い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2021/11 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2022/01
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
2006/08/25(金) 09:37 コミックレビュー
このブログでこのマンガを紹介するとは思っていなかった。
確かに最終回の感想は書いたが、コミック紹介をやるつもりはありませんでした。
と、言うか、私はつい最近まで同人誌目当てで買った限定版の6巻しか持っていませんでした。
しかし、この巻は荻上メインの話を2話丸々描き下ろしというコトで、荻上好きとしてちょっと紹介しようかな、と思いまして。

げんしけん
講談社刊/木尾士目氏

[作品概要]
「現代視覚文化研究会」、通称「現視研」。
アニメ・マンガ・ゲームといった、所謂2次ヲタ系のサークル。
大学に進学し、ソノ手のサークルに入ろうと決意していた笹原完二。
彼が選んだのは「現視研」だった。
そして今日も、ゆるゆるとアレな日々が続く。


[この巻の見所]
見所っていうか、個人的に気に入っているシーンとでも言いましょうか。
描き下ろしの2話をメインに紹介をしようかと思います。

この巻の初めの話で荻上のヲタ嫌いの原点が明かされます。
簡単に説明すると、同級生の男子(しかも半分付き合ってる状態?)のホモBLイラストを描き、それを本人に見られてしまったのだ!
この辺はどうやら、荻上と巻田との仲をヤッカンだ中島さんの策略らしいのですが、こういう表面上の友情ってのは怖いですね。

さて、そんな感じでヲタ(主に女の)が嫌いになってしまった荻上さん。
そのコトがトラウマになっている荻上さん。
そのコトが原因の悪夢に魘される荻上さん。

ソノ辺のトラウマによる苦しみはなかなか抜け出せません。
でも人は、ソレを解ってくれる人がいれば、認めてくれる人がいれば、支えてくれる人がいれば、乗り越えられる―――と思うのです。
荻上さんにとってのその人が笹原だった、という訳です。

まぁ、その後の荻上さんのカワイさは異常です。
今まで苦しんだ分、これから幸せになればいいと思います。
っていうか、幸せにしなかったら私が笹原を殺す!
おっと、失言。


さて、描き下ろしの2話ですが1本目は笹原と荻上のデートの話です。
荻上と笹原がデートらしいデートをしたコトがないと聞いた咲に、半ばムリヤリ動物園にデートに行かされる話です。

ちょっと不機嫌な荻上さんですがその理由が以下のシーン。

DSC01438.jpg


普段はデートなんて必要ないとか言ってますが、ソノ言葉を額面通りに受け取っていてはラブコメなど夢ってコトです。

さらに象を見て興奮する荻上さんがカワイすぎですね。
でも、象を見て興奮するのはやっぱり象の鼻がアレを想起させるからですか?
て、何を言っているのだろうな、私は。

さて、この話で私の1番のお気に入りのシーンを。
帰りの電車で。
荻上さんの家に行ってもいいか?と言う笹原に対して。

DSC01439.jpg


笹原じゃないケド、女ってスゲー!!


2本目は学園祭の話。
何か、描き下ろしなのに新キャラ登場という、トンでもない話です。

かつて漫研に所属していた荻上さん。
そこを引っ掻き回して、禍根を残してきた荻上さん。
そんな漫研の腐女グループが登場します。

まあ、ドッチも素直になれないダケの気もしますが、ソウ簡単にいくモノでもないのか。


で、この描き下ろしですが、他の雑誌掲載の話と同じ様に、後日談的オマケ4コマも付いているんですね。
何の都合で連載時に掲載しなかったのかは解りませんが、雑誌で読んでいた人も、十二分に楽しめる1冊に仕上がってますよ、コレは。
特に荻上好きにとってはこれ以上ないくらいの仕上がりです。
荻上さんの魅力が詰まってます。


[その他のコト]
12月発売予定の最終9巻では完全受注生産の限定版も同時発売です。
個人的には同人誌があればよく、ドラマCDは微妙です。
っていうか、CDいらないからソノ分安くして欲しいなぁ、とか思ってみたり。
同人誌も前回と同じメンバーは1人もいないってのはどーもなぁ、というトコロですが、新しいメンバーが誰になるのかも楽しみなトコロです。

また、「アフタヌーン」11月号から”くじびき・アンバランス”の連載が開始(原作・ネーム:木尾士目氏/作画:小梅けいと氏)と、まだまだ楽しみは続きます。

参考リンク
荻上ファンよ、刮目せよ!何と2話丸々描き下ろしの「げんしけん」8巻が発売です(マンガがあればいーのだ。様)
私のよりも100倍くらい面白いレビューです。


私のつまらない文を読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
ダメダメ雑記 ”謎の彼女X”1巻
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する