直せ。

脱ぐシーンはエロ満点で良い。
その部分は評価できる…、っていうか、その部分しか評価のしようがないかな。そういうマンガだしな。


[僕らはみんな河合荘]
流石は宇佐。初めからダメっぷりが漂うなぁ。

アレ?
フラグが立ちかけたと思ったのになー。
アレ?おや?
まぁ、宇佐にしてみれば、コレで良かったのかもしれないが。
律先輩のフラグは順調に育っている感じだなー。
ソコは羨ましい。


[並木橋通りアオバ自転車店]
そして伝説へ。


[アリョーシャ!]
アレ?何か想像していたのと違うなー。
何かもっとこう、第1の部屋が~、第2の部屋が~、みたいなのを想像していたのに。
アッサリとたどりついてしまった。
まぁ、決戦はコレからではあるが。


[スプライト シュピーゲル]
え?最後の登場したのって味方じゃないの?
別チームの何とかいう…
違ったっけ?


[ヘン集女王]
まぁ、ファンが喜んでいるのなら、ソレでいいんじゃねーの?


[サムライリーガーズ]
…ラグボールかよ!

女の対決!!
いや~、燃える展開だ。いや、萌える、か?
まぁ、ドッチでもいいや。
悠姫乃が勝ったと思わせておいて、引き分けというのも良い。
本当の決着は、ココではなく、別のトコロで…、という訳か。主に一路太のコトで。
コレでキャスティーナが正気になって、ドッグスに加入となったら、熱いのだが、ムリか?

真城家ってアレか?野比家の末裔なの?


[ウォースパイト マルスの目]
ホ○パラダイスなのかと思ったら違った。
同じ能力の持ち主だったのかー。
いや、実は…、というのは考えすぎか?

ラブコメパートは素晴らしいのだが、だからこそ不安になる終わり方でもあるね。


[次回予告他]
また意見が採用されなかった…
だが、まだ希望はある。まだ…


次号は”ドリフターズ”が表紙予定。
…はいいのだが、本編が休載だったら笑えるな。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
プロ野球、2012年順位予想 「ヤングチャンピオン烈」No.3(Vol.49)感想
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。