い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/04 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/06
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2006/10/27(金) 10:08 コミックレビュー
えーと。
気がついたら日本ハムが日本一になっていた。
あっれ~~?
優勝決定戦、観逃がしちゃったよ。


さて、本日は”それでも町は廻っている”2巻の紹介。
DSC01606.jpg
DSC01607.jpg

何と!業界初のハート型コミックです。
コレはたのしみですねぇ。


それでも町は廻っている
少年画報社刊/石黒正数氏

アレ!?
何の変哲もない、四角いコミックじゃないか。
謀ったな、少年画報社ーーー!


[作品概要]
下町・丸子商店街にあるメイド喫茶「シーサイド」。そこで働く主人公・嵐山歩鳥。
商店街を舞台とした日常を描くドタバタコメディーです。
そして今日も商店街は緩やかに廻っているのです。


[この巻の内容]
この巻では商店街の面々が慰安旅行にいき、そこで歩鳥とタッツンツンが温泉に入るというサービスシーンがあったり、何と!歩鳥が死んじゃったり
さらには宇宙人が登場したりと、騒動に事欠きません。
かと思えば、嵐山家のペットの話だったり、風邪をひいて寝込んだ紺先輩が妙にカワイかったりと、日常風景も満載です。


[感想とか]
で、1話ずつ紹介と感想を書こうかとも思ったのですが、各話の感想って、毎月書いている「ヤングキングアワーズ」の感想で書いているので割愛します。


さて、益々イキオイにのって私を笑わせてくれるこのマンガ。
何が面白いのかと言われると説明に困りますかね。
具体的には歩鳥のドジと、真田の悲惨さと、タッツンのカワイさと、その他諸々で出来てるギャグのハーモニーが面白いと言えばいいのかな。
余計に解らなくなりますね。
そんなこの巻で特に笑ったシーンを紹介。

その1。
DSC01762.jpg

商店街の慰安旅行に参加した真田。
イロイロあって、歩鳥とタッツンが寝ている部屋の押入れに閉じ込められました。
ソレがバレたら変態扱いされると思った真田。
知恵を絞って部屋から脱出。
思わず叫んだセリフがこれ。
もうさ、笑う以外に何をすればいいの?って感じです。


その2。
DSC01767.jpg

数学教師・森秋先生。
数学の問題を勘で答えるという歩鳥に手を焼きます。
何とか歩鳥が数学を理解する様にと考え出した案がこれ。
とにかくこの森秋先生は全てが面白い。
この人の話を聞いて笑わない人がどれだけいるのかっていうくらい、イチイチ面白いです。


さて、この巻のキモというか、代表作は歩鳥が死んじゃう話でしょう。
死んじゃう前の話で
DSC01763.jpg
こんな会話をしていた歩鳥とタッツン。
まさかコレが伏線になっているとは思いませんでした。
天国生活を満喫する歩鳥が、地上の生活を見てしまう件なんかは本当に印象的。
歩鳥はいなくても商店街は廻り続ける。
しかし、その時、歩鳥のお父さんが…、っていう話です。
サブタイは「それでも町は廻っている(前/後編)」です。
このサブタイを雑誌で読んだ時は最終回かと思って悲しくなりましたが、そんなコトはなく一安心。


あ、そうそう。
このマンガ唯一の萌えキャラ(自分基準)であるタッツンですが、ソレは今回も健在です。
とにかくそのカワイさは異常。
真田に対して恋心を抱いていますが、その空回りぶりも板についてきました。
そんなタッツン。歩鳥と一緒に真田の部屋へ行きます。
そこで歩鳥がエロ本を発見。
DSC01765.jpg

あまりの出来事に固まってしまう歩鳥を余所に、エロ本の内容をチェックするタッツン。
こういう何気ない描写がイイですよ、萌えです、萌え。
好きな人の好みのタイプを知ろうとするのは、世の常ですから。


さてイロイロと書いてきましたが、私ではこのマンガの面白さを1/10も伝えきれていません。
とにかく読んでみてください。
自信を持ってオススメできる1作です。


私のつまらない文を読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
「モテ王・真中」を継ぐ者 ”ロザリオとバンパイア”7巻
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。