い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/11
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2006/10/08(日) 06:17 コミックレビュー
「週刊少年ジャンプ」45号の”太臓もて王サーガ”が面白い。
人気投票の発表なのですが、他作品のキャラとか他作品の作者がランクインするのがスゴい。皆悪ノリしすぎです。
”スレイヤーズ”の人気投票も相当のモノだが(「オデンの串」とかに票が入る)ソレを遥かに上回るカオス状態!!


さて本日はこのマンガの紹介。
明日のよいち!
秋田書店刊/みなもと悠氏


[あらすじ]
烏丸与一は浮羽神風流剣術の後継者。
父と山で暮らしながら修行をしてきて17年。
ある日、父から「心を磨く経験」をするために山を下り、同じく浮羽神風流を継承する斑鳩道場の世話になって修行をしろ、と言われる。

斑鳩道場に行ってみると、そこに住んで居たのはいぶき・あやめ・ちはや・かごめの4姉妹だった。
いきなり騒動をおこす与一だったが…


[感想とか]
このマンガはコメディー要素の強いラブコメという感じなのかな。
ずっと山で暮らしていて、世間のコトを知らない与一が騒動を起こしまくりながら、斑鳩4姉妹とムフフなコトも…
って話ですからね。

そんな中に適度なエロがあってイイ感じ♪です。


さて、4姉妹はというと、長女のいぶきは初めから与一に気がある様子です。
ことある毎に与一をブン殴りますが、それは愛情の裏返しです。
怒られるうちはまだ大丈夫です。
本当にヤバいのは、何をしても何も言われなくなった時です。


次女のあやめはツンデレらしいです。作者がそう書いていますから。
初めは与一が居候するのに反対していましたが、与一が学校の不良を倒すトコロを見てちょっと気になる存在になります。
その後、今まで誰も認めてくれなかった「自分の努力」を与一が認めたコトがキッカケで完全にホれます。
自分が貧乳であるコトを気にしている様子。
安心してください。
「胸が小さいのを気にしているのがイイ」ですから(by真白木


3女のちはやは、もう完全に面白がってますね。
こんなコトしてますが、本気ではありません。
からかっているダケです。
しかしね、中学生でコレはないんじゃないの?
将来、どーなるのでしょうか。


4女のかごめはまだ情報が少ないですね。
引っ込み思案ってコトくらいしか言えません。


ちなみに個人的に好きなキャラは鷲津クンです。
イキナリ与一に因縁をフッかけ、イキナリやられました。
与一の強さを示す為に登場したキャラかと思いましたが、与一の転入したクラスにいました。
どうやらいぶきにホれているご様子。
しかし、やるコトなすコト全てが空回りの、本作のお笑い担当です。
もうね、見ているダケで面白い人です。


さて最後に、何やらありそうな2人の女の子が登場して次巻へ続く。
また何か、一悶着ありそうな感じ。楽しみです。


私のつまらない文を読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
バカ彦クンは今… 「ヤングアニマル嵐」No.11感想
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。