い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/09
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2006/09/15(金) 23:07 コミックレビュー
さて”超こち亀”が発売されました。
私は限定版の”道楽BOX”を買ったのですが、とりあえず”超こち亀”本誌のレビューなどを少々。

超こち亀
集英社刊/秋本治氏


とりあえずコラボマンガや寄稿者はこちらをご覧ください。(マンガがあればいーのだ。様)

とにかく、たくさんの豪華な顔ぶれが寄稿しています。
そんな中、私が気になった作家の寄稿をちょっと紹介します。

[小畑健氏/大場つぐみ氏]
言わずと知れた”DEATH NOTE”の2人です。
DSC01531.jpg
両津、キラを逮捕

Lを差し置いてキラを逮捕する両さん。
逮捕の決め手は毎週「ジャンプ」を読んでいたから。
ある意味、最強の反則技です。
月の悔しそうな顔が笑いを誘います。


[許斐剛氏]
”テニスの王子様”の許斐氏。
両さんと、えーと。真田(かな?)がテニスをしているトコロです。
2人の会話が笑えます。

DSC01540.jpg
「本当に中学生かよ!?」「こい小僧!」

…。

……。

………。

もう、笑いしか出てきません。


[小林よしのり氏]
”おぼっちゃまくん”の作者、小林氏です。
以前も”こち亀”と”東大一直線”でコラボマンガをやっています。
そして今回はびんぼっちゃまの格好をした麗子が登場。

DSC01532.jpg
前ダケエプロンの麗子

……。
…こんなの小林氏にしか描けません。


[鳥山明氏]
”DRAGON BALL”とのコラボマンガです。
69巻で”DRAGON BALL”の世界に行ってしまった両さん。
今回はその続きです。
両さんとフリーザ様との戦いが描かれています。

DSC01534.jpg


……。
フリーザ様にこんなセリフを言えるのは両さんダケですよ。

トコロで”DRAGON BALL”って開始時はギャグマンガだったと思うのですが、違うのですかね?


[藤島康介氏]
”逮捕しちゃうぞ”の藤島氏。
何と、”逮捕しちゃうぞ”の葵双葉と”こち亀”の麻里愛との夢の共演です。

DSC01536.jpg
夢の共演

2人のオカマ男性婦警の(1人は元だが)会話です。
高校時代、この2作にハマっていた私は、葵とマリアの2人の共演を見てみたいと思ったコトがあります。というか、ドッチがイイのか友人と論議した。
その願いが、今、実現。感無量。
麗子も妙にカワイくてイイ感じ♪です。
今回の寄稿で1番のお気に入り!です。


[北条司氏]
”CITY HUNNTER”の北条氏。
冴羽獠―――デビュー23年。
両さん―――デビュー30年。
全く年をとっていない様に思える2人。
それを獠の娘にツッコまれます。


DSC01537.jpg
ツッコミ

冴羽は何歳なのかなぁ。
たしか作中では年とっていたと思うのですがね。
忘れてしまいました。
ちなみに両さんの年齢はこちらで検証しています。


[石塚2祐子氏]
”じゃんぷる”のイラスト担当の石塚氏が秋本氏の1日アシスタントを体験。
その様子をレポートしています。
世間一般のマンガ家のイメージとは段違いの秋本氏の職場にただただ驚くばかり。

DSC01538.jpg
正論

これが30年間無休載の秘訣なのでしょう。
ただただ感心するばかりです。


さてこの本のホンの1部を紹介してきました。
しかし、この本の魅力はまだまだこんなモノではありません。
第一、私もまだぜんぜん読んでいません。
全部読むのに1ヶ月くらいかかりそうです。
”こち亀”ファンはモチロン、マンガ好きなら充分に楽しめる1冊だと思いますよ。


あ、”道楽BOX”の方は、気が向いたらレビューします。
ってか、まだちゃんと見てすらいない……

私のつまらない文を読んでいただき有難うございます。
コメント:4   トラックバック:0
絶望…それは死に至る病… ”美少女花札紀行 みちのく秘湯恋物語”開始
コメント一覧
69
訪問ありがとう☆
URL 【 2006/09/16 06:26 】 編集
名無しG
>69さんコメント有難うございます
こちらこそ訪問有難うございます
URL 【 2006/09/16 07:02 】 編集
AYAKA
私のブログに来てくれて,アリガ豚!!!
こち亀オモシロイよねえ☆
昔TVで結構見てたあ☆さすがに漫画でわナィな…
是非②叉私のブログに来て,コメくださぃな♪
URL 【 2006/09/16 08:27 】 編集
名無しG
>AYAKAさんコメント有難うございます
”こち亀”好きな作品の1つです
ただアニメ版はほとんど観ていません
URL 【 2006/09/19 04:51 】 編集
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。