い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/09
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2006/11/21(火) 05:08 サンデーGX
「ヤングサンデー」52号から”1ポンドの福音”の最終章が掲載されます。スゴい楽しみです。

さて今月もハリキっていきます。
って訳で、「サンデーGX」12月号の感想を。


[ヨルムンガンド]
ハッキリ言おう。話がサッパリ解らない。
元々好きなジャンルの話ではないので、シッカリと読んでいないのが原因ではあるのだが、完全についていけなくなりました。
とりあえず解っているコトは「オーケストラ」という殺し屋に狙われていて、しかもピンチっぽい、というコトだけです。

あ、そうそう。「オーケストラ」の女の子の方は、何かイイ感じです。
主にノーパンなトコロが。


[コイネコ]
相変わらずのツンデレっぷりをハッキしまくるミカヅキクン。
彼がコイネコになる日は近いのかもしれません。
実は私は、ワカバ→シンタという流れを期待していたのですが、ソレはもうムリな気がしてきました。

あ、そうそう。
ワカバとミカヅキが公園で話しているシーンであからさまな誤植がありますね。ちょっと台無し感が漂っているのですが。


[Rec]
まきさんって、本当に一流の声優なのでしょうか。
「ストーリーを理解していないと本物の演技は出来ない」と、実在の一流声優さんが言っているのを聞いたコトがあるのですが。

松丸と赤。2人の迫真の演技に触発されて青も原画を描き直し。
こうして名作と呼ばれるアニメになるんだろうなぁと思った。
ま、現実にこんなコトがあるとは思わないケド。


[誰かがカッコゥと啼く]
連載2回目にして話についていけません。
話の概要は解らなくはないのですが、細かい部分がサッパリです。
ただまぁ、これから「魔王」がなんなのか、「この世界」がなんなのかの説明があれば話は変わってくるかもしれません。

ちなみに。
最後が意味不明すぎます。
作馬はどうなってしまったのでしょうか。次回で語られればいいが…


[新吼えろペン]
つまり、アレか。
コピーを多用したり、背景を描かなかったり、落書きを掲載したりするのは、漫画家の都合による手抜きではなく、担当編集者の為だったのですか。

うんうん。涙の話じゃないですか。自分が叩かれるのを覚悟の上で、担当の為に手抜き原稿を描いていたのですね。
コレからはそういう原稿を見ても何も言わないよ。
だって、全ては担当の為ですものね。










って、そんな訳あるか!!


[アバターえくぼ]
おーっと、ハーレムですか。羨ましいですなぁ。
一方、現実ではえくぼとるびいがキャットファイト。
英太よ、「みにくい」とか言っている様ではまだまだ甘いゾ。

さて留美を見つけた英太ですが、説得は出来るのでしょうか。
どんな展開が待っているのか、楽しみ。
あ、個人的な希望を言わせて貰えば、安易な、「愛だの何だの」とかいう展開は勘弁して欲しい。


[センツォン・ヒッチャーズ&アンダーテイカー]
ってな訳で最終回。
何にも解決してない最終回。
マンガだけ読んでいる人にはサッパリ解らない最終回。

続きはDVD(アニメ)でお楽しみください、か。
全く商売上手ですね、ホント。
こんなコト言われたらアニメを観たくなってしまうじゃないか。













って、そんあ訳あるかーーーー!!
とりあえず、シ・ニ・ク・サ・レ!!


[眠れる惑星]
あ~~っはっはっはっはっは。
あ~~っはっはっはっはっは。
もうね、完全にハーレム状態。
いや、今までもソウだったケド、今回で完全状態に。
あっはっは。
だってさ、最後のページなんか、乱交じゃん。
本気でエロマンガ雑誌へ移籍を考えてくださいよ。

それにしても淳平は羨ましいね、ホント。
しかも完全に調子に乗り出してるし。
いや、もう。ホンット~~~~~に、羨ましい。
羨ましすぎるよ。
あっはっは。







……
………
…………フゥ。



とりあえずシ・ネ!!


[ガールズザウルスDX]
この女刑事ってさ、明らかに厄介払いでトバされてきたでしょ?
どう考えても無能じゃん。
半ば電波な推理カマすしさぁ。
でもまぁ、面白いからコレはアリですね。


[次回予告その他]
やまむらはじめ氏の新連載開始。スゴい楽しみ。

今回の感想は、私の中で何かが吹き飛んでます。
不快を受けた方がいたら申し訳ありません。


私のつまらない文を読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
”美少女いんぱら!”第10話 「アワーズ+」1月号感想
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。