い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/09
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2006/07/23(日) 03:09 コミックレビュー
”エンタの神様”のビデオ録画に失敗しました。
野球の「オールスター」を3時間ほど録画し、続けて録画したのですが、3倍モードで録画したハズの「オールスター」が何故か!標準モード録画に!
そんな理由で録画に失敗。しかも当の「オールスター」は雨天中止。
踏んだり蹴ったりとは正にこのコトだ。
そんな訳なので、今週の”エンタの神様”の感想は無しです。


さて気を取り直して。
本日はこのマンガの紹介。
Happy World!
集英社刊/竹下堅次朗氏

[作品概要]
主人公・大村猛は幸と不幸のうち、不幸のみを与えられた少年である。
そこで、猛を不幸から守るために天使のエルがやってきた。
基本はその2人を中心に巻き起こるドタバタコメディーです。

当ブログの参考記事
10巻の記事
最終話感想記事


[この巻の話]
この巻では猛の父・隆の過去の回想から始まります。
冒頭でエルの姉・イスラが悪魔化します。
そして隆は、ルエルが眠る地が戦場になるコトを知り、ルエルの墓を守る為だけに戦地へ赴きます。

そして話は現代に。
母・ルエルを復活させようとするイスラ。
悪魔化したイスラを戻そうとする猛とエル。
絶望の闇と、希望の光とが激しくぶつかり合う…


[オマケについて]
今回もオマケは満載です。
まず、67話の後に後日談が書き下ろし。
さらに最終話後にHappyなラストが書き下ろし。
そしてカバー下の連載マンガ”裏切りの街角”も最終回を迎えます。

そして!
恒例のカバー裏ヌードイラストは「成長したエル(だよね?ルエルじゃないよね?)」です。
私はてっきり、「最後だからやっちまったゼ、男性陣ヌード」だと思ったのですが、予想を裏切りエルでした。
まあ、予想を裏切ってくれて良かったですケド。

さらに最終巻というコトで、増ページでの「Happy Times」が載っています。
ちなみにコレは読者投稿のページです。
その中の「誰でも原作者!!」のコーナーで、P.N.蛟水虎氏が感動のラストシーンを台無しにしてくれやがりました。
何てコトをしてくれたんだ!不覚にも笑ってしまったじゃないか!

[感想とか]
この巻では大村隆の生き様が印象的でした。
彼は、自分が唯1人愛した女性の墓を守る為だけに戦場へ赴き、内戦を終わらせてしまいます。
その功績で受賞した「ノーブル平和賞」も彼にとってはオマケでしかありませんでした。
彼は、不殺の方法で内戦を終わらせます。
自分の愛する人が、人を殺したコトを最期まで後悔していたからです。
彼の生き方はとても不器用ですが、とても印象深いです。

あとがきに書いてありますが、このマンガは途中から路線が変更されます。
コメディチックで始まったのに、ラストエピソードはかなり暗くて重いです。
竹下氏は「幸せな世界」を考えながらこのマンガを描いたそうです。
最終話で、氏の出した答えが描かれています。
それが最終話で挿入された絵本の内容だったのでしょうか。
人を愛する気持ちを忘れた人は、不幸にしかなれないのかもしれませんね。

ちなみにこの巻で私が1番好きなコマはこのコマです。
猛とキスする覚悟をしたエル。
もうね、表情がたまらなくイイ感じです。
まあ、この後、オチが付く訳ですが。


さてこのマンガは終わってしまいましたが、竹下氏のマンガは現在「ブレイドマサムネ」で連載中の”COCOON”を初め、7月下旬からは名作”カケル”が新装版で刊行開始(全9巻)とのコト。
まだまだ、楽しみは尽きません。
ところで”カケル”は真のラストの書き下ろしはあるのでしょうか。
それも含めて楽しみです。
私はこのマンガが大好きで、このマンガがキッカケで竹下氏の作品を読む様になりました。今では竹下氏の大ファンです。
それだけに、このマンガが中途半端で打ち切り喰らったのはもの凄く残念でなりませんでした。
一説によると、不人気ってよりも竹下氏と編集部との確執が原因だったらしいです。
そんな理由で大好きなマンガが終わってしまったコトに憤りと悲しみを禁じ得ませんでしたが、これを機に真のラストを描いて欲しいなぁ、と。


私のつまらない文を読んでいただき有難うございます。
コメント:2   トラックバック:0
”Bless You! 聖使徒学院喫茶部活動日誌” ”LIAR GAME”26話
コメント一覧
ハナマス
訪問ぁりがとぅござぃます^^

この前、NHKにようこそ読んでたらひかれました……
ぅmm…女子が読んでもぃぃぢゃなぃかぁ!?と思ったり。
どぅ思いますかぁ?

でゎ。またの訪問待ってます(*`U'*)
URL 【 2006/07/23 17:27 】 編集
名無しG
>ハナマスさんコメント有難うございます
そのマンガは読んでいないので何とも言えませんが
性別など関係なしに
自分の好きなマンガを読めばいいのではないでしょうか
URL 【 2006/07/24 00:04 】 編集
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。