い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/11
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2007/01/06(土) 04:32 ヤンアニ嵐
えーと。
正月で積みマンガを少し消化できるかな、とか思っていたのですがあまかった。ムシロ増えました。
まぁ、正月休みなど無いケド。(っていうか、正月休み兼GWは3月後半くらいになりそう)

さて「ヤングアニマル嵐」No.2の感想を。


[ふたりエッチ]
ま、このマンガで喧嘩とかされても全く心配する要素なんかないですケドね。

もう10年も連載しているのか。
すでにネタなど出し尽くしている気もしますが、ま、どうでもいいのか。

しかし真よ。
どう考えても優良さんのパンティを穿いたのは間違いではなく、興味本位で、だろう?
なんつー変態なんだって話ですよ。

毎度の話なのでエロシーンへのコメントは無しの方向で。


[オレたま ~オレが地球を救うって!?~]
まぁ、毎度毎度のバカ展開は置いておき。
エリス→航太という流れはどうなんでしょう。
個人的にはこの流れは好きになれないっていうか、余計な気がするなぁ。
しかしコレも一種のツンデレだと思えば。いや、ツンエロか。


[14(ジューシー)]
1本目。
リエコのヘソ出しがエロス!とか、田中クンが女の子にしか見えないとかいうよりも、1番気になったのがリエコってノーブラ?という私はヤバさ満点ですかね?

2本目。
真奈「メガネとったさっちゃんは学校で3番目にカワイイよ」
メガネをとったメガネっ娘に何の価値があるの?とおもう存分問い詰めたいトコロですが、それより気になるのが1番目と2番目にカワイイ女の子でしょう。
真奈の中では1番=リエコ、2番=真奈、となっているのでしょうか。

ヒロトはイイ人ですね。

ところで「ガイチュー」って何だろう。害虫?


[職業・殺し屋。]
テニスは紳士のスポーツと言われる程マナーには厳しいんだ。
それを”テニスの王子様”ときたらっ!!!最っっ低のマンガだね!!

いや、「数学大好き」のセリフを見ていたらこんなコトが思い浮かんできたので…。

ところでこの椿井はイカサマゴルフで勝って何が面白いのだろう。
いや、賭けゴルフだったら話は解るのですが、特に何もないゴルフにイカサマを持ち込んで勝っても虚しいダケの気がするからさ。
何ていうか精神が5歳児並ですよね。

さて条件が厳しくなった殺しですが、どういう作戦でいくのか、非常に楽しみでなりません。


[Gがセ界を統べるまで]
巨人名物・ダメ外国人選手。確かに(笑

毎年思うのが、この戦力で優勝できなきゃアホだなぁ、というコトなのですが、今年はどうなんでしょうか。
まぁ、巨人の最大の弱点は若手の育成がヘタだという点ですかね。
後は選手のモチベーションの差、ですかね?


[ぎゃんぶる太平記G]
後藤氏は顔に出すぎですが、実際こんな感じだったのでしょうか。


[愛情表現1.1]
コレはもう、陰謀ですよ、陰謀。
私に向かって「単行本を買え~、何が何でも買え~」って言ってるんですよ。

妄想はイイですよ、妄想は。
妄想の世界なら何でも出来るんですよ。
ただ、極稀に妄想を実行するクソがいるのが問題なんだ。

しかしこの作家は着衣エロに対する拘りがイイね。
性交時の服を描くなんて大変だろうに。


[カナ式!ラジオスター]
イキナリAVの撮影シーンかと思ってしまいました。

「私は今、世界一美しい皆既日食を見ている……」
素晴らしい表現ですな。正にその通り!としか言えません。


[恋花温泉]
確かに受験勉強ばっかりヤっていると溜まりますよね。
独りでだろうと、複数でだろうと、適度にヌかないとやってられませんよね。


……ヤだなぁ。
疲れとか、ストレスとか、不甲斐ない自分や受験社会に対する怒りのコト、ですよ?何だと思ったんですか?
というお約束は置いておき。

前回の野乃花といい、今回のアイマホといい、唇がエロすぎます。
そして萌花の1人エッチシーンは必見!のエロさですよ。
そして最後の瑠梨香が萌花に仕返しをするというオチがよかった。


[巫女姉妹]
最後の服脱がしのトコロに琴子が入っていないのは、知っていたからと考えていいのでしょうか。
いやまぁ、あんなロリの裸なんか見ても何も思わないケド。


[杏子ボンバイエ!!]
マンガでよくある手法。
親は子供の特徴を3倍パワーアップさせた人物。

全部面白いのですが、真綾家が1番だな。
両親公認なのかよ!
スゲぇバカな家族にしか見えないのですが。

沙英の親ってこんなだったっけ?
忘れてしまったな…。いや、初登場だったっけ?

そして何やら話が大ききなりそうな感じですが、どうなるコトやら。


[愛があればいーのだ]
このマンガで1番カワイイと思えるのが男であるイチで、2番目がペットのライオンというのが致命的だな。という訳ではないけれど。

初めは男として見ていなかったイチを、途中から男として意識し始めるのがよかったかな。

このマンガを連載で読みたいとは思わないけれど、この作家さんのラブコメを連載で読みたいなぁと思わせてくれるには充分すぎる出来でした。


[次回予告]
次回から鬼ノ仁氏が本格的に連載開始。
読み切りが面白かった”ラブホいこうよ”です。
楽しみですな。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
黙っていられなかったので…… ”かるた”第4話「屁でもねェよ」
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。