い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2021/11 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2022/01
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
2006/07/10(月) 05:40 ゲーム全般
久々に電波ゲーの続きを。
忙しくてゲームやってる時間がありませんでしたが、よーやく落ち着いてきた感じかな。
そんな訳で今回もGO!


プロローグ編
天野香織編
遠藤美咲編
真行寺霞編
清水さやか編
神無月小夜編


[今回のキャラ]
DSC01345.jpg

柊瑠華。
女子高生フォトジャーナリスト。
凄腕のスクープカメラマンとして腕をふるっていたが、ある出来事をきっかけにシャッターを切れなくなてしまう。


今回の舞台は杉並区です。
着いたとたん、何やら懐かしんでいる涼子と亜美。
主人公が、どうしたのか尋ねても無視。
しかもカッテに2人で別行動を始めてしまいます。
するとすかさず美咲が説明を開始。
どうやらココは涼子と亜美がそれぞれ通っていた高校があったらしいです。
しかし「制服WARS」の影響で共に廃校になったらしいです。
2人の気持ちを汲んで別行動を黙認する一行。
そして主人公達も行動を開始します。

ファストフード店に入る一行。

ところで張り紙の「ハンバーガー半額5万円」って何ですか?
どんなインフレですか!?

ファストフードについて好き勝手に言いたい放題の面々。
それに辟易したのか外に出てくると言い出す主人公。
誰もついてこないので1人で行動開始です。

外に出ると1人の女の子がいて、突然話しかけてきます。
「柊瑠華」
イキナリ名乗ってきます。
主人公が呆気に取られているとさらに言葉を続けます。
瑠華「あなたのレンズがまぶしかっただけ…」
「曇ってない…。あなたの瞳…」

またしてもヤバい人の様です。いまさらですケド。

主人公が「君の瞳もきれいだよ」と言い返すと、
「嘘。私の瞳は曇ってる。濁ってる。あの日からずっと…」
などと言ってきます。
そして「もう真実は写らない」と、謎の言葉を残して立ち去りました。

涼子と亜美を探して街中を奔走する主人公。
貯水池に行くと亜美がいました。
どうやらここは亜美の高校が建っていた場所らしいです。
亜美は途中で学校をやめたらしいですが。
そして涼子はこの先の通りにいると言う亜美。
そこに向かいます。

そこには涼子がいました。
そこに何故か瑠華が登場。
涼子と亜美の2人は以前から瑠華を知っている様です。
そして3人の馴れ初めを話し始めます。

ちなみにその内容はあまりの電波ポエムの為、私では理解不可能でした。内容を書くのも面倒なので一々書きません。

そして今度は瑠華が、当時のコトを話し始めます。
どうやら瑠華は1本の電柱を365日撮影し続けて、ウォーターフロントの地盤沈下を証明したらしいです。
その後、ジャーナリストとして「制服WARS」の戦場カメラマンをやっていたらしいです。

そして回想シーンの挿入。
亜美が学校をやめた理由や瑠華がシャッターを切れなくなった理由が、瑠華の電波ポエム調で語られます。
亜美が学校をやめたのは、父親が事業に失敗して一家離散したからだそうです。
瑠華がシャッターを切れなくなったのは、そのコトを話している涼子と亜美の様子をカメラのレンズ越しに観ていたからだとか。

前者は兎も角、後者は全く理解できません

回想が終わると、自分がもう1度シャッターを切る力があるかを試して欲しいとか言ってきます。
涼子「どうやって?」
亜美「女はコブシで語ればいいのだ」
涼子「それでは霞さんです」
瑠華「それでいい」

結局そうなるのですね。
意味の不明さは相変わらずですが。

倒すと仲間になるのはいつもと一緒です。
そして他のメンバーのトコロに戻ります。
するとソコにヘブンが襲来。
狙いはどうやら瑠華の様です。
ヘブン「そんな人数で我らに歯向かう気か?」
さやか「戦いは数じゃない」

…ヘブン8人。コッチ9人。
言ってるコトが支離滅裂なんですが。
それとも人数を数えられないのでしょうか。

倒したトコロでこの章は終わりを告げました。
この章は意味不明度が今迄の中ではダントツでした。
瑠華のセリフの内容がサッパリ理解できないのが原因です。
という感じで、まだまだ次回があります。

私のつまらない文を読んでいただき有難うございます。
コメント:2   トラックバック:0
「週刊少年ジャンプ」32号 7/8放送の”エンタの神様”感想
コメント一覧
ロジオン・ロマーヌウィチ・ラスコーリニコフ=魅上照
足跡からきましたぁ。
我がサイトへの御来訪有難うございました。
URL 【 2006/07/11 21:03 】 編集
名無しG
>ロジオン・ロマーヌウィチ・ラスコーリニコフ=魅上照さんコメント有難うございます
ヲタバトンを見てしまいましたがやっていません
ゴメンなさい
URL 【 2006/07/12 03:45 】 編集
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する