い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/11
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2006/11/28(火) 19:58 コミックレビュー
さて本日は[健康優良少年少女向けラブコメディ]の紹介を。
あ、この文は私が考えたわけではなく、帯に書いてあった文です。

東京★イノセント
スクウェア・エニックス刊/鳴見なる氏

[あらすじ]
妖怪・白狐の住む島。妖怪の数が減っていて種族の滅亡の危機を迎えていた。
白狐の若者・半蔵は嫁を探すという任を受ける。
条件は「強く、美しく、働き者で心優しい」コト。
そして東京に向かう半蔵。

一方、東京で暮らす一条寺メイ。16歳になったばかり。
一条寺家の娘は16歳になると物憑き体質になるという因果があった。
 
そんな2人の出会いから始まる物語。

[当ブログの参考記事]
連載第1回目の感想記事


[ストーリー補足と感想等]
まず、半蔵の行動が面白い。
半蔵は離島で、しかも周りは同族の老人たちばかりの環境で育ったので、世間一般で言う常識というモノに欠ける。
また、言葉足らずなのに余計なコトを口走り、直球にしてバカ正直という性格の為、常に問題を起こしまくる。
また、任務に忠実で実直な為、とにかく手当たり次第に口説きまくり。
DSC01920.jpg
手当たり次第

ただ、やっぱりというか何というか成功はしない。
素直で人を疑うコトを知らない為、結婚詐欺にもひっかかる。
DSC01921.jpg
結婚詐欺に騙される

そんな半蔵は見ていて楽しいです。

さて一方のメイの方はというと、コッチはコッチで面白い。
妖怪にとり憑かれやすい体質なのに妖怪嫌い。
姉は有名な怪奇小説家で、家の中はいわく付きの品物がいっぱい。
夢は1人暮らしで可愛い小物に囲まれて生活するコト。
姉との約束で100万円貯めるコトができたら念願の1人暮らしが出来るので、バイトに精を出す毎日。
ソコに姉がカッテに半蔵を下宿させるコトを決め、生活は一変。
毎日毎日ドタバタに巻き込まれます。妖怪にも襲われます。
そんなメイは見ていて愛らしいです。

他にも事態を楽しんでいるメイの姉・涼子やメイの物憑かれ体質から守る為に来た退魔師のアンジェラ。
それに半蔵の仕事先である神社の神主の孫娘・雪代千歳も加わって、ドタバタ具合はイイ感じ♪


さて、手当たり次第に口説きまくっていた半蔵ですがメイに叱られます。
DSC01919.jpg
叱咤される

あ、でもこのマンガの設定上、半蔵にホレる人が出てきたらソコで終わるんですよね、このマンガ。
つまりアレだ。半蔵にホレる人は皆、半蔵に恋心を隠すタイプってコトですね。
簡単に言うとツンデレ。
表面上ツンツンしていれば半蔵は素直に信じますからね。
あ、なんか楽しみになってきました。皆が皆ツンデレのラブコメディ。
とりあえずの候補はメイと千歳ですかね。


という訳で。
半蔵の嫁は見つかるのか?
メイは無事、1人暮らしを勝ち取れるのか?
アンジェラはどこまで萌えを提供してくれるのか?
千歳はツンデレなのか?
そんなミドコロ満載のドタバタラブコメディ、貴方もおひとついかがですか?
この作品の今後に要注目!です。

あ、このマンガの最大のポイントは、登場人物がアホ毛を標準装備している点かなぁ、と。
皆アホ毛。誰もがアホ毛。男も女もアホ毛・アホ毛・アホ毛…。
アホ毛好きにはたまらないコト間違いなし!!
アホ毛マンガとしても一級品ですよ?

1巻では連休中という設定なので舞台は家の周りが中心ですが、2巻では連休が明けて学校も舞台になります。
新キャラ登場、ラブ要素増加、ドタバタもパワーアップ、と益々イキオイを増すこの作品。
ホンットーーーに、楽しみです。

私の文を読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
時代はツンデレからツンエロへ――――”恋花温泉”3巻 「週刊少年ジャンプ」52号
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。