い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/11
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2006/10/18(水) 06:31 コミックレビュー
”風雨来記”を再開しました。
少しずつ進める予定。
またテンプレの下にプレイ日記を書いていくので、よかったら見てやって下せぇ。(テンプレ下プレイ日記は終了しました)


さて、本日はこのマンガの紹介。
えこといっしょ。
講談社刊/亜桜まる氏

そういえば、このマンガ買って気づいたのですが、講談社のコミックスって400円(税別)に値上がりしているのですね。何時の間にーー!
他の出版社は390円なのに、何で講談社ダケ…。
「講談社!謀ったな!講談社ーーー!!」


[作品概要]
壊れて捨てられていた携帯電話を拾った茶の水ヒロシ。
修理に出して使うコトに決める。
ところが修理が終わった携帯電話は女の子のカタチをしていた。

そんな1人と1台を中心にしたドタバタコメディーも遂に3巻目。


[当ブログの過去記事]
1巻感想
2巻感想


[この巻の内容+感想]
前巻に引き続いて、合宿編の後半から始まります。
そこで、ヒロシと会長の仲にちょっと進展があったり!?します。
そして激動の合宿編は終わりを告げます。


そして、前巻でちっこくなっちゃったえこですが、会長が見つけた怪しげなキノコを食べたら、元に戻ります。
DSC01729.jpg

         ↓
DSC01730.jpg
キノコを食べて巨大化するエコ

まぁ、”スー○ーマ○オ”かよ!!っていうオチですが、単行本で描き下ろしのオマケ1コマオチで作者自らがネタにしています。
しかし、コノ話のポイントは元に戻ったえこではありません。
えこが元に戻る際、最後に胸が大きくなります。
DSC01731.jpg
胸が大きくなるエコ

ソコはさして問題ではないです。
注目はソレを目撃した会長の反応です。
DSC01732.jpg
自分もキノコを食べようとする会長

いや~、キましたね。
以前から胸が小さいコトを気にしていた会長ですが、ココでもまた魅せてくれました。
アレだ。最近、”太臓モテ王サーガ”の真白木の魂の叫び「胸が小さいコトを気にしているのがイイ」っていうのを魂の奥底で共感してます。


そして、ヒロシの通う学校には面白いルールがあります。
「テストで1番の成績をとった者は、学校の規則を1つダケ変えられる」というモノです。
そして、テストで1番になったのは会長。
会長が望んだのは、携帯電話の解禁だった。
それは、愛しのヒロシに少しでも近づく為。
遂に、会長が携帯電話を持つ決意をします。
DSC01733.jpg



そして、コノ話が、この巻最大のキモでしょう。
会長が買ったのは、古くなり廃棄にされそうだったPHS。
しかし、会長の家に届けられた箱は何故か大きかった。
DSC01734.jpg
届けられた箱

ん?おや?どこかでみたコトのある光景の様な?
ヒデブデジャブというヤツでしょうか。

冗談はさて置いて。
届けられた箱に入っていたのはなんと!女の子型のPHSでした。
DSC01736.jpg
女の子型PHS

いたずら好きで、お笑い好き。さっぶいギャグには即ハリセン!
何と!空を飛ぶコトもできます。
名前は、会長によって「ナノ」と命名されました。
どうやら会長の弟をリッパな芸人にするのが夢らしいです。
この巻では彼女の活躍もミドコロの1つです。


トコロが、中には携帯電話解禁を快く思わない輩もいる様です。
DSC01737.jpg


会長にとって苦悩の日々が続きます。
他人の為に、そして何より自分の為に強くあろうとした会長。
しかし、ソレはちょっとしたコトで折れてしまうモノだったのかもしれない。
コノ辺り、会長好きとして、ちょっとつらい展開が続きます。
しかし、最後にヒロシの、ナノの、その他大勢の「優しさ」に触れて強さを取り戻す展開にちょっと感動。

この巻のラストシーンは特にお気に入り。
DSC01739.jpg
ヒロシのクリスマスプレゼント

ちなみに会長のサンタコスプレがイイ♪などというコトは書くまでもありません。


あ、そういえば第42話って話の流れ的に明らかにおかしいと思うのですが、どうなんでしょうか。
亜桜氏が入院していたコトと関係があるのかな?
それから、次巻は副会長がメインになるみたい。
早くコノ重っ苦しい展開から、コメディー展開に戻らないかなぁー。


[オマケに関して]
さて、この巻のオマケを紹介。

まず、帯ですが、えことヒロシで「えこヒロシ、えこヒロシ」って訳で、猫ひろしが寄稿。
正直、どーでもいい。猫ひろし、キライだし。
1巻の帯に桜場コハル氏。2巻の帯に瀬尾公治氏。
3巻では誰がえこを描くのかなぁー、と思っていたのに、猫ひろし。
かなりガッカリ。


さらに各話の最後に1コマオチを追加。
ま、コレはもう、前巻までもありましたね。
今回は”ガンダム”ネタ多め?


そして描き下ろしマンガ”070 ナノといっしょ。”
ナノ、初めてのお使いを描いたほのぼのコメディーです。


それから巻末にオマケ4コマとナノのプロフィール付きと、オマケも満載の1冊です。
そんな3巻、オススメですよ?


あ、10/27に亜桜氏の作品”14(ジューシー)”(原作:朝田光氏)が白泉社から発売予定です。
コッチもオススメ。レビュー予定。


私のつまらない文を読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
「ヤングチャンピオン烈」Vol.3感想 今季のセ・リーグを振り返る&日本シリーズの予想
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。